2004年09月30日

 539. Hitz40 Awards結果

No.536の続報です。

結局、Hitz40 AwardsはTata youngが3つの賞を独占し、タイでの人気の根強さを証明したかたちになりました。

Copyright © 2004 M-Web (Thailand) Limited.

sanook.comにChina Dollsの写真が掲載されていますので、どーぞ。
Thank you, Vicky.
http://music.sanook.com/gallery/gallery_10525.php
2004年09月30日 22時00分
Posted by alt at 22:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月28日

 538. 人生に不可欠なもの

eotodayにChina Dollsのコメントが掲載されています。
http://www.eotoday.com/music/artists_corner/the_fifth_must_have/page2.html

このコーナーは、著名なアーティストが「あなたの人生に必要不可欠なものは?」という質問に答えています。
人生に必要不可欠なものがなぜfifth must haveになるのか、ちと意味がわかりません

その問いに対し、China Dollsの二人は次のように答えています。
Bell
音楽 私たちを幸せな気分にしてくれるから。
HwaHwa
家族 家族は誰にとっても人生の基本。良い家族がいれば良い人生を送れるでしょう。
HwaHwaはさらに回答しているのですが、私には訳せませんでした。
「家族はさまざまな場面で支えてくれる」みたいなことを言っているのでしょうか?

どちらの回答にも共感を覚える人が多いのでは?
2004年09月28日 08時00分
Posted by alt at 08:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月23日

2004年09月22日

 536. Hitz40 Awards

Virgin RadioのイベントHitz40 Awardsの紹介ページです。
http://www.virginradiothailand.com/hitz40awards/hitz40award.html

トップのイメージ画像にChina Dollsが掲載されていて、投票のページもあるのですが、
http://www.virginradiothailand.com/hitz40awards/poll_use/index.html

Hitz40 Awards leklek mai yaiyai choopってどんな意味なんでしょう?

まー、なにはともあれChina Dollsに一票
2004年09月22日 23時30分
Posted by alt at 23:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月21日

 535. 国内にT-popサイトが続々登場

ネット上には、数多くのT-pop関連サイトが存在します。しかしそのサイトの大多数は、ファンが運営する非公式なものでした。
ところが今年に入ってからというもの、状況は一変。

この春、ユニバーサルがT-popに参入してからというもの、T-popアーティストの公式サイト、公認サイト、さらには非公式ながらレーベルのバックアップを得ているサイトが次々と開設されるようになりました。

ちょうどPalmyのファンサイトが設立されたこともあり、良い機会ですので、国内のサイトの一覧をまとめてみましょう。
サイト名 アーティスト名 備考
We Love Palmy.net
http://www.welovepalmy.net/index.htm
Palmy 非公式
GMM Grammyの協力あり
Welcome To T-POP World!
http://www.universalmusicworld.jp/t-pop/
V.A. 公式
ユニバーサルミュージック
T-POP STYLE
http://www.t-pop.jp/
V.A. GMM Grammy公認
GMM GRAMMY SHOP
http://www.sonymusicshop.jp/thai/index.html
V.A. 公式
Sony Music Shop
Tata Youngオフィシャル・サイト
http://www.platia-ent.co.jp/artists/tata/index.html
Tata Young 公式
プラティア・エンタテインメント

こうして見ると、やはりGrammyが強いですね。
というか、Tata YoungのサイトができるまではGrammyの独壇場でした。

今回はちょっとChina Dollsネタとは離れました。しかし、国内におけるT-popの動向はChina Dollsの今後の行く末に関わってきますので、あながち無関係とは言えません。
2004年09月21日 15時30分
Posted by alt at 15:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月19日

 534. China Dollsの画像が見られるサイト 4

No.530に追加です。

阿凡提さんちの写真が、さらに増えてます。
阿凡提さんの「阿 凡 提の世界」
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/mainpage.html

画像館
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/gazoukan.html
HwaHwa特集
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/cap4.html をクリック!
(緑色の地は新着サイト)

このほかにもサイトをご存知でしたら、ご紹介ください。 順次、掲載させていただきます。
2004年09月19日 16時00分
Posted by alt at 16:00 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年09月18日

 533. China Dolls in 大阪のムービー

Grammy公認の動画配信サイトT-POP STYLEから。

China Dolls来日の模様を撮影したムービーが登場しました。
現在掲載しているムービーは、9月17日~10月17日まで視聴可。

■チャイナ in 大阪
http://www.t-pop.jp/specialedition/index.html

左上:毎日放送の「ちちんぷいぷい」で放送したメッセージの録画風景。日本語でしゃべってます。

右上:ソフトクリームを手に記念撮影。すっかり観光客気分ですね。これはアメリカ村かな?

左下:神社の絵馬の前でも記念撮影。「何コレ?」「願い事を書くの?」みたいな話してますが、เขียน khian「書く」しか聞き取れない(笑)
Copyright © 2004 GMM Grammy, T-POP STYLE

ただし、T-POP STYLEに詳しい説明が書かれている通り、ムービーを再生するには専用ソフトが必要(ソフトは残念ながらWindows版のみ)。
そのソフトを使ってムービーをダウンロード・再生できるという仕組みです。
(In order to play these movies, a special software and Japanese Windows OS are required.)
2004年09月18日 22時30分
Posted by alt at 22:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月17日

 532. 中國娃娃ファンのアーティスト

元ネタは大陸のファンfell、同Attispentが掲示板に転載して教えてくれた話題です。
fell, Attispent, Arigato

「花兒 (The Flowers)」という大陸のグループがあります。
↓詳しくは「亜洲明星総覧」 で。
http://homepage3.nifty.com/asiastar/group/flowers.html
今日まで全然知らなかったグループ

もう少しマトモな写真はなかったのだろうか?(笑)
Copyright © 2004 卓越网

んで、このグループのボーカル兼作詞作曲者は大張偉(前列真ん中のヒト)
というヒトなんですが、彼は偉い。名前も偉そうだけど、実に偉い。

どのヘンが偉いのかと言いますと、ことあるごとに中國娃娃ファンであることを
公言して憚らないんですわ。
なかなか骨のあるヤツ。ただし、おととしから去年の古い話ね

fellによると、その証拠がネットにあるそうです。

北方网
http://ent.enorth.com.cn/system/2004/08/16/000843921.shtml

上のページから関連部分を抜粋。
主持人:你们有偶像吗?
大张伟:我本身喜欢中国娃娃。
花儿乐队:我喜欢朴树、周杰伦
---------------------------------------------
司会者:好きなアイドルはいますか?
大張偉:私自身は中國娃娃が好きですね。
花兒:私は朴樹や周杰倫が好きです。
---------------------------------------------

検索したら、この通り、他にもゴロゴロでてきました。

卓越网
ファンとのチャットより。
http://bbs.joyo.com/vip/chatvip_huaer.htm

网友:
你会不会唱别人喜欢的歌?
大张伟:会,这张专辑就已经翻唱了。我以前也翻唱过好多歌。以前也翻唱过《阴天》。
王文博:只要是好歌我们都想翻唱。
大张伟:我个人最喜欢华语音乐组合就是中国娃娃。
郭阳:我最喜欢是朴树,陶喆,周杰伦。
大张伟:我最喜欢吴宗宪。还有康康也挺好。
王文博:还有黑豹。
---------------------------------------------
ファン:他の歌手の歌を歌ったりしますか?
大張偉:歌いますよ。このアルバムでもカバーしてるし。 以前から私はいろんな歌をカバーしてます。前も(莫文蔚の?)「陰天」を歌いました。
王文博:結局、我々が良いと思った曲ならなんでも歌います。
大張偉:私個人が最も好きな中国語の歌手グループは中國娃娃なんです。
以下、略。
---------------------------------------------

それはゼヒとも中國娃娃のカバーを歌っていただきたいものです。
でも、他のメンバーはロック志向のようですから、大張偉の意見は
なかなか通らないのかも知れませんね。

そのほかにも、まだあります。

昆朋网城----娱乐信报
2002-02-04北京青年报より
http://www.kp.net.cn/xb/news/pn54257.html

网易女性頻道
北京青年报より(上と同じ)
http://lady.163.com/item/020204/020204_82550.html

Tom论坛 音乐评论
http://bbs3.tom.com/read.php?forumid=336&postid=34266
2004年09月17日 12時30分
Posted by alt at 00:30

2004年09月16日

 531. 綺麗なChina Dollsは好きですか?

タイから「her world 9月号」が到着しました。
SLYさんも言っていたけど、この雑誌はフルカラーですので、本当に重い。
送料は雑誌本体の3倍以上かかります(苦)


her worldの表紙。もう見るからに女性誌ですね。
なんでも石鹸と美白化粧品のサンプルもついているらしい。

her worldは、シンガポール版やマレーシア版もありますが、
China Dollsが載っているのは、もちろんタイ版です。

ここはインタビューページの表紙。この対向ページに記事がありますが、中身は残念ながら読めません。HwaHwaとBellそれぞれのことが書いてあるようですねぇ。

せめて見出しだけでも辞書ひいてみようと思ったんだけど、タイ語のデザインフォントは読まれることを拒絶しているとしか……(笑)
インタビューとは別立てのファッション特集。

テーマは「シック」。
全ページを通じて、まさに大人の「粋」が演出されています。
これ誰かわかりますか? もちろん、HwaHwaですが、もはや別人の領域かと。
こちらはBell。シックというより、ちょっとアバンギャルドな装い。
一連の写真を見て思ったのですが、CDのジャケットも、これくらいキチンと撮影してくれればいいのにねぇ。
Copyright © 2004 herworld.com

入手する機会があれば、ぜひとも購入することをオススメします。
タイから持ってくるには、ちと重いけど

というか、これ通販ショップで扱えば絶対に売れる(笑)

------ 追加情報 (Sep. 19) ------
サワディーミュージックさんが、スポット的に少数部輸入したそうです。
一冊1200円とお買い得。
2004年09月16日 16時30分
Posted by alt at 16:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月15日

 530. いまChina Dollsの画像が見られるサイト 3

No.525に追加です。

阿凡提さんちの写真も増えてます
阿凡提さんの「阿 凡 提の世界」
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/mainpage.html

画像館
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/gazoukan.html
Bell特集
http://www1.odn.ne.jp/kohkun/cap1.html をクリック!
(緑色の地は新着サイト)

このほかにもサイトをご存知でしたら、ご紹介ください。 順次、掲載させていただきます。
2004年09月15日 11時00分
Posted by alt at 11:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

 529. Asian Crossroad

順番が前後しますが、同じく日本のメディアに登場したChina Dolls。

8月16日にON AIRされたFM COCOLOの「Asian Crossroad」。
我不想想niとインタビュー、それにKow Mai Rakが放送されました。
もとはなさん、情報ありがとうございます

インタビューは中国語で行われたのですが、HwaHwaは当然として
Bellもえらく流暢ですねぇ。
台湾のファンに言わせるとBellの発音は訛ってるということです、またBellは自分の中国語力が
落ちていると言っていましたが、これだけ話せれば充分でしょ。少なくとも私はうらやましいです。


会話の内容は、夏休みはどう過ごす?、食べ物のこと、新アルバムのことなどなど。

夏休みは、Bellはタイのリゾートへ。HwaHwaは弟を連れて台湾へ帰り、
ショッピングや動物園(これが重要)に行くそうです。

食べ物の話では、また饅頭夾蛋のことを語っているし。
もはや饅頭夾蛋は中國娃娃の「持ちネタ」と呼んで差し支えないでしょう(笑)
饅頭夾蛋については、MEMOのNo.494, 495参照

また、年末に特別アルバムを作ると言っています。
この特別アルバムとは、2004Ratree(仮)のことを指すのでしょうか。

ちなみに、このインタビューが行われた日、FM COCOLOの番組Radio City(DJ Mojo)にも生出演したそうです。

後日、公式ページの「おすすめアーティスト」に写真が掲載されるとのことですが、
今日現在掲載されてませんでした。

↓Asian Cross Roadの公式ページはココ。
http://www.cocolo.co.jp/asian_cross/index.html
2004年09月15日 10時30分
Posted by alt at 10:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月14日

 528. デジネバ

古いネタですが、China Dollsが日本のメディアに登場した記念すべき放送ですので、遅ればせながらMEMOしておきます。

8月29日、朝日放送の「デジネバ」にChina Dollsが登場しました。
ふぁるこんさん、Lamyayさん、情報ありがとうございます

↓デジネバの詳細はコチラ。
http://www.asahi.co.jp/dejineba/

↓China Dollsの紹介ページはコチラ。
http://www.asahi.co.jp/dejineba/renewal/mback/m231-1.html

とりわけ意味のあるアルバムでもない『WE ARE THE ONE』を取り上げているところ、『チャイナ・デーン』を最新アルバムとしているところ以外は、まずまずよくまとまった紹介文かと。
というか内容の古さからいって、どこかからの転載かな?

番組の内容はChina Dollsが、中国語版アルバムの紹介などをしてオシマイという短い内容だったようです。
2004年09月14日 12時00分
Posted by alt at 00:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月11日

 527. カラオケ本とインタビュー

営業を再開したクルクルクルンテープにChina Dollsのインタビュー記事が掲載されています。

元々フリー情報誌の「MOVE」という雑誌に掲載された記事のようです。
なかなか日本語でのインタビューは読む機会がありませんので、必見かと。
http://www.kru2krungthep.com/china.htm

また、T-popのカラオケ本がリリースされました。
こちらにもChina Dollsのインタビューが掲載されています。


さらにOh Oh Ohの日本語歌詞(訳詩ではなくオリジナル?)も掲載されて
いるなど、China Dollsの扱いがとても良いのが特徴です。

このカラオケ本は

で購入できます。
2004年09月11日 06時30分
Posted by alt at 06:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年09月10日

 526. China Dolls in 大阪関連Blog

ついでに、大阪ミニコンサートを扱ったBlogをご紹介。

■たおふあぐー(たおふあぐー管理人さん)
http://www.roiet101.com/~taohuagoo/
チャイナドールズ ライブ
http://www.roiet101.com/~taohuagoo/archives/2004/08/08_1054.php
http://www.roiet101.com/~taohuagoo/archives/2004/09/11_0226.php
ライブ後のChina Dollsの写真アリ

■泰日ハーフの成長日記(HAMAさん)
http://hama-jr.jugem.jp/
チャイナドールズ
http://hama-jr.jugem.jp/?day=20040808
アジアフェスティバルステージでの写真アリ

■iliveo.blog(iliveoさん)
http://blog.livedoor.jp/hanamogera7/
アジアフェスティバルに行ってきた
http://blog.livedoor.jp/hanamogera7/archives/5667576.html
「大きなお友達」というレトリックが素敵。小朋友(小さなお友達)からの発想でしょうか。
後日、ある方から「大きなお友達」の意味を教えていただきました M-san, Arigato!
これからも素敵な大きなお友達世界を繰り広げてください > iliveoさん
2004年09月10日 17時30分
Posted by alt at 17:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

 525. いまChina Dollsの画像が見られるサイト 2

 No.506と同じデータです。
ページが変わってしまいましたし、まだまだ新着サイトがありますので、ここに貼りなおしておきます。

(順不同)
Yaiさんの「SIAM STATION」
http://siam-sta.hp.infoseek.co.jp/
コンサートの画像」をクリック!
らすいんさんの「DALER RAB RAB」
http://www8.plala.or.jp/rasuin/dalertop.html
China Dolls」の画像をクリック!
nakaさんの「列車のあとさき」
http://www.geocities.jp/rotfay04th/
特別企画 China Dollsが日本にやって来た!」をクリック!
さばさんの「Thai Popper's Paradise」
http://www.thaipoppers.com/
China Dolls in Japan」の画像をクリック!
老爺さんの「中國娃娃/関西支社」
http://www.sutv.zaq.ne.jp/chinadolls/
「China Dolls in Osaka !! 」をクリック!
pumpuiさんの「pumpuiの泰國藝能文化大全」
http://pumpui.hp.infoseek.co.jp/
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その1)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その2)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その3)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その4)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その5)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その6)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その7)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その8)
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その9 )
チャイナ・ドールズ・イン・大阪(その10 ) をクリック!
ウチのPhoto Gallery
http://all.aboutchinadolls.com/dailyphoto.html こちらは当分の間、なるべく毎日更新予定
↓こちらに過去の写真をまとめて置いてあります。
http://all.aboutchinadolls.com/forum/html/modules/xoopsgallery/view_album.php?set_albumName=album20
Lamyayさんの「4ALLMOVIEBUFFS」
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/6479/
China Dolls in Japan 2004 をクリック!
フォトアルバムはもちろん、ライブレポートは必見です。
(緑色の地は新着サイト)

このほかにもサイトをご存知でしたら、ご紹介ください。 順次、掲載させていただきます。
2004年09月10日 17時00分
Posted by alt at 17:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月09日

 524. 新アルバムの動向

先月後半より、さまざまなメディアでChina Dollsの新譜情報が断片的に報道されています。

まずひとつは、中国語版アルバム。これがどういう構成になるのか不明ですが、
これまでの流れでは、B/Wベース+新年歌アルバムとなる公算が大。
こちらのアルバムは日本のFMラジオやテレビの番組で、China Dolls自身が
触れていますので、年末から年明けにかけて、たぶんリリースされるでしょう。

もうひとつは、タイのアレ(笑)。
アレがどういう扱いなのか、つまり書いていいものかどうかわかりませんので、
アレで通してしまいますが、
Ya Ya YingはタイのTVで年末リリース予定と言っていたそうですし、
実際に録音は進んでいるそうです。

もうしばらく待てば、公式な情報が出てきそうですね。

アレがタイでまたヒットして、ついでにアレが日本に来たらスゴイことになりそう。
でも、ギャラもスゴくアレなことになるんだろうなぁ……。
なんだよアレって

--追記--
アレとは2002 Ratreeのチームで行う新プロジェクトです。2004 Ratreeか?
2004年09月09日 13時00分
Posted by alt at 13:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月07日

 523. Game showにBell出演

ChinaDollsClubから。
今週土曜日の11日に放送されるテレビ番組にBellが出演するようです。
番組名はTV5の「Game show(เกมส์โชว์)」、放映時間は日本時間の
午後4時からのようですが、変更される可能性もありますのでご注意。

ついでに、No.516の続報。
タイで10日ごろ発売される予定の「her World」の表紙は、こんな感じだそうです。


んー、コメントは実物を見てからにしておこう(笑)
2004年09月07日 11時30分
Posted by alt at 11:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月06日

 522. MarshaのコンサートにHwaHwa

Thai Popper's Paradiseより。
9月4日に行われた、MarshaのコンサートにHwaHwaほか、Grammyの歌手の姿が。

↓詳細とオリジナル写真はコチラで。
http://www.thaipoppers.com/20040904marsha/index.htm

HwaHwaが写っている写真をピックアップ。
(左上)コンサート会場の最前列でノリノリのGrammyアーティストたち。こうなると、もはや一般客と区別がつきません。
(右上)こちらはややスター然とした写り方。でも、みな口が半開きなのは、歌っているから? HwaHwaはサングラスをかけてない写真の方が写りがいいですね。
(左)Ya Ya Yingと2ショット。
Copyright © 2004 Thai Popper's Paradise

HwaHwaは髪を黒っぽい色に染め直し、スタイルもストレートに変えてますね。
2004年09月06日 11時00分
Posted by alt at 11:00 | Comments [2] | Trackbacks [0]

 521. GMMのアジア拠点が移転?

ニューロードのメールマガジン「今日のタイねた」によると、GMMのアジア拠点、Global Music and Media(Taiwan)がついに台湾から香港へ移転するようです。

同社は1998年、タイのGMMが中国語圏に進出する足がかりとして設立された企業で、中國娃娃のほか、TaeやDragon 5など、中国系アーティストを台湾・香港市場に送り出してきました。

中國娃娃のミラクルヒットはあったものの、それ以降鳴かず飛ばずの状況が続き、音楽ファンの間ですら経営難がささやかれるほどの状況に陥り、数年前から動向が注目されていました。
調べたところ、台湾のメディアには2年前、タイでは3年前のメディアに経営難と書かれていますね。今までよく持ったものだ……。

さて、同社の経営状態は即ち、China Dollsの中国語版アルバムが出るかどうかという問題に直結しますので、やはりファンには気になるニュースです。
ともあれ、同社が香港に移転することで、タイGMMからの資金上のテコ入れも予想されますので、当面は新アルバムが出しやすい状況に好転したと考えてよさそうです。

特に中国語圏のファンからの期待は大きいハズ
2004年09月06日 10時30分
Posted by alt at 10:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月03日

 520. gmmstarのプロファイル

さばさんのサイトをパク……もとい参考にしてデザインしたと、もっぱらの評判のgmmstarに、China Dollsの比較的新しめの写真が掲載されています。
とはいえ既存のFlashから抜き出した写真と、Cover GirlとB/Wの広報写真ですケド。

Copyright © 2004 GMM GRAMMY PLC.

HwaHwa
http://www.gmmstar.com/html/star/personal.asp?stars_id=EC01001&pic=1
Bell
http://www.gmmstar.com/html/star/personal.asp?stars_id=EC01002&pic=1

また、「commercials」にT191のポスターが。
Copyright © 2004 GMM GRAMMY PLC.

さらには「song album」に、これまでのアルバム履歴が。
でも、なぜこんなに不完全なのでしょう? ……なるほど、GMM名で出した中国語版だけ掲載しているんですね。
8866グループからリリースしたCDは載せない方針か?

それにしても、このサイトって、ホントに日本語ページができるんでしょうか?
クリックしたら、さばさんちに飛んだりして(笑)
2004年09月03日 08時30分
Posted by alt at 08:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]