2004年12月31日

 575. 勝手に選ぶChina Dolls10大ニュース

2004年はChina Dollsが来日したこともあり、10大ニュースのネタに事欠きません。
ということで、私が勝手に選ぶChina Dolls10大ニュースです。

異論も多々あろうかと思いますが、こんな感じになりました。
  イベント コメント
01 China Dolls初来日+生ライブ+サイン会 もちろんこれがトップ。
日本のChina Dollsファン・Asian-popファンを熱狂させた夢のようなイベントでした。
02 China Dolls日本のテレビ・ラジオに初登場 ローカル局とはいえ、知らないヒトがChina Dollsの存在を知るキッカケに。BWを超えるインパクト。
03 新アルバムBW発売・イメージチェンジに成功 すっかり大人になったChina Dollsが自分たちのやりたかった音楽として具現化したアルバムBW。イメチェンにも成功。
04 HwaHwaのパーソナルサイト開設 こんなサイトができるとは、誰が想像しえたでしょうか。ファンにとって素敵なクリスマスプレゼントとなりました。HwaHwaとファンを結ぶ架け橋となってくれるでしょう。
05 2005 Ratree(?)結成 2001~2002年にかけてT-popファンを魅了したあのプロジェクトが復活。悪いニュースの続いたタイで、人々のパワーの源となる素敵なパフォーマンスを披露してくれることでしょう。
06 Virgin Hitz40 Award受賞 BWに与えられた賞です。バンドブームのタイ芸能界で、大健闘しました。
07 第1回China Dollsファンオフ開催 2回目があるのかどうかすら不明なオフ会ですが、日本中のChina Dollsファンが一堂に会するまれなイベントとなりました。
08 メジャーレーベルから「Sabai! Sabai!」発売 ついに日本のメジャーレーベルからChina DollsのCDがリリース。ただし、これは他の歌手と一緒のコンピレーションアルバム。「チャイナ・ドールズ」の日本デビューは、果たしていつ?
09 China Dolls大学卒業 これまで仕事と勉学の両立が足かせともなっていたChina Dolls。今年晴れて卒業となり、さまざまなシーンで活躍してくれることでしょう。
10 タイ・台湾のTV・雑誌など各種メディアに登場 上の卒業とも関連し、BellとHwaHwaはChina Dollsとして、またそれぞれが各種メディアに登場。自分に何ができるか、何をしたいのか模索している最中のようです。

来年は、さらに嬉しいニュースが続出することを期待しています
2004年12月31日 15時00分
Posted by alt at 15:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

 574. HwaHwaからクリスマスメッセージ

今年のネタは今年のうちに(その3)。

12月24日、サンタクロースならぬHwaHwaから嬉しいサプライズが!

なんとHwaHwaは彼女のパーソナルサイト「World of HwaHwa」のフォーラムメンバー全員に、クリスマスメッセージを送ったのです。

予想だにしていなかった出来事だけに、それ以上に送信者の名前がHwaHwaの友人のものだったために、メールに気がつかなかったヒトも多かったようです

後日、HwaHwaがBlogに書いたことによると、どうやら友達から借りたパソコンを使ってメールしたため、友達のアカウントから送ってしまったとのこと。

粋なサプライズを思いつく機転と、ちょっぴりドジなところが、まさにHwaHwaの持ち 味
2004年12月31日 15時00分
Posted by alt at 15:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月30日

 573. HwaHwaに質問

数日前、World of HwaHwaのフォーラムに、りんたろうさんがHwaHwa宛の質問を書き込みました。この質問は、以前、ウチの掲示板でりんたろうさんが提案した「Let's ask HwaHwa」企画に、私altと、老爺さん、それにgorow-changさんが乗ってまとめた、それはそれは実に長い質問集がベース。
元々、昨年6月のHwaHwaの誕生日に向けた企画ですから、かれこれ1年半前のことです。

んで、質問をHwaHwaにメールしたのはいいのですが、結局回答はありませんでした
その後知ったことですが、HwaHwaは長いメールに返事を書くのが好きじゃないらしいんです。なにしろ、たくさんのファンからメールが来るわけですから、長い返事を書いていたら、キリがないですからね。そんなわけで、例の質問への回答はあきらめていました。

ところが、その1年半後。不屈のヒトりんたろうさんは、上記フォーラムに質問を書き込んだんです。
するとどうでしょう、HwaHwaがそれに回答してくれたじゃないですか。

これほどの長い質問にHwaHwaが答えたのは雑誌などのインタビューを除けば、初めてのことです。
あまりにもレア、そして回答内容も面白いので、ここに日本語に訳した上で転載させていただきます。
(転載および翻訳を快諾してくださった、りんたろうさん、ならびにHwaHwaのマネージャーさんありがとうございます

※いくつかの質問は、1年半前の状況で書かれています。

Q1. 好きな日本のミュージシャンは?
あなたが言っているのは歌手のこと?それとも(楽器を演奏するだけの)ミュージシャンでしょうか? もし歌手だとしたら、日本には好きな歌手がたくさんいますよ。例えば、平井堅や浜崎あゆみ、安室奈美恵、ミーシャなどなどです!

Q2. あなたは楽器を演奏しますか? ピアノを演奏するとは聞きましたが……。
私はハープを習っています。子供の頃ピアノを習ったけど、そんなに上手じゃありません。時間があれば、もっと練習したいと思ってます。

Q3. 我々はChatchai Chabamnej氏の音楽が好きです。彼はChina Dolls以外の曲を作曲していますか? 彼はChina Dollsが大ヒットする以前から、タイでは有名な作曲家なんでしょうか?
彼はP'Bird(トンチャイ)のアルバム「RUB KAK」をプロデュースしました。他にも何か作っていると思うけど、よく分かりません……。

Q4. あなたはお酒を飲みますか? 二日酔いしたこととかあります?
あははは!まさか……私はアルコールが好きじゃないんです、飲むとしても特別なときだけですねぇ、それに私は二日酔いしたことはありませんよ。あなたはどうですか?
(ひどく酔っ払ったヒトって、すごく面白いですよね)

Q5. あなたがショッピング大好き、しかも買い物上手ですよね? 時間があるときはたいていショッピングをしているのですか? 音楽以外のことで取り組んでいることがありますか?
そうなんですよ! 私はショッピングが大好きです、最近はたくさん映画を見てますね……。(それ以外では)私は中国語を子供達に教えています、子供達はホントに可愛いんですよ!  私は(これまでに得た)自分の知識を他の人に伝えたいと思っているんです。それが彼らの日常生活や将来に役立つといいなと願っています。

Q6. コンサートやレコーディング中に面白いハプニングに遭遇したことが、きっとあると思うのですが、面白いエピソードがあったら私たちにも教えてくれませんか。
あはは!! たっくさんありますよー、でも具体的なエピソードは思い出せません。たぶんBellやバックダンサーの方がよく覚えていると思います。

Q7. 歌手になりたいと思ったのいつ頃ですか? また、いつ頃から歌詞を書くようになったのですか?
歌手になることは女の子なら誰でも思い描く夢だと思います、私の場合はラッキーなことにその夢を実現できました……。私は自分の大好きな仕事ができてとても幸せです。それは神様からの贈り物、だから私は歌手という仕事にベストを尽くしています。歌手という仕事を愛していますし。歌詞を書く機会はプロデューサーが与えてくれました、大錯特錯(Muay nee khaのこと)が想像以上に大ヒットしてからは、みんなが私にもっと歌詞を書くように言うようになりました。 :)

Q8. あなたは「China Daeng」で歌詞担当副プロデューサーを務めたと聞きました。アルバムごとに役割は違うと思いますが、あなたはいずれアルバム全体のプロデュースをしてみたいと思いますか?  それとも部分的なプロデュースの方がいいですか?
そうです、私はかつてプロデューサーになりたいと思ったことがあります。でも、もっと音楽のことを学ばないとなりません……。いつか、もっと経験をつんだらプロデューサーになるかもね :p

Q9. あなたは普通の学生として大学に通っていると聞きました。あなたの周りの大学生があなたを特別扱いすることなく接するのはとても素敵なことだと思います。
ところで、China Dollsが大ヒットしてから、あなたの生活において何が大きく変わりましたか?
大学の学生は、あえて私に話しかけないようにしているみたいですよ。他人からアイツは歌手とか有名人と知り合いになりたいんだ、と思われたくないのかも……よく分かりませんけど。
私のほとんどの友達は高校時代からの友達です……、でも私は新しい友達を作りたいと思ってますから、私のそばの席に座った人には出来るだけ話しかけるようにしました……友達になってしまえば、みんな素敵な人で、私の大学生活をあれこれと助けてくれました。


Q10. アルバムを作る際、明確なターゲットはありますか? たとえば年齢層とか男の子向き、女の子向きとか。
ありません。私たちの歌を全ての人が気に入ってくれることを願っています。だから少しでも良いアルバムができるよう心がけています。

Q11. 振り付けを考案しているのは誰ですか? 自分でやっているのですか?
私(りんたろうさん)はアルバム「Ting Nong」が大好きで、その中でも「Tom Yum」や「Soy4」「So sad」のMVがとても気に入っています。私はあのMVのダンスはキチンと振り付けがなされているのだろうかと不思議に思っています。それとも、基本的なイメージだけが決まっていて、あとはあなたたちが撮影中、好き勝手に踊っているのでしょうか?

ファーストアルバムの時からP'Au(Auさん)が私たちの振り付け師です。彼女はとても賢い人で、すごくカッコイイんですよ! 私はいつも彼女が踊っている姿に見とれてしまうぐらい、それはもうとても魅力的なんです。
Bellはすごくダンスが上手で、Auさんにいろんなアイデアを提案しています。私は、とにかく一生懸命ダンスするだけです、だって私にとってダンスはホントに難しいんですから……。


Q12. Chatchai Chabamnej氏とまた仕事をしたいですか?
わかりません、彼次第ですね……。実際、以前彼に新しい曲を作ってくれないと冗談半分に言ったことはありますが、まぁ言ってみただけです。

一部、りんたろうさんの訳を採用させていただきました。
2004年12月30日 00時30分
Posted by alt at 00:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月29日

 572. China Dollsファンオフ開催

今年のネタは今年のうちに(その2)。

8月7日、SIAM STATIONのYaiさんの主催で「第1回China Dollsファンオフ」が開かれました。

オフ会参加者は、aiaiさん、阿凡堤さん、さばさん、secさん、takaさん、てぃんさん、ふぁるこんさん&奥さん、まるるさん、Yaiさん、ヨハネさん、ヨハネさんのお友達2名、Lamyayさん&haneiちゃん、りんたろうさん、それにaltの計17名。
その日、大阪にいたChina Dollsファン・アジアpopファンの面々が集うにぎやかなオフ会となりました。

その会場となったのは、大阪・梅田にある「ラチャスキタイ」というタイレストラン。
Yaiさんが脚を棒にして探し回ってくださっただけに、ラチャスキタイはなかなかの本格派。ネットを見ても、評判の良いお店のようです。
(参考)
http://www.jalan.net/kanko/SPT_176889.html
http://www.aeon.co.jp/area/osaka/mechatoku/rachasukithai.htm


当日大阪城で見たChina Dollsライブの興奮も冷めやらぬまま、おいしいタイ料理を楽しみつつ、さらに折からの落雷サウンドをBGMとして、熱くもディープなタイおよびT-popの話題に花が咲きました。

意外にChina Dollsネタは少なかったように思います、ライブを見ただけでもう胸が一杯になっていたのかも?

写真を押さえておくことを思い出したのは、宴もたけなわの頃。すっかり出来上がったメンバーの代わりに、チャーハンさんご近影。
たぶんチャーハンではないと思うのですが、私のボキャブラリではチャーハンとしか表現できまへんこれがまた、すごくおいしかったです。
メニューは、揚げ春巻き・豚肉とパンの揚げ物・春雨サラダ・豚肉と野菜炒め・ライス・トムヤンクンスープ・デザートでした。
(タイ語で何と呼ぶのかわかりません)

2回目のオフがあるのかないのか、定かではありませんが、チャンスがありましたら、またChina話で盛り上がりましょう。今回参加いただけなかった方のご参加もお待ちしてます。
2004年12月29日 12時00分
Posted by alt at 00:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月21日

 571. 祝開設! World of HwaHwa

トップページにも記載しましたが、HwaHwaのパーソナルサイト「World of HwaHwa」が登場しました。
http://www.hwahwaworld.com/

このサイトにはBlogやフォトギャラリーといったHwaHwaおよびChina Dollsの情報が得られるコーナーと、それにファン同士の交流が可能なフォーラムが設置されているほか、 HwaHwaからの4ヶ国語によるメッセージビデオと、本人からの日本語での書き込みもあります。

Copyright © 2004 www.hwahwaworld.com
ノーブルな表情のHwaHwaが印象的。

メッセージビデオを見て思ったんですが、タイ語の女性の語尾「~naka!」って、とても響きがいいですね。

あと、日本語フォーラムにはHwaHwa本人の書き込みがありますが、
やっぱりというか当然と言いますか、実に外国人ならではの日本語。
「みんなさん」じゃなくて「みなさん」だってば

上のサイトはHwaHwaは確実に読んでいますし、書き込めばひょっとすると
レスが返ってくるかもしれません。

また、情報ソースも本人ですから、確実かつ迅速です。
このMEMOも放置したままのBlogにデータを移して、HwaHwaのサイトから
トラックバックすれば、楽できるかも(笑)

ついでながら、China Dollsに関する資料を提供しました。HwaHwa本人も忘れてしまったことが多いそうで
2004年12月21日 14時00分
Posted by alt at 14:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月13日

 570. 娃娃「訪台」中

消化していない今年ネタが残っていますが ホットな話題を優先しましょう。

台湾の掲示板からのネタです。
今月6日から台湾滞在中の娃娃が、早速台湾のテレビに出演しました。

それは華視は10日の「天才向前衝」というクイズ番組。画像はqox提供的。
台湾の芸能人に混じっても全然違和感がありませんね。
そもそも2つの国籍を持つ娃娃はタイ人でもあり、
台湾人でもあります。
設問は「どっちの衣装が100万元でしょう?」
A:真珠ビキニウェディングドレス
B:黄金下着
となるのかな? 
ありがちかつ、アホらしい問題ですねぇ
「そっちの方が高級そうに見えるし、美しいから」と娃娃。
はて、どちらを選んだのでしょうか。
Copyright © 2004 中華電視股份有限公司

こうして各国のテレビに出演できるのは、アジア全体でヒットした中國娃娃・China Dollsならでは。
しかも、娃娃はタイ語・中国語・日本語・英語とマルチリンガルであることも大きなメリットでしょう。

ちなみにBellはタイにいます。
2004年12月13日 09時30分
Posted by alt at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月10日

 569. 平和祈念折鶴キャンペーンに参加

今年のネタは今年のうちに。

連日タイのニュースを騒がせている南部での暴動に対し、平和を祈念して空から折鶴を撒くという壮大なプロジェクトが、今月5日行われました。
しかも撒いた数が、なんと9800万羽!
それはゴミとちゃうんかいな、と。そんでもって折鶴で暴動が収まるんかいな、と。
誰もがそう思ったことでしょう


それに呼応し、GrammyやRSの歌手が大挙してキャンペーンソングを歌いました。

そのMVの撮影は11月29日に行われ、China Dollsも参加しているのですが……
ここで見られるニュースには写ってませんね
http://tnastation.mcot.net/inside_page.php?id=39152
ついでに直リンクも。
mms://live.mcot.or.th/clip/low/1DecMV11_1.wmv

とまぁ、なにかの機会にMVを見られたなら、ぜひChina Dollsの姿を探してみてください。

また、China Dollsの名前はありませんが、eotodayで折鶴のニュースがココに。
http://www.eotoday.com/cgi/news_music/show.php?id=5294
2004年12月10日 14時30分
Posted by alt at 14:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月08日

 568. HwaHwa運転免許更新

タイの方からのネタ。

今年大学を卒業したHwaHwaが、自動車免許の取得にチャレンジ。
この秋めでたくライセンスをゲットしたそうです。
----12月12日 追記 ----
wendyによると、HwaHwaは以前から免許を持っているそうです。
ということは免許を更新ということに訂正させていただきます。


思えば、Kow mai rakのMVでクルマを運転しているBellの姿(実際は運転したかどうか不明)と、後部座席のHwaHwaの姿が対照的に思い出されます。

今頃は、もうクルマを乗り回すHwaHwaの姿がバンコク市内で見られるのでしょうか

ただしタイでは、芸能人の重大な自動車事故が毎年のように起こっていますし、ひとつ安全運転でよろしくお願いします。
2004年12月08日 21時30分
Posted by alt at 21:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月07日

 567. Bellの卒業式 3

またかよという感じですが。情報をいただいたこともあり、
他のネタはすべて掲載許可待ちなので、コレいっちゃいましょう。

Bellが卒業した大学のサイトに卒業生の写真が掲載されています。
http://www.utcc.ac.th/news/20041129_01.htm
大学の卒業式も、飾りつけはやはりタイ風なのが新鮮。
ローブの色は、学部か何かの違いを表しているんでしょうか。

しかも数名の学生だけ特別扱いなのか、単独で写っています。
Bellもその特別枠の一人。
Copyright © 2004 utcc.ac.th Copyright © 2004 yok

Thank you, Hong and Yok.

右の写真はリハーサル時の写真、表情もややリラックスしている感じ。
2004年12月07日 14時00分
Posted by alt at 14:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月04日

 566. Pretty dance発売

正確なリリース期日は不明ですが、11月末ごろDanze Planetシリーズ「Pretty dance」が発売されました。

ジャケットを見ればお分かりの通り、「Cover Girls」と「Rocky Road」からのベスト集です。

ジャケット写真はサワディーミュージックさん
ご提供。
このCD/VCDは

で購入できます。

曲目はこの通りで、China Dollsは、Cover Girlsの一員として、6曲目の「Dae kon kon nun」に登場するのみ。残念ながら「Please Mr.Postman」は収録されていません。
「Please Mr.Postman」のMVはチープながらも、構成が工夫されていて楽しめた作品でした。
いまでも、Cover GirlsのVCDは入手できるかも!? まだ見ていないヒトは必見です。

曲名 歌手名
1. I will survive Ya Ya Ying
2. One way or another 3G
3. Stupid Cupid Pim, Kaew Zaza
4. Trouble Ta-kra
5. Pretty boy Annita
6. Dae kon kon nun แด่คนคนนั้น Cover Girls
7. Can't take my eye off of you Jamp
8. Have You Ever Seen The Rain Warn, Mod 3G
9. Can't get you out of my head Annita
10. Just Let Me Cry Mod 3G, Dao-o-ke
11. Don't You Just Know It Ta-kra
12. Pen krai kor tum เป็นใครก็ทำ Rocky Road

Cover Girlsがそうであったように大半が英語曲ですね。
このリストを見ると、結局Grammyのヨーロッパ進出はどうなったのだろうか、と遠い目モードになってしまいます(笑)
2004年12月04日 22時00分
Posted by alt at 22:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月01日

 565. China Dolls in 大阪のムービー2

Grammy公認の動画配信サイトT-POP STYLEから。

今回のChina Dollsムービーは、来日の主要目的とも言えるTAT主催の
「Thailand Night」でのリハーサルシーンとライブの模様。かなり力が入っています。
現在掲載しているムービーは、11月30日~1月15日まで視聴可。

■チャイナ in 大阪
http://www.t-pop.jp/specialedition/index.html

Copyright © 2004 GMM Grammy, T-POP STYLE

この黒で統一されたコスチュームは珍しく、貴重な映像です。
T-POP STYLEの会員になれば、さらに多くのムービーを見ることができます。
この記事はT-POP STYLEさんの許諾を得た上で、私が勝手に応援しているものです。利害関係は一切ありません(笑)

T-POP STYLEに詳しい説明が書かれている通り、ムービーを再生するには専用ソフトが必要(ソフトは残念ながらWindows版のみ)。
そのソフトを使ってムービーをダウンロード・再生できるという仕組みです。
(In order to play these movies, a special software and Japanese Windows OS are required.)
2004年12月01日 16時00分
Posted by alt at 16:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]