2005年07月31日

 712. シンガポールコンサート続報

7月22日にシンガポールのディスコで行われた、China Dollsライブから。
コンサートレポートは、World of HwaHwaフォーラムBigBelle.com
フォーラム(今現在データが消失してますねに、シンガポールのファンが
書いてくれていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

下はsenssamさんからいただいた画像。かなり熱の入ったChina Dollsの
パフォーマンスを伺い知ることができます。

右の写真は、Golden Mile ComplexのCDショップ前で、偶然出会った
China Dollsだそうです。Senssam, you were lucky!!
二人ともスッピン&私服です。しかしBellのドクロTシャツはアバンギャルド過ぎないか!?
Copyright © 2005 senssam

senssamさんからご提供いただいた写真がGalleryにあります。


さらに面白い画像が手に入りましたよ。シンガポールコンサートで
使われたセットリストです。

↓ステージの床に貼ってあるヤツ。アーティストはこれを見て、次の曲の準備をしたり、
MCに入ったりします。


1. 單眼皮女生 (中国語)
2. Kow mai rak
3. 酸辣湯 (中国語)
4. 不要你的禮物 (中国語)
5. Kon nah mow
6. Rorn
7. Kuu kud
8. 路邊野花不要採 (中国語)
9. Muay nee kah + Oh Oh Oh (メドレー)


ポイントとしては新曲の「Rorn」が入っていること、それに單眼皮女生および
Muay nee kahと、同じ曲を中国語とタイ語で歌ったことです。

上のセットリストで一部の曲名が、ポストイット様のテープで修正されて
いることがわかります。透けて見える下の文字を読むと、1曲目は
Hey man deeから單眼皮女生に、8曲目はH.N.Yから路邊野花不要採に
変更されていました。

変更した理由は分かりませんが、中国語曲を増やしたのかも知れませんね。
直前に曲、しかも言語が変わっても即応できるのはスゴイ。
Posted by alt at 22:31 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月29日

 711. Raw Ngoo Kaaw FhunのMV

今月26日に発売された「Grammy Gold 10th Anniversary」のサンプルMVが
Thailand CDで公開されました。
該当ページはココ、サンプルMVはコレです。

たった12秒しかないものですが、中国語Rapはしっかり入っていますし、
China Dollsテイストすら味わうことができます。
ヘビダンスが印象的なMV

←ここで3Dメガネをかける
とChina Dollsが立体化しま
(しません
Copyright © 2005 Grammy Gold

以下はkayaさんの聞き取りによる中国語Rapの歌詞。
それをwendyが訂正。wendyは、ほとんど聞こえない中国語RAPを
聞き取る名人です。
-----------------------------
等等等 我在等在等
一個十全十美的愛人
夢夢夢 裡夢中情人
Yeah Yeah Yeah!!

等等等 我在等在等
丘比特 丘比特 丘比特愛蛇
送送送 我夢中情人
Yeah Yeah Yeah!!
-----------------------------

ちなみに「丘比特」とはキューピッド(Cupid)のこと。
「丘比特」を日本語で音読みすれば、ああそうかと分かるのですが、
中国語読みするとキューピッドとは聞こえないですよね



オマケ。
Gmemberに「Oh ohh ohhh」のMVが追加されています。
Posted by alt at 15:59 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2005年07月28日

 710. シンガポールコンサートの写真

曼谷大酒店さんのサイトに、シンガポールコンサートの写真が掲載されています。
これは必見ですよ、ステージの様子が一目でわかります。 Arigato, 曼谷大酒店-san.
CHINA DOLLS IN SINGAPORE

↓こちらは、韓国のChina Dollsファンsenssamさんが撮影したムービーからの
キャプチャです。 Thank you, senssam.
 
Copyright © 2005 senssam

衣装がスゴイでしょ? いろんなコスチュームが混ざってます
上がKuen neeの新バージョンMVのもの、ベルトが東京コンサートの第1ステージのもの。
HwaHwaのブーツは、J-Aseanコンサートのときのヤツですわ。
いろいろ遣り繰りしてるんですねー。

シンガポールコンサートは、東京のそれと違って、かなり生のボーカル音声が入っています。
よくこれだけ動きながら歌えるものだと、ひたすら感心

また、音響もマレーシアでのコンサートのように低音がこもることもなく、かなり良好。
ステージ中、曲調に合わせて照明とスモークの演出があるのですが、上の写真の
通り、過剰なスモークでステージが真っ白になることも

観客も大声で歌ったり、サンバホイッスルを吹き鳴らしたりと、かなり楽しんだ様子ですねー。
こういう海外のライブ映像を見るたび、日本のファンは行儀がいいなぁ、と。

マナーがいいことは決して悪いことじゃないと思うのですが、China Dollsと一緒に
盛り上がることもコンサートを楽しむ秘訣ですよ。
Posted by alt at 02:08 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2005年07月26日

 709. 8月のスケジュール

BellサイトのフォーラムにChina Dollsの8月の予定が掲載されました。
いつもながら、faiとyokに感謝。

一般客が入れないイベントもありそうですし、スケジュールが直前に変更される
ことがよくありますので、参加される場合は事前チェックが必要です。
7月
29日 Royal Crif Hotel Pataya
โรงแรม รอยัลคลิฟ พัทยา
8月
5日 13:00 Channel3 Record Ramatibbodee Foundation
13.00น. ช่อง3 อัดเทปมูลนิธิรามาธิบดี

15:00 Go to Uthaithanee Distric
15.00น. เดินทางไป จ.อุทัยธานี
7日 18:00 Miracle grand Hotel
18.00น. โรงแรม มิราเคิล แกรนด์
12日 Mother's Day Festival at Central RAMA3
งานวันแม่ เซ็นทรัล พระราม 3
13日 Lamyai Festival at Lumpool Distric
เทศกาล ลำใย จ.ลำพูน
24日 Thammasat University (Rangsit)
ม.ธรรมศาสตร์ รังสิต
28日 Grammy Gold 10 years Anniversary concert at Impact Areena
10ปี แกรมมี่โกลด์ อิมแพค อารีน่า เมืองทองธานนี

28日のGrammy Gold 10周年記念コンサートは大規模なものになりそうですね。
Posted by alt at 18:20 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年07月25日

 708. China Dollsのメッセージムービー

Thai Popper's Paradiseメッセージムービーが一挙に7本公開されました。

今年来日するアーティストがメインとなっていますが、公開されたムービーの中に
2005 Tiwa Hula Hulaを代表してChina Dollsからのメッセージが。

いつもながら、日本語とタイ語が混ざりあったメッセージです。字幕つきがありがたい
Copyright © 2005 Thai Popper's Paradise

これから来日するアーティストのムービーは、要チェック。

まもなく来日するほんわかしたBuaや、陽気なRita、おちゃらけたParadox、
朴訥としたBuddhist Holidayなど、さまざまな個性が楽しめるメッセージぞろいです。
Posted by alt at 23:51 | Comments [2] | Trackbacks [1]

2005年07月24日

 707. Grammy Gold 10th Anniversary

今月26日発売予定の「Grammy Gold 10th Anniversary」 Vol. 1~3の
コンテンツがeThaiCDに掲載されました。相変わらずフライング

China Dollsの曲が収録されているのはVol.1 CDVCD
曲のリストは下記の通りです。

すでにタイのFMラジオでは放送されているそうで、聴いたヒトの感想によると
China Dollsの歌う曲は、ルークトゥンでありながら、ダンスpop調。
しかも中国語Rapさえある、完全にChina Dollsテイストだそうです。

↓実に多彩な顔ぶれ。
Title Artist
01 Kaw Jai Gun Nhao
ขอใจกันหนาว
Lanna Commins
ลานนา คัมมิ้นส์
02 Jai Sa-Ra Parb
ใจสารภาพ
Nanthida
นันทิดา แก้วบัวสาย
03 Raw Ngoo Kaaw Fhun
รองูเข้าฝัน
China Dolls
ไชน่า ดอลล์
04 Tum Jai Hai Chin
ทำใจให้ชิน
Punch
พั้นช์
05 Yoo Gub Kwarm Kid Tueng
อยู่กับความคิดถึง
Saranya
ศรันย่า ส่งเสริมสวัสดิ์
06 Yaak Pen Pra Eak
อยากเป็นพระเอก
Plub
น้องพลับ
07 Kon Mai Mee Hua Jai
คนไม่มีหัวใจ
Ya Ya Ying
ญา ญ่า หญิง
08 Glub Ma Tum Mai
กลับมาทำไม
Panadda
ปนัดดา เรืองวุฒิ
09 Pom Tuuk Ka Moy (Hua Jai)
ผมถูกขโมย (หัวใจ)
Pun
ปั่น ไพบูลย์เกียรติ
10 Kon Tee Raw Koy
คนที่รอคอย
Saowanit
เสาวนิตย์ นวพันธ์
11 Nhuey Mhai Kon Dee
เหนื่อยไหมคนดี
Charin Nantanakorn
ชรินทร์ นันทนาคร
12 Nuk Rien Lhung Hong
นักเรียนหลังห้อง
Bang Gaew
บางแก้ว
Posted by alt at 23:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月23日

 706. シンガポールコンサート無事終了

シンガポールコンサートの様子は、World of HwaHwaフォーラムに、
参加したファンが簡単なレポートを書いてくれています。

たぶんkayaさんか誰かが、いつものように詳細なレポートを書いてくれることでしょう。

また、同フォーラムにはHwaHwaからのメッセージもあり、すでにChina Dollsはタイへ帰国しているようですね。


続報があれば、改めて報告します。
Posted by alt at 23:56 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年07月22日

 705. シンガポールに到着!

21日夜、China Dollsはシンガポールのチャンギ空港に到着しました。

下はHwaHwaとBellを空港まで出迎えたkayaさんからの写真。Arigato, kaya-san
Bellの髪がずいぶん長くなりましたね。
Copyright © 2005 kaya

kaya さんの話では、昨日の二人は睡眠不足のためか、ややお疲れの様子。
特にHwaHwaはひどい頭痛がしていたとか。

今夜のライブでは、3年ぶりとなるシンガポールのファンの前に、元気な姿を
見せてくれることでしょう。
Posted by alt at 15:15 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年07月21日

 704. 6月のまとめ2

今頃、China Dollsはシンガポール。明日は3年ぶりのコンサートですね。

さて、No.697. 6月のまとめの続報です。

■6月10日 BarBuree

ここで行われた2005 Tiwa Hula Hulaのコンサートには、
シンガポールから、kaya、Meiping姉妹、wendy、それに日本からSLYさんも
参加しています。

ここでは、写真のように目の前で歌い踊る2005 Tiwaが見られたそうです。
小ぶりながら演奏は生バンドですし、いつもとは違う印象を受けます。
どんな演奏だったのか、とても気になります

Copyright © 2005 kaya

kayaさんからご提供いただいた写真がGalleryにあります。

SLYさんのBlogのココにも写真が掲載されてます。
Posted by alt at 22:52 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年07月20日

 703. ついに明かされたGucciの謎

ナゾってほど、大げさなものじゃありませんが

HwaHwaの愛犬Gucciの写真が、彼女のサイトのGalleryBlogに登場しました。

台湾の家にGucciという名のシーズー犬がいることは、以前からさまざまなメディアに
掲載されていました。でも、Bellの愛犬は画像が公開されたことがありましたが、
HwaHwaのGucciに関しては、まったくのナゾだったのです。

そのGucciの写真がコレだそうです。予想以上に可愛い犬じゃないですか

どこまで毛玉で、どこからがGucciなのか……
Copyright © 2005 World of HwaHwa

まるでヌイグルミのように可愛いGucciですが、HwaHwaのBlogによると、こんな特徴があるそうです。

以下、全文引用。
--------------------------------------
  • Gucciは女の子です.
  • いつも、遊んでもらいたい人のところへお気に入りのオモチャを持って行きます、
    誰も遊んでくれないときは寂しがります.
  • Gucciは彼女を連れずに外出しようとする人の
    足を噛むことが大好きです.
  • 彼女は誰かと一緒にいることが大好きです.
  • 彼女は家を訪ねて来た人の世話をするのが好きです.
--------------------------------------

なんか、随分甘えん坊ですね。でも、この顔で甘えられたら、ねぇ


実は、ウチにもGucciがいますよ
フルネームでは、Gucci Wontonといい、日本語を話します。

機嫌がいいと川柳だって読みます。ほら。
「水浸し 関連したり 土俵入り」
……!?!?

んーー、なんだこの犬は!(笑)
Posted by alt at 19:18 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月19日

 Musical Baton

6月24日にshinobuさんから回ってきたMusical Batonです。

この時点で回答が遅くなることは分かっていたんですけど、さすがにここまで遅れるとは(^^;
遅れた分、ちょっと長めに書いてみました



-Total volume of music files on my computer

約150GBあります。

music fileの意味が分かりにくいのですが、クリックすれば自動的に再生されて音が鳴るファイルということでいいのかな?
music fileとしては、いま起動しているPCの中に86.3GBありました。たぶん仕事部屋のマシンを総計すると150GBぐらいあるでしょう。

というのも、作成途中の曲がいくつかあって、その中間ファイルは32ビットのwavファイルにしているため、意外なほどサイズが大きくなってしまうんです。
たとえば、今チマチマとレコーディングしているファリャ作「恋は魔術師」の「火祭りの踊り」(この曲、大好き!)は、4分強と短い曲なのですが、パート数が多いため中間ファイルも1GB程度になります。作りかけの今は、こんな感じ

完成した曲ファイル(市販の曲や他人が作ったものも含めて)という意味ならば、10~20GBぐらいじゃないでしょうか。



-The last CD I bought

China Dolls etc.
"Variety songs from ladies"
2005年


これです。Grammyの在庫処分20枚入りお徳用パック。
お徳用はいいんだけど歌詞カードすらついてないエコロジーな、地球に優しいパッケージです。
まだ全部聴いてないんだけど、Annitaのアルバムにビックリ。これだけちゃんと曲を作ってもらっているのに、もったいない。
いずれアレコレ書かせてもらいます。



-Song playing right now

Simon Smith
"Palazzo"
2005年


sasmithことSimon Smith氏のCDは一般のショップでは売っていません。なぜなら彼は、いわゆるアマチュアアーティストだからです。
しかし、そのドラマチックなメロディ、オーケストレーションの手際の良さと、音楽ジャンルを超えた引き出しの数の多さには度肝を抜かれます。クラシックがベースになっていることは間違いないのですが、それを土台にきらびやかなSimon Smithワールドを構築するのがウマイ。実に上手です。

このヒトの作品を知ったのは、2001年の暮れ。それから3年半ほど、ときおり公開される作品をダウンロードしては、仕事やドライブのBGMとしてきました。驚かされるのは曲のクオリティの高さだけではありません、その多作ぶりにも舌を巻きます。

2002年ごろはキャッチーかつエネルギッシュな作品を立て続けに生み出していたSmith氏も、最近の曲は展開がややマンネリ気味で、ちょっとガッカリしていたのですが、"Palazzo"では以前のsasmith節を取り戻した感があります。

彼の作品のいくつかがここで聴けます。
http://artists.iuma.com/dl/Simon_Smith/index-1.html
http://www.unsignedbandweb.com/music/bands/3452/



-Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me

1年365日中363日は聴いているChina Dollsでは、当たり前すぎて面白くありませんので、China Dolls以外の曲を上げてみることにしました。子供の頃からの好きな音楽の傾向が、結局今のChina 好きにつながっているのだなぁ、と。我がコトながら感心したりして(笑)
アルバムごとに、いささか文体が違うのはワザとです。

冨田 勲
"展覧会の絵"
1975年



人生を決定づけた1枚。または見果てぬ夢

初めて聴いたのは忘れもしない1975年の1月、NHK FMで放送されたときでした。それは、まだこのレコードが日本で発売される前のこと。そのラジオから流れる奇天烈なサウンドの「展覧会の絵」にショックを受けた当時、まだ私は小学生でした。トシばればれ。
これが、自分の小遣いで買った初めてのLPでもあります。

それからというものシンセサイザー音楽に興味を持ち、小遣いをためては足しげくレコード屋に通い、ショップの棚に置いてあるシンセサイザーものは、端から端まですべて買いそろえました。

そのうちに聴いているだけでは物足りず、自分でもシンセサイザーを使ってみたくなりました。しかし、当時市販のシンセサイザーといったら安いものでも数百万円。家が一軒建つ値段ですね(ウソ)
そんな高額な楽器(機械?)を小学生が買えるはずもなく、仕方なく自作することに。といっても、トランジスタを1石使ったブザーを自己流で改造したチープなものです。その後、中学生になってもう少し本格的なシンセサイザーを作り……って、長くなりそうなのでそれはいずれまた。

買った方が安い今でも、オリジナルシンセは作ってますよ。ハードは面倒なので、いまはソフトウェアで。
これのドラム以外は、全部自作シンセ。結構いい音するでしょ?
(ちなみにこの曲の作曲者は、九州でヤクザに拉致られて、場末のクラブで泣きながらベースを弾いていたY君です。いい曲作るよなぁ。Y君元気ですか?

話を戻しますと、この「展覧会の絵」からChina Dollsに至るまで、一貫している傾向はシンセサイザーの音色が大好きということです。
あのとき「展覧会の絵」と出会っていなかったら、China Dollsにハマることもなかったかもしれません。

そんな当時の甘い思い出を蘇らせるべく、最初のプロムナードの出だしを記憶に頼って作ってみました。コレ
オリジナルの冨田版と比べると、冨田版の方が和音の音数が少ないような気が。

30年前に冨田さんがン千万円かけて作り出した音は、いまや私のパソコン1台で、しかも約100分の1の投資で、いとも簡単にマネることができるんです。それを30年前にやったから天才なんですね、冨田さんは。

いま、検索してみたらオフィシャルサイトがあり、ここでホンモノの冨田サウンドが試聴できます。
わざわざマネして作ることもなかったか(笑)
http://www.isaotomita.com/


The KLF
"Last Train To Transcentral" from The White Room
1991年



1000回以上聴いた曲

日本の海岸線一周をしていた頃の話。四国一周へドライブへ行った際、一日4時間の睡眠を取り、残る20時間はひたすら走るというドライブになった。その理由は友達の結婚式を数日後に控え、それに出席しなければいけなかったから。もう一つの理由は猛烈な台風が四国を直撃し、いたるところで土砂崩れが起こっていたからだ。いわば台風と追いかけっこをしていたような状況だったのだ。

その4日に渡るドライブの間、ほぼこの曲だけを聴き続けた。運転に忙しくて曲を変えるのが億劫だったこともあるが、なにより眠気覚ましにちょうど良かった。

20x60x4で4800分。この曲の長さが3分35秒だから、単純に割り算すると1370回。無論、ほかの曲も聴いていた瞬間もあるから、ざっとこの4日で1000回はリピートした計算になる。China Dollsでさえ、こんな密度で聴いたことはない。

眠気覚ましとはいいながら、この曲は構成、音、アイデアともによくできている。リスナーを飽きさせないという意味では、ものすごく秀逸。適度なギャグさえ小気味良く効いている曲だ。

今改めて聴いてみると、ビックリするほど音圧が低いね、コレ。……昨今の曲が異常なのか


S.U.N. Project
"380 Volt" from Zwork
1999年


ええ。ゴアですとも。

仕事中の眠気覚ましに音楽を聴くことが多いので、うるさい曲が好き。特にゴアやサイケに使われるような、エグいシンセサウンドが大好きなんです。
このドイツ野郎どもは、確かヘビメタ出身だったような? ヘビメタっつーとノペーッとした平面的な音楽を連想しがちですが、このヒトたちはリバーブやエコーといった空間系エフェクトの使い方がすんごくウマイです、奥行きあります。ありまくりです。鼻血でますよ。

ここでサンプルが試聴できます。聴いた方が、文章で説明するより早いでしょ。
http://www.saikosounds.com/japanese/show_artist.asp?artist_id=199


許茹芸
"不知不覺" from 難得好天氣
2000年


サラッと透明な

中國娃娃とテレサ・テン以外に好きなC-popアーティストを上げるなら、この許茹芸になるでしょう。どうもここ数年はパッとしませんが、このまま消えてしまうには惜しい、歌唱力のあるアーティストです。

しかしなぜかこのアルバム「難得好天氣」は、許茹芸ファンには評価されてないんですよ。彼女には「如果雲知道」に代表されるように、大人しいスローテンポの曲が得意な歌手というイメージがついて回るからでしょうか。

ここであげた「不知不覺」は、実は完成度の高い曲ではありません。どこかとってつけた感のあるフレーズがあったり、突然曲調が変わるなど風変わりな構成を持っています。
逆に、その不安定さが許茹芸のサラッとした歌声と相まって、不思議な雰囲気を持った曲に仕上がっているのです。このアルバムを通じて、私がもっとも好き……というより、気になる曲です。

いわば「不知不覺 難以拒絶 這首歌就在身邊」といったところ。


高中正義
"BLUE LAGOON" from JOLLY JIVE
1979年


5番目候補は山ほど

この曲が流行っていた当時、待ち合わせに使っていた喫茶店でいつも流れていたことが、エアコンの涼しい風とともに思い出されます。曲としても素晴らしい作品ですが、私にとっては、滑らかなギターのメロディーラインに当時のさまざまな思い出も織り込まれている、ちょっと特別な曲になります。

高中のCDは山ほど買い漁ってきたのですが、みんな押し入れに入っていて取り出せる状態ではありません。しかも、HDにも入っていないんですわ。これは困った、いまものすごく「BLUE LAGOON」を聴きたい気分なんですが。

高中を選ばないとしたら、The Square、Casiopea、MALTA、ゴンチチあたりのアルバムから選んだでしょう。日本は聴きやすくて良質のフュージョンに恵まれています。このジャンルだけは、世界に負けてないでしょ。もっと誇るべき。

オフィシャルページ
http://www.takanaka.com/



Five other people i choose to offer this musical baton

バトンはChina Dollsにこだわって、China Dollsファンの……

まうさん
JILLさん
coco-chanelさん


それに、ダメモトでChina Dollsの……

HwaHwaさん
Bellさん


の5名の方に回します。よろしくね~
Posted by alt at 14:29 | Comments [5] | Trackbacks [1]

2005年07月18日

 702. なんとMVが放送禁止に!! 理由はセクシーすぎるから!?

冗談のようですが実話です。2005 Tiwa Hula Hulaの新MVが
セクシーすぎるとの理由で、タイのTV局 Channel 7で放送禁止になりました。

Bellのサイトフォーラムに、Bell自身が次のように書きこんでいます。

「みなさんはすでにご存知だと思いますが、新作のMVがChannel 7で放送禁止と
なりました。みなさんはどう思いますか? 放送禁止にするのは適切だと思いますか」

Bellの書き込みはタイ語ですが、それをYokさんが英訳、さらにそれを日本語訳

MThaiのフォーラムでも、「このMVは扇情的過ぎて、青少年の精神に悪影響を与える」
として、600を超えるレスの応酬となり、白熱した議論が続いています。

該当するMVは、Kuen nee-Rornを併せたもの。
関連記事は、No.682. Rornの新MV No.691. 新MV続報をご覧ください。

Copyright © 2005 GMM, Encore

私はMVを見ていないので、なんともコメントのしようがありませんが、
やはり土俵入りがマズかとですか?
Posted by alt at 23:17 | Comments [9] | Trackbacks [0]

2005年07月17日

 701. Chinaのルークトゥン放送中

nakaさんの「BGMはタイPOP'S」のココによると、
China Dollsが「Grammy Gold 10周年記念アルバム」の中で歌うルークトゥン
「รองูเข้าฝัน」(roo nuu kao fan)が、FMラジオで放送中されているそうです。

ラジオ局はLuktung FM とのこと。
たぶんGrammy系のほかの局でもかかると思われます。

nakaさんによるとpopアレンジだそうですが、China Dollsがルークトゥンを歌うというだけで
興味津々です

このCDとVCDの発売日は、SLYさんの「何となくタイPOPS」のココによると、7月26日予定だそうです。
このスケジュールは堅そうですね。

ちなみに、China Dollsも出演予定のコンサートは8月28日。
詳しくはNo.673. China Dollsルークトゥンを歌う  および 
No.692. GRAMMY GOLDの10周年記念コンサート  を参照してください。
Posted by alt at 23:58 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月15日

 700. China Dolls 6周年

今日7月15日は、 China Dollsの記念すべきデビューアルバム 「Muay nee kah」の発売6周年にあたります。


これまで、発売元のGrammyはもちろん、どのメディアにも「Muay nee kah」の発売日が記載されて
いなかったのですが、先月ようやくそれが1999年7月15日であることを確認できました。
明記しておきたいことは、BellもHwaHwaも発売日を覚えてなかったこと

というわけで、もちろん(?)Flashも作ったのですが……、半日熟考して公開をやめました。
理由はサイトの運営ポリシーに抵触するものだからです
非公式サイトで、どの程度まで音声のサンプル掲示が可能か、ちょっと実験してみたかったという気持ちもアリ。
トラブルのタネになるようなことは止めておこうというのが結論です。


Flashを公開しない代わりに、ネット上で視聴できる合法的なMuay nee kahのソースを貼っておきます。

muay nee kah MV
Happy little eyes

こちらは「Muay nee kah」の中国語版「単眼皮女生」。
単眼皮女生 MV
A! Happy little eyes MV

他にも視聴できるサンプルがありますよ、詳しくはNo. 489. サンプル曲とMVをご覧ください。

Flashの音ネタを探している最中に思ったことは、「Muay nee kah」 ってホントに捨て曲が
ないんですよ。また、20秒程度でサビをまとめようと挑戦してみたのですが、これも難しい。
ウソだと思ったら、トライしてみてください。難しいよ
Posted by alt at 22:25 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年07月14日

 699. 2005 Tiwa Hula Hulaの身長一覧

secさんのコメントからのネタ。

2005 Tiwa Hula Hulaの身長を調べてみました。
BellとKatが同じ165cmというのは意外ですね。

メンバー 身長
HwaHwa 167cm
Bell 165cm
Katreeya English 165cm
Jennifer 172cm
Ya Ya Ying 158cm??
GMMstarでは158cmになっているけど、そんなに小さいわけないよね。
HwaHwaとの身長差を考えると、168cmの間違いじゃないでしょうか。

ついでに、Gmemberの画像で新しめなところを。

Copyright © 2005 GMM Encore

いつも思うんだけど、HwaHwaの写真はもう少しなんとかなるだろうに。
撮り方が間違っとる。
Posted by alt at 22:10 | Comments [5] | Trackbacks [1]

2005年07月13日

 698. Bellサイトのフォーラム使用法

Bellのサイトができたのは良いのですが、すべてタイ語で書かれているために、
ちょっと使いづらいというのが、本音。特にフォーラムがやっかいです
管理者のNanはいずれ英語フォーラムを作ると約束してくれましたが……。

そこでBellサイトのフォーラムに登録する方法と、新規にトピックを作成する方法を紹介しておきます。
もちろんフォーラムを読むだけなら、登録する必要はありませんよ
左の画面で「ユーザー登録」をクリック。

←クリックするとオリジナルサイズの画像を表示します。
すると、この画面が表示されますので、「*」マークのついた項目、つまり「名前」「パスワード」「パスワード再確認」「メールアドレス」の各項目に入力したら、「Register」ボタンをクリック。
これでOKです。
それぞれのトピックにレスを書き込むときは、分かると思いますので省略。

新規トピックは、一番上の画面で「新しいトピック」をクリックします。

すると、左の画面が表示されますので、やはり「*」の欄をすべて入力してください。
「電話番号」には、くれぐれも書き込まないよう

最後に「Post Message」ボタンをクリックすればOKです。

このフォーラムは反応が鈍い上、どうやら修正も削除もできないようですので、
何度もクリックしないよう、ご注意ください。

HwaHwaサイトの登録方法は、またいずれ。
Posted by alt at 16:15 | Comments [4] | Trackbacks [0]

 本日のMarcopolo

プンプイ@オーサカさんからの情報です。 Arigato, pumpui@osaka-san.

本日13日に行われる予定のタニヤはマルコポーロでのChina Dollsライブは、
開始時間が

21:30~

に変更されているそうです。
ライブを見る予定の方は、ご注意ください。

Posted by alt at 10:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月11日

 697. 6月のまとめ

7月に入ってから、2005 Tiwa Hula Hulaのライブが一段落した感があります。
いまになって思うと、6月はコンサートが目白押しでしたねぇ。

そんなわけで6月に行われたコンサート、特に日本からファンが参加した
コンサートを振り返ってみましょう。

■6月2日 Forte pub R.C.A

こちらにはsecさん、一休さんほか数名のファンが参加されています。

下の写真は、secさんが撮影された写真です。全員がジーパンと、ちょっと珍しい
衣装ですね。

詳しいレポートは、一休さんのサイトで読めます。
Forte pub R.C.A
Copyright © 2005 sec

secさんからご提供いただいた写真がGalleryにあります。

■6月23日 Hollywood pub

このイベントには、Lamyayさん、一休さん、Nakamuki会長らが
参加されています。こちらに関しては、No.688. Hollywood pubでのライブ
ご覧ください。

■6月30日 Coliseum

こちらのコンサートにも一休さんほかの日本人ファンが参加されました。
これまた詳しいレポートが、一休さんのサイトに。必見です。

このコンサートでは、全員ミニスカートですねー。
こうして見ると、コンサートごとに衣装が違っています。
そういうコンセプトなんでしょうか。それとも、適当に決めてるのかな。

Coliseum

Copyright © 2005 Ikkyu

一休さんからご提供いただいた、写真がGalleryにあります。
Posted by alt at 21:14 | Comments [8] | Trackbacks [0]

2005年07月10日

 696. 「風雲」再放送中

台湾の掲示板からのネタ。

毎週月~金、午前10~11時(台湾時間)に「風雲」が再放送されているようです。
まだ、中國娃娃演じるところの「娃娃殺手」は登場していない模様。
台湾の中視(中國電視)が見られるヒトは、要チェックです。

風雲と言えば、現時点では中國娃娃唯一のTVドラマ出演作。
ストーリーなどなどについては、過去のMEMOにアレコレ書いていますので
そちらをご覧ください

これを撮影したのは、かれこれ4年前のこと。放映は2002年1月からでした。
中國娃娃の役柄はなんと、悪の手先の殺し屋!
しかも武器は彼女らが手にしている人形ですよ。こんなカラフルでキュートな殺し屋が
いるのでしょうか?

ただ残念なことに、この娃娃殺手は、敵の目を欺くために子供に化けている
という設定ですので、声はすべて吹き替えです。

吹き替えでも、余裕で中国語のセリフをしゃべっているHwaHwaと、ときおり
適当に口を動かしているだけのBellの様子がよく分かります。

Copyright © 2002 中國電視事業股份有限公司

ところで、タイでも風雲のVCDを販売しているようです。音声はタイ語。
登場人物からして中國娃娃が出演したバージョンのようですが、詳細は不明。
大陸版が44枚組のところ、このBoxは1,2合わせて26枚ですので、短く編集してある
可能性もありますね。

左のジャケットで左上、右のジャケットで下中央の俳優が誰か分かりますか? 
なんと日本が誇る世界の千葉真一氏です。彼はバリバリの悪役を務めており、
これがまた濃いキャラで、存在感ありまくり
Posted by alt at 23:36 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月09日

 695. ニセHula !!

書くべきかどうか、ちょっと迷ったのですが、やっぱりこのネタは書き留めておくことにしましょう。

一休さんの掲示板でKamakura-ヤスさんが、またウチの掲示板ではLamyayさんが、
ルンピニーのSuan Lum Night BazaarにあるBEC Tero Hallの屋外フードコートで
2005 Tiwa Hula Hulaのニセモノグループが「Hula Hula」を歌い踊る姿を目撃されたそうです。

一休さんの掲示板には、Kamakura-ヤスさんが撮影された写真もあります。これは必見ですよ!
何が可笑しいといったって、衣装がソックリなんですよ。メンバーの容姿は、はっきり言って似て
ないんですが、それなりに美形ぞろいですね。

もうひとつは、一休さんが書き込まれていた、Hollywoodでのカトゥーイ(オカマ)による
ニセHula Hula。こちらも写真入りで紹介されているのですが、この世のものとは思えないくらい
気色悪いです  

これなら5566の中國娃娃の方が、いくぶんマシ
Posted by alt at 22:32 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年07月08日

 694. 今天的失焦寫真 大喜利バージョン2

吉例! 大吉利コーナー

あの大吉利コーナーが、No.342以来、なんと1年と5ヶ月ぶりに帰ってきました。
今回のお題は、なんと4月東京コンサートから。

コンサートの最中、曲の合間には、BellとHwaHwaのMCがあります。
普通のバンドならたわいもない話題のシャベリになるのでしょうが、
息のあった二人のそれは、まるで「かけあい漫才」みたいになってしまいます。

そんなわけで、お題はコレ。
HwaHwaが指さしながら何やら言っている様子。
それに対するBellのひきつった笑顔がポイントですね。

画面の二人に合いそうな、それぞれのセリフを考えてください。
セリフの順番はどちらが先でもOKです。
Copyright © 2005 Thai Poppoer's Paradise

早速、いくつか当てはまりそうなセリフを考えてみました。
-------------------------------------------------
H:トイレ? トイレならアッチ
B:そうじゃなくて!
-------------------------------------------------
H:あんたの○、いつもより大きくない?
B:ダメ!それ言ったらダメ!
-------------------------------------------------
H:あんた性格悪いよ。
B:そんなことないない!
-------------------------------------------------
H:アッチ向いてホイ!
B:いまは遊んでるときじゃなーいっ!
-------------------------------------------------
上の中に、China Dollsが上のシーンでホントに言ったセリフがあります。覚えてますか?
ちなみに、2番目の回答の○には「声」という文字が入りますよ~。
違う文字を入れて読んでしまったヒトは自己批判するよろし

当てはまるセリフを思いついたら、コメント欄へゼヒ。

ちなみに、前回の大吉利にいただいた回答のひとつをご紹介しましょう。
りんたろうさん作のコレです。
Copyright © 2002 wendy

シンガポールのコンサートでのMCで、ついうっかりと関西弁がでてしまうBell。
彼女をたしなめるHwaHwaもなぜか関西弁。ありがちな光景ですな ないない

それにしてもたった3年前の写真なのに、当時の二人は少しポッチャリしてましたね。
Posted by alt at 13:53 | Comments [10] | Trackbacks [0]

2005年07月07日

 693. 娃娃、大陸のドラマに出演!?

4日付けの台湾の新聞より。

中国の国営テレビ局「中央電視台」が連続ドラマ「誰在你身邊(あなたのそばに誰がいる)」の製作を予定しており、
そのドラマへ娃娃が出演要請されているのだとか。

ちなみに「誰在你身邊」は、自動車事故を発端に始まる愛憎倫理劇だそうです。事故の結果、子供の血液型から自分の子でないことがわかるとかなんとか、なんかドロドロした人間関係を描いたストーリーになりそう。
ま、大陸製だからね。

いまだ配役は主役を除いて決定していませんが、7月中旬には全て決定し、ドラマの放映は年末になる見込み。


さらに、もうひとつ。
こちらは内容が不明ですが、なんでも中国のトラベル情報番組の司会者に娃娃が予定されているそうです。

どちらのチャンスもうまく掴んで、大陸での人気が上昇するといいですね。
Posted by alt at 14:08 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月06日

 692. GRAMMY GOLDの10周年記念コンサート

8月28日、GRAMMY GOLDの10周年記念コンサートが開催されます。
場所はMAUNGTHONG THANEEの「IMPACT AREENA」。



出演アーティストは、China Dollsを筆頭に Got Juckkapan, Palaphol, Lanna, Punch, plub, Nantida, Eed Fly, Pan, Tai Orathai, Thai Tanawut, Mike, Taxi, Seur, Siriprn, Orawee等と、なかなか豪華な顔ぶれ。

No. 673で紹介したとおり、China Dollsは今回初めてルークトゥンの「รองูเข้าฝัน」(roo nuu kao fan)を歌いますから、
どんな歌い方をそしてダンスを見せてくれるのか、かなり楽しみですね。
(ただしアレンジバージョンらしい)

GmemberのココGMMstarに情報が掲載されています。

上の写真では小さくてよく見えませんが、China Dollsは……
Posted by alt at 10:19 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月05日

 691. 新MV続報

先月28日に発売予定だった「Hula Hula Party Dance」ですが、順調に遅れているようですね。
やはりタイのCDは、こうでなくちゃってぐらいのもんですよ

でもSLY氏のBlogのこのエントリーによると、新バージョンのMVが完成しているようです。
ということは、早ければ今月末ごろにも発売されるかも知れません。

今度のMVは、こんな紅蓮の炎のようなコスチュームと、白黒ベースのコスチュームが
あるみたい。どちらも激しくも情感タップリのダンスによく似合います。
わざわざ新調するなんて力が入ってますね。
Copyright © 2005 GMM, Encore
Posted by alt at 20:01 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2005年07月04日

 690. Hotwaveのイベント 2

No. 687に追加。
GmemberのニュースページでHot waveのイベントが紹介されています。
Hula Hula、Rorn、それにGenie jahを歌った模様。

前のエントリーになかったJenniferの写真と、会場の様子。
Copyright © 2005 GMM Digital Domain Company Limited.

この会場の混みようはスゴイ。これがまさに「立錐の余地もない」状態です
歌に合わせて踊りたいファンもいただろうに、この人口密度じゃあねぇ。
熱狂がピークに達した瞬間、体育館の床が抜けてしまいそうです

--- Jul.5 追記 ---
プンプイ@オーサカさんからのご提供情報です。

ThaiAlbumsのギャラリーにHwaHwaとJenniferの写真が。
ちょっと珍しい組み合わせの2ショットですね。
Copyright © 2005 www.thaialbums.com
Posted by alt at 00:41 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年07月03日

 689. 2005 Tiwa Hula Hulaの歌詞

eotodayの後継サイト、Gmemberから。

ここしばらくチェックできないでいたところ、いつの間にやら
このページで2005 Tiwa Hula Hulaの全曲試聴と歌詞の表示が
可能になっていました。

サイトのポリシーから歌詞の掲載はしませんが、その代わりに
合法的に歌詞を掲載しているサイトをご紹介しておきます。

歌詞に興味がある方、カラオケで歌いたい方は要チェックです。
Posted by alt at 23:35 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年07月02日

 688. Hollywood pubでのライブ

6月23日に、ラチャダーの巨大なディスコ「Hollywood」で2005 Tiwa Hula Hulaの
ライブが行われました。
このライブには日本からも数名のファンが参加した模様です。

以下の写真は、そのライブに参加されたLamyayさんからご提供いただきました。
ディスコでは入場時にカメラを預けなければならない規則だそうで、これらはすべて
ケータイで撮影されています。
Lamyay-san, Arigato (^^)
Copyright © 2005 Lamyay

さすがに巨大ディスコだけあって、ステージも広いですねー。
ステージの背後にそびえる巨大な金色の像は、オスカーでしょうか

客席の最前列でも、ケータイで撮影しているグループが。日本人ファンかな?

それにしても、気になるのが2005 Tiwaの靴。
BellとHwaHwaはハイヒールなのに、他の3人はいつもスニーカーなんですよ。
特に靴で身長をそろえているわけでもなさそうだし。

それ込みで衣装になっているのか、はたまたメンバーの好みが反映されて
いるのか……どっちなんでしょう?
Posted by alt at 20:26 | Comments [12] | Trackbacks [2]

2005年07月01日

 687. Hotwaveのイベント

6月23日に行われた、Hotwave 91.5 FMのイベント「Concert TarmSung」の写真です。
このイベントには、2005 Tiwa Hula Hulaのほか、BodyslamとM Thestarが参加した模様。
タイの誰に聞いても若い子向けのイベントだから、と興味なさそうだったのが印象的

いつもの白い衣装とは違って、思い思いの衣装(私服?)で参加。
HwaHwaが着ているピンク色の服は、4月16日のファンイベントで着ていたものです。

Copyright © 2005 a-time media, Thai Popper's Paradise
Posted by alt at 23:56 | Comments [2] | Trackbacks [0]