2006年10月27日

 812. Siam Muang Yim試聴

本日 Hotwave で放送された Show Girls (โชว์ เกิร์ลส์)の
Siam Muang Yim (微笑みの国サイアム)です。

ノイズクリーニングを行ってみましたが、音質はかなり悪いです。
↓インタビュー全編
Show Girls Interview.mp3 (11MB)

↓上の番組から歌だけ切り出したもの
Siam Muang Yim.mp3 (3.45MB)

古き良きハリウッドもしくはブロードウェイ的で、とても明るい曲調ですな。
オリジナリティはないけれど、ポップでキャッチーで良い出来といえましょう。


言っても仕方ないことだけど。HwaHwaが欠けると歌声にパンチがなくなるねぇ……
Posted by alt at 21:25 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2006年10月26日

 811. ついにベールを脱いだShow Girls!!

昨日、タイの各メディアにShow Girls (โชว์ เกิร์ลส์)の紹介記事が掲載されました。
Vicky-san, Pumpui@Osaka-san, arigato

記事の詳細はコチラ。
kapook.com
sanook.com

従来は縮小した画像を掲載しておりますが、全力応援キャンペーン中につき
今回はドーンと原寸で表示しちゃいましょう

Copyright © 2006 GMM, kapook.com

前回の黒系でシックなコスチュームと正反対に、ベースカラーは金。
実にタイランドテイストなゴールドで構成され、パンツはタイシルク製とゴージャス。
BellのおなかのTattooが見えないデザインになっているのは偶然か、はたまた意図的なものか

おなじみWorld of HwaHwa や Thai Popper's Pradiseによると、
今回のコンセプトは「タイ女性の美しさを表現したバラエティ・ダンス」
現在FMラジオで「Siam Muang Yim(微笑みの国サイアム)」が放送されて
いるとのこと。

CDの発売日は11月21日、VCDは一週間遅れの28日らしいです。
その頃、タイへ行くヒトはぜひともチェックしてください。

もちろん、今後HwaHwaのニュースも大いに取り上げる予定です。
Posted by alt at 13:09 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年10月25日

 トラックバックに関して

最近、またもやスパムが増えてきましたので、ちょいとトラックバックの仕様を変更しました。
もともとこのBlogのトラックバックは反応がよくないのですが、エラーが頻発するようでしたら
お知らせください。
ちなみに、エラーが出ても書き込めていればOKです (^^)b

それにしてもこのBlogにスパムが少ないのは、そういった小細工のおかげ……と思っていたら
管理ログを見たところ500以上もスパムが溜まっていました。毎日数十通も来てたのね(^^;

なるほど、Movable Type君はちゃんとスパムを見分けて、削除していてくれたんだ。
使いにくいBlogだけど、締めるところは締めてあります。エライぞ。

Posted by alt at 13:06 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年10月23日

 810. 新プロジェクトShow Girls始動!

World of HwahwaJILLさん一休さんのBlog、ウチの掲示板でも話題になっていますが、
昨日、タイのテレビで新プロジェクト「Show Girls」が紹介されたそうです。
(スペルは未確認。タイのヒトはShow Girlと単数形で書いてます)

--- 06.Oct.24 追記 ---
プンプイ@オーサカさんによると、CD発売予定は11月21日だとか。
--------------------

すでに多くの方がご存知の通り、このプロジェクトにHwahwaは参加しませんでした。
それに関しては、別のエントリーで取り上げる予定。

複雑な思いはあるのですが、予定通り
新アルバム強力宣伝モードで行きます。文句あっか

Show Girlsの出で立ちは、こんな感じ。
黒を基調として白を配色したコスチュームは、2005 Tiwa Hula Hulaの
Kuen neeの衣装を彷彿とさせます。 なぜか皆、マネキンっぽい

今わかっていることは、 Thanks, GODZA
・メンバーはBell, Kat様, Jennifer, Yaya Yingの4名。

・プロジェクト名は、従来の2002、2005と続いた西暦を冠したものではなく、
Cover Gilrs系?

・音楽はタイpop風(ここよくわからんです) タイ音楽調

・Bellは「ジャズダンスなどを基本から練習しなければならなかったので、筋肉痛の毎日だった」と
語っています。ダンスは激しいものなんでしょうか

・話がHwahwaのことに及ぶと、YaYa Yingが「私たちはHwahwaのことをとても残念に思ってます。
今、彼女は台湾に戻っていますよ*1」と語り、レポーターが「Hwahwaは台湾でドラマの女優になるようです」と
付け加えた。
(これに関しては、情報に不正確な点がありそうですね)
*1 Hwahwaはしばらく台湾にいましたが、今はタイへ戻っているはず。

2002、2005で定評のあるアーティストたちが、全力で取り組んだ
新プロジェクト。完成度が楽しみです。
アルバムの発売は11月下旬を予定しているようですが、今度は遅れなしを期待していいのかな?
Posted by alt at 21:58 | Comments [8] | Trackbacks [2]

2006年10月09日

 809. 実験:行進曲バージョン

今日は全国的に体育の日でもありますし、
近隣某国の動向が気になるところでもありますが…… ちょっと実験、実験。

体育の日といえば運動会。
運動会につきものなのは、何と言っても行進曲ですね。

と、リズム隊が練習しているのか、勇壮なマーチのリズムが聴こえてきました。
The March 1

続いて、楽器の演奏が加わります。
The March 2

これにメロディが加わりました。
The March 3

ん? なにやら聞き覚えのある曲です

さらに耳をそばだててみると……歌をささやいているようです。
音程感はありませんが歌詞が微かに聞き取れます。
The March 4

ささやきではフラストレーションがたまるので、
思いっきり歌っていただきましょう。

中國娃娃は「哥哥妹妹採茶歌」(詞:許常徳、曲:Chatchai Chebamnet)の
行進曲Remix by altです。
The March 5

学校の運動会に、こんな行進曲は如何でしょうか?
GMMはChina Dollsのリソースをもっと活用すべきだと思う。

さて、ここで問題です。

上のどこからどこまでが著作権的にセーフで、どこからがグレー、
またはアウトでしょうか?

確かこれまでコード進行に著作権を主張した例はなかったハズ。

さらにコラージュ、リミックスなど既存作品の発展的再利用を
手法としたゲージツの存在も忘れないで考えてね。

答えは……著作権者に聞いてください。それが答え

このエントリーはあくまでもコラージュの実験を目的としています。
著作権者からのご指摘があれば、しかるべき対応をいたします。
These musics are just the experimentals. No copyright infringement intended. Please advise me if there are any problems.
Posted by alt at 14:38 | Comments [7] | Trackbacks [0]