2006年11月22日

 818. 2007 Show Girls発売!

予定通り21日に、2007 Show GirlsのCDが発売されました。

ジャケットを前回よりクリアな画像で。
この画像は、一休さんのBlogからパクってきたものです


さらに、タイから最新のBell画像が到着しました。


シルク法度、もといシルクハットが粋ですな。
誰ですか、視線が画像の下の方に吸い寄せられているのは?
Posted by alt at 22:13 | Comments [9] | Trackbacks [0]

2006年11月19日

 817. 2007 Show Girlsまもなく発売!

いつの間にか名称が「2007 Show Girls」に変わっていたグループが
まもなくリリースする、同名アルバムのコンテンツが明らかになりました。
Thank you, wilson.

CDの発売日は21日、VCDは28日です。
この時期、大挙して日本からファンがタイへ行くのですが、
発表会などのイベントに参加された方は、ぜひ様子を教えてください。

ジャケットはこんな感じ。後日もっとクリアな画像にサシカエます


収録曲は、いつも通りの10曲。
No. Title
1 Ooh la la
2 Siam muang yim
สยามเมืองยิ้ม
3 Lady moonlight
4 Can do can dance
5 Kon jai ngai
คนใจง่าย
6 Eyes in the sky
7 Chun jah doo lae tuk nar tee jark nee pai
ฉันจะดูแลทุกนาทีจากนี้ไป
8 Torng garn arai jark chun?
ต้องการอะไรจากฉัน?
9 Grasae kao mar si
กระแซะเข้ามาสิ
10 Geb nam tar wai hai gub tua eng
เก็บน้ำตาไว้ให้กับตัวเอง

この中にBellがソロで歌う曲もあるのでしょうか?
きっとあると期待。

↓カラーコンタクトが決まっているBell。瞳に吸い込まれそうです
Copyright © 2006 BigBigBell.com

Grammyのオフィシャル宣伝写真はこんな感じ。
Copyright © 2006 Grammy

上の写真は、アルバム第1曲のOoh la laの衣装だと思うのですが、
このMVは大変凝った作りになっています。必見。
http://www.youtube.com/watch?v=4_0t8jLMIhM
Thank you, AME-san.

MVに関しては、またあらためてエントリーを設けるかも。
Posted by alt at 11:59 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2006年11月04日

 816. 彼女が契約しなかった理由2

World of HwaHwaのForumにKunggaがラジオEFMの放送データと
その英訳を掲載してくれました。前のエントリーより、詳細な内容が
記載されています。
Thanks, Kungga.

放送データは、ココ。
wmv形式の動画で、約11MBあります。

まず、HwaHwaのインタビュー内容を男性DJが代読します。
以下は、その日本語訳。新幹線に間に合うギリギリまで訳にトライしてみます
---------------------------------------------------
私はShow Girlsのアルバムに参加しませんでした。私は友達たちと問題が
あるわけではなく、いまでもとっても仲良しです。

GMMとの契約終了後、GMMは「プロジェクトに参加するか」と尋ねてきました。
私は「アルバムごとの契約はできますか」と質問したところ、最初GMMは
「出来ません」と回答したので、私はGMMと契約しませんでした。

その後しばらくして、GMMは「契約可能」と回答してきました。でもそれでは
他のアーティストが、GMMは私を優遇していると考えるかもしれないと思ったので、
やはり契約しませんでした。

また、私は弟の仕事の手伝いをするために、頻繁にタイと台湾を行き来しなければ
なりません。私は台湾との仕事をしている弟のためにタイ語と中国語の翻訳をしているんです。

私がタイへ戻ったとき、BellがGMMと契約したことを知りましたが、私は怒りませんでした。
誰でも人それぞれの考え方があると思いますから。

なにより重要だったのは、私がChina Dollsスタイルのアルバムをもっと
作りたかったことです。GMMにはChina Dollsのアルバムを作る計画が
ありませんでしたので、私は契約しませんでした。
---------------------------------------------------


その後、Bellのインタビュー音声が続きます。
---------------------------------------------------
私の回りからピンク色が消えてしまったようです、だってHwaHwaがいれば、
いつも回りにピンクのものがありましたから。

私たちは本当は一緒に仕事をしたかったのです、一緒に楽しみたかったんです。
(それができない)今は、ちょっぴり寂しいですね。

質問:最初ニュースがあったとき、あなたも参加してませんでしたよね?
(ちと意味不明のため適当に訳)

私たちは一緒にChina Dollsを始めましたので、辞めるときも一緒でした。
私はいつもHwaHwaと一緒にいました。

(最初)私もGMMと契約しないつもりでしたが、Kat、JennyそれにYaYa Yingと
話した結果、私はプロジェクトに参加し、彼女たちと一緒に仕事をすることにしました。

HwaHwaとの仲はいいですよ、でも彼女は彼女なりの考え方があって
プロジェクトに参加しませんでした。

質問:あなたのアルバムを作る予定がありますか?
なんとも言えません。いまはShow Girlsのアルバムを完成させるのが先です。
---------------------------------------------------

HwaHwaは、今回のことで説明をするとき、「Reason」という
単語を よく使います。

「契約しなかったのも理由がありますし、
私が存在するのも理由があります」といった具合に、
何度か哲学的な言い回しで使うこともありましたので、
このReasonは「理由」ではなく、 「縁」と訳すべきなのかなと
思う今日この頃。

「契約しなかったのも縁、私が存在するのも縁」
敬虔な仏教徒のHwaHwaならではですね。
Posted by alt at 07:32 | Comments [10] | Trackbacks [0]

 815. 彼女が契約しなかった理由

同じ新聞(dailynews.co.th)の記事を元にしているようですが、
複数のサイトで、HwaHwaがShow Girlsに参加しなかった理由が解説されています。

http://hilight.kapook.com/view.php?id=3796
http://news.sanook.com/entertain/entertain_43524.php

この他にももう一箇所あって、そこにはHwaHwaの巨大な写真が貼られていたのですが、
URLが変わってしまったようですね、残念。


タイ語を表示できないヒト、ごめん。元記事の全文を引用します。
-----------------------------------------------------
เหตุ "หว่าหวา" ไม่ต่อสัญญา "ไชน่าดอลล์" ถูกดองยาว

ปล่อยให้เพื่อน ๆ ออกอัลบั้มชุดใหม่ “โชว์เกิร์ล” แบบไร้เงาสาวหมวย หว่าหวา-สุภัชญา ลัทธิโสภณกุล เลยจุดกระแสแมงเมาท์ลือสนั่นอีกว่า สาวหว่าหวา ไม่ต่อสัญญาแกรมมี่ฯ แถมแอบน้อยใจต้นสังกัดถูกดองงานของไชน่าดอลล์

เกี่ยวกับเรื่องนี้ หว่าหวา เปิดใจว่า “การที่ตัวเองไม่ได้ร่วมงานในอัลบั้ม “โชว์เกิร์ล” ไม่ได้มีปัญหากับเพื่อน ๆ เลยค่ะ ยังสนิทกันเหมือนเดิม ช่วงที่หมดสัญญาพี่ ๆ ที่แกรมมี่ก็มายื่นถามว่าจะต่อสัญญามั้ย หว่าหวาเองก็บอกกับพี่เขาไปตรง ๆ ว่าขอต่อเป็นอัลบั้ม ๆ ไปได้หรือไม่ ก็คุยไปคุยมา มันไม่ได้ ตัวเองเลยไม่ต่อ พอมาตอนหลังพี่เขาก็จะอนุโลม

แต่เมื่อตัวเองกลับมามองว่าเดี๋ยวเพื่อน ๆ จะคิดว่าไม่เหมือนกัน เลยกลับมาคิดว่าไม่เอาดีกว่า ประกอบกับช่วงที่ผ่านมาตัวเองต้องบินไปมาระหว่างไต้หวันเยอะ เนื่องจากไปช่วยเป็นล่ามให้น้องชายที่ไปทำธุรกิจที่นั่นค่ะ เลยคลาดเคลื่อนไม่ได้เซ็นสัญญาต่อ พอมาถึงเมืองไทยก็ได้รู้ว่า เบลล์ เซ็นต่อไปแล้ว ตัวเองก็ไม่ได้โกรธเพื่อนนะคะ ทุกคนมีเหตุผลของตัวเองค่ะ ที่สำคัญหว่าหวาอยากทำอัลบั้มในนามไชน่าดอลล์มากกว่าด้วย ซึ่งแกรมมี่ก็บอกว่ายังไม่มีแพลนจะออก ตัวเองก็เลยไม่เซ็นสัญญาต่อค่ะ”
-----------------------------------------------------

以下に抄訳を掲載します。
----------------------------------------------
HwaHwaがGrammyと契約しなかった理由

HwaHwaは他の4人が参加した今回のShow Girlsプロジェクトに加わらなかった。
ウワサの中には、China Dollsプロジェクトを継続しなかったGMMに対して、HwaHwaが
好感を持っていなかったという説がある。

HwaHwaはインタビューにこう答えている「私は他の4人と今でも親友だし、友人関係に
問題があるわけではありません」

当初、HwaHwaはGMMの各プロジェクト(訳注:2002, 2005, Show Girlsのような特別プロジェクト)毎に
契約しようと考えていたが(訳注:他の仕事もできるように)、そういう契約形態は他の4人に不公平だと
思ったし、弟のビジネスで通訳をするため、しばしば台湾へ行く必要があった。
そのため、彼女はプロジェクトに参加しない道を選んだ。

なによりも一番の理由は、HwaHwaが特別プロジェクトよりもChina Dollsのアルバムを
リリースすることがより重要であると考えたことだ。
----------------------------------------------

エピソード2の件と併せて考えると、GMMがどういうスタンスを取っているのか、
なんとなく想像できますね。

China Dollsというグループを、Bell&HwaHwa以外の誰が演じられるというのでしょうか?

ただ唯一嬉しいことは、上記サイトにファンから数多くの声援が寄せられていることです。
Posted by alt at 00:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年11月02日

 814. HwaHwaの心情

今回、HwaHwaがShow Girlsに参加しなかったことに関して、
彼女自身の声明がWorld of HwaHwaのフォーラムに書き込まれています。
http://www.hwahwaworld.com/forum/viewtopic.php?t=502

例によって、日本語に訳してみました。
はっきりした理由は書いていませんが、HwaHwaとしても苦渋の選択
であったことが読み取れます。

----------------------------------------------------------
i am still here with u guys ^^

i think u guys already know there is sth happening..there is sth changing..but believe me in one thing that everything happened by reason..i used to be weak,i used to be sad,i used to be confused..but i am still standing here & being stronger,just becos of ur love & understanding..i appreciated that u guys always worry bout me concern bout my feeling..i am really ok now..and believe me that i am still trying my best in everything..cos i will never let u down,ok??just like u guys never let me down too
----------------------------------------------------------

皆さんとともに ^^

皆さんは、すでに「何か」が起こったことをご存知だと思います。
(私を取り巻く環境に)とある「変化」が起こりました。

でも、すべての変化は「理由」があって起こったということを信じてください。
(その変化で、一時期)私は落ち込みもしましたし、悲しい思いやとまどいを感じました。
しかし今の私はすっかり立ち直っています、しかも以前より強くなって。

私が立ち直れたのは、すべて皆さんの愛と理解のおかげ……皆さんがいつも
私を気にかけ、私の心情を思いやってくださることに感謝します。

私はもう大丈夫です。そして私はすべてのことにベストを尽くしていることを信じてください。
私が今後皆さんをがっかりさせることは決してありませんから。ok?
皆さんが私をがっかりさせたことがないのと同じように。
----------------------------------------------------------

この子は、決して他人のことを悪く言わない子ですね……。
どういう経緯で、どう振り回されて、こういう結論に至ったのか
全部書いてしまえばいいのに。

HwaHwaが決して安易な気持ちで、Show Girlsに参加しなかった
のではないことだけは、理解してあげてください。

そしてまた、Show Girlsのメンバーからも何度も慰留があったこと、
Bellを始めメンバーとの友情も、いまだ変わりなく続いていることを
明記しておきます。

そしてまた、HwaHwaこそが最もChina Dollsという存在を大切にし、
誇りに思っている女性だということも。

HwaHwaにならって、私もすべては書きませんが、折りを見て書き足します。
HwaHwaの気持ちを思うと心が痛みます。すげーツライ……
Posted by alt at 00:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年11月01日

 813. Siam Muang Yim MV(YouTubeネタ解禁)

これまで自主規制してきましたYouTubeネタを、今回から取り上げることに
しました。YouTubeはネタの宝庫

World of HwaHwaでtopsterが、ウチの掲示板でりんたろうさんが
教えてくれた情報にして、記念すべきYouTubeネタ解禁第一弾は、
Show Girlsの Siam Muang Yim (สยามเมืองยิ้ม) 「微笑みの国サイアム」!
Thanks topster & Rintaro-san.

http://www.youtube.com/watch?v=403-fXf33Zo
まずはBellのアップ 金ピカで埋め尽くされたステージ
Show Girlsはいい笑顔を見せてます すっかり妖艶な女性になったBell
予想通り最後はラインダンスで締め これぞタイ式ブロードウェイ!
Copyright © 2006 GMM

先週放映されたChannel 9の映像はコチラ。インタビュー付き。
pumpui@osaka-san, Arigato

http://tna.mcot.net/i-content.php?clip_id=qJ2cpqQ

画像は小さいですが、HwaHwaがメンバーから抜けたこと、
台湾でテレビの仕事をすることなどが紹介されているようです……たぶん。
タイ語はほとんど聞き取れません
Posted by alt at 01:49 | Comments [7] | Trackbacks [0]