2006年01月10日

 750. Hula Hulaのカバー曲のMV

No. 747の続報です。これもfeelクンご提供。

Hula Hulaのカバー曲「Woosa」のMVが試聴でき……たのですが、今はファイルが削除されています。
興味のある方は、CD+VCDパッケージをお買い求めください。

台湾のアイドルpopが、どんなものかお分かりいただけるでしょう。

オリジナルの「Hula Hula」よりも予算をかけたMVを作っているところが
にくたらしいねぇ

ちなみにこの王心凌は、ポスト蔡依林と鳴り物入りで登場したんだけど
歌唱力がイマイチなので、いつまで持つか……
Posted by alt at 01:42 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2006年01月09日

 749. 中國娃娃の新アルバムが登場

ババさんが台湾で発見し、Wilsonクンが詳細を教えてくれた最新情報です。
Arigato, Baba-san, Wilson.

なんと台湾で中國娃娃のアルバムが発売されました!!

タイトルは「賀歳中國年超値精選輯」


ただし、中身は2枚組みの「加多一點々」と、4曲の新年歌が繰り返し
演奏される「發財發福中国年 店頭特賣版」を セットにしたもののようです。

つまり新曲はなし。既存アルバムの再利用ですね。どうやらGMM8866が
資金稼ぎに、今でも人気のある「中國娃娃の新年歌」をリリースしたというのが
真相みたい。このアルバムのメリットは、3枚組みでしかも安い! それだけ
ですね。「加多一點々」をまだ持っていないヒトにはお買い得といえましょう。

CDの概要はココココに書かれています。

ところで、GMM Taiwanはクローズしたと報道されていたはずだし、
実質的に後裔となるGMM886のサイトは、アクセスできなくなって
久しく、てっきりツブれたものと考えていたのですが……。
http://www.gmm8866.com.tw/

まだアルバムを企画するだけの力が残っていたとは。

GMM Taiwanは中國娃娃で始まり、中國娃娃で終わる会社に
なりそうですね。
Posted by alt at 23:20 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年01月06日

 747. Hula Hulaの中国語カバー曲が登場

またもやWorld of HwaHwaのフォーラムから。大陸のファンfeelクンご提供のネタです。

台湾にHula Hulaのカバー曲が登場しました。


これを歌っているのは、王心凌 (Cyndi Wang) という
C-popファンなら誰でも知っている若手歌手。
いわゆるアイドル歌手でしょうか。このヒトはライブでは口パクで歌うことを、
おとといも新聞記事に書かれてました。


12月27日に発売されたばかりのアルバム「Cyndi With U」に
入っているそうです。タイトルは「Woosa」 Woosaって何さ?

--- Jan. 6 追記 ---
Woosaの意味をfeelクンから教えてもらいました。xie xie!
台湾の方言で「恐れるな」という意味だそうです。

ここで試聴できます。
かなり転送速度は遅いので、ダウンロードツールを使った方がいいかも。

作詞者の創意と才能を感じたのは、原曲歌詞との音合わせ。
中国語を読めるヒトは読んで、そうでないヒトは
上の音声ファイルを聞いて比べてみてください。

Woosa
詞:談曉珍
Woosa Woosa 放輕松快樂搖擺 張開雙手 迎接藍藍大海
Woosa Woosa 把煩惱通通抛開 Say Ye Say Ye
Woosa Woosa 烏雲飄來 揮手Bye Bye
晴空萬里 太陽可愛 風吹過來 速度有一點快
想愛就跟上節拍 眼涙放假 悲傷轉台
愛靠過來 大聲Say Hi 沒有答案 就別問Why Oh Why
想愛就把心打開 不累不累 再往前飛 准備准備 愛在心扉

内容は、とっても前向きなラブソングです。

Cindiのアルバムがヒットすれば、2005 Tiwa Hula Hulaが台湾で
ヒットしたりするかも?
Posted by alt at 01:00 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年09月06日

 722. China Dollsよ永遠なれ

さて。
このサイト始まって以来、最も重いテーマを語るべき時が来ました。

7月5日、Thai Popper's Paradiseでも取り上げられた「チャイナドールズ解散報道」の一件は、いまでも記憶に新しいところ。
それに関わるバックグラウンドで、私が知っている限りのところを全てお話ししましょう。

最初に確認しておきますが、
China Dollsは解散しません
ちょっと考えればわかることですが、解散するメリットがないからです。

Bellの活動休止宣言

9月4日にBellの個人サイトであるBigBelle.comフォーラムに、Bellが「about disband」と題して次の書き込みをしました。ついでに訳を付記しておきます。
---------------
I want u guys know about this becos so many fans ask about it. I want all of u know that we r not
disband. I and hwahwa always b good friend and we always b chinadolls. but just want stop it for
now. We'll do it for sure if we have a chance in the future. and I hope u guys still always support
us forever. Can u promise me? I love u all. Chinadolls love u guys forever.

---------------
たくさんのファンから問い合わせをいただきましたので、解散の件についてお話しておきたいと思います。
まず「China Dollsは解散するのではない」ことをご理解下さい。
私とHwaHwaはずっと親友同士ですし、私たちはこれからもChina Dollsのメンバーです。
でも、今だけChina Dollsであることを休んでみたいと思います。
私たちは将来チャンスがあれば必ずChina Dollsとして復活します。ですから、みなさんには これまでどおり
ずっとChina Dollsを応援していただきたいのです。約束してくれますか?
私はみなさんが大好きです。China Dollsはみなさんを永遠に愛しています。
---------------

この書き込み以来、ウチのサイトのカウンターの回り方が速くなりました。
HwaHwaサイトをのぞいてみると、これまた日に400前後と異常な速さで回っています。

この件は、China Dollsファンの最大の関心事ですからムリはないかと思います。
でも、多くのファンは全然驚いてないんですよ。なぜなら、Bellの活動停止宣言に至るまでの経緯には、とても長い歴史があるからです。

始まりは……

--- 2004. May

最初に解散という言葉が表に表れたのは、いまは亡きChina Dolls Clubでのこと。
タイのファンが2004年の5月に、Thairath紙に掲載された解散の可能性をほのめかす記事に言及しています。
(このとき数日分のタイラット紙を探してみましたが、タイ語が読めない哀しさで結局見つからず)

もちろん、BWがリリースされた直後のことですから、信憑性の低い情報ですし、Grammy側だってそれを認めるわけはありません。
しかし、BellとHwaHwaの契約更新が6月に迫っていたことを考えると、彼女らの頭には、それぞれが思い描く目標を追求してみたいという考えが芽生えていたのかも知れません。

真相はともあれ、このとき「解散」という言葉に対する免疫がファンの間に形成されたのは間違いないでしょう。

なぜ台湾紙が?

--- 2004 Oct.

その解散騒動が収まった10月、今度は台湾の新聞「中時電子報」に「中國娃娃長大 造型單飛」と題した記事が掲載され、娃娃がドラマに興味を示していることが書かれています。
このときは、まだスタイル(衣装)の方向性が異なってきたと書かれるのみで、特に解散については触れられていません。
台湾のファンも、特にこの記事を重要視していませんでした。

以下に引用します。
---------------
【中時電子報 】 趙雅芬/台北報導
還記得裝扮可愛,跳舞曲的中國娃娃嗎?2年不見,團員娃娃和貝兒不僅都大學畢業了,也都從小女生轉為小女人的裝扮,變得更亮麗成熟。在泰國工作不斷的她們,前陣子受邀到日本演出,再開拓了新的市場,對於暌違許久的台灣,娃娃說:「我很想來演偶像劇。」

中國娃娃17、18歲就出道,當初泰國把她們塑造成可愛的娃娃形象,她們劉海短髮的髮型,和帶著搞怪的裝扮,吸引不少人的注意,不過,她們穿著打扮太過一致,搯_來有如一對雙胞胎姊妹,讓人分辨不出來。

去年她們分別從泰國的大學畢業後,不再為學業分心,也更突顯自己的造型。拿掉牙套的貝兒,喜歡走搖滾龐克路線,下了舞台,她是性格十足的女生,娃娃看起來像姊姊,但卻是標準的粉紅一族,任何粉紅色東西她都熱愛,裝扮也偏向裙裝的淑女造型。

前陣子她們應邀赴日本演出,推廣泰國的觀光旅遊,一到關西機場,有日本歌迷舉牌歡迎她們,讓她們大吃一驚,她們連續好幾場演出,也都有不少歌迷來要簽名;娃娃說,最讓她們驚訝的是,日本歌迷為她們設立的網站,比台灣、泰國歌迷設的網站還多,也更加詳細,連她們自己都忍不住上日本的網站查看自己的近況呢。

由於娃娃的媽媽在台灣,娃娃偶爾會回台灣探望媽媽,看到台灣偶像劇紅遍各地,女大十八變的她,也有興趣單飛演戲,她說,她大學念中文系、輔修日文,中日文的台詞對她來說,都沒問題啦。
---------------
大阪へ来たとき関西空港へ出迎えに行ったファンって、JILLさんでしたよね? そのことが書いてありますよ
んー、ウチのサイトのことも書いてある

--- 2004 Nov. Dec.

11月と12月、自由時報に中國娃娃不仲説が掲載されます。内容はゴシップめいた中傷記事のため、どこまでが事実なのか……。
そういう訳で元記事は掲載しません。

ところが12月31日付の「蘋果日報」に、中國娃娃が解散する可能性があると明記した記事が掲載されました。

以下の記事で、娃娃は台湾での仕事に関心を示していることが分かります。
---------------
【張哲鳴╱台北報導】
六年前,泰國女子團體「中國娃娃」以《單眼皮女生》打響名號,但很多人不知道,團員之一的娃娃(陳冠樺)其實是個台灣女孩,八歲時才隨父親到泰國念書。別說求學時,同學常搞混她的國籍,直到現在,走唱亞洲各國,仍常被弄混。雖然自覺沒歸屬感,不過面對誤解、嘲笑,她早懂得一笑置之!

星大十八變
娃娃的媽媽是台灣人,爸爸是廣東人,她在台灣出生,曾念過台灣的幼華和復興幼稚園,八歲那年,爸爸赴泰國做生意,她和奶奶便到泰國和爸爸同住,媽媽則留在台灣。國小、國中、一直到大學,她都在泰國念書,這段時期,「妳到底是哪裡人?」「妳不是泰國人!」這類疑問便一直充斥她的生活。

被誤當泰妞
十九歲那年,她被星探發掘,與另一個泰國女生「貝兒」合組團體「中國娃娃」,先在泰國推出唱片,隔年再到台灣高唱:「大錯特錯不要來,污辱我的美!」不過到了台灣,原以為回到自己的故鄉,卻還是被人質疑:「她應該是泰國人吧!」
近兩年,她暫別台灣市場,仍在泰國發展,甚至常到日本、新加坡演唱宣傳,到了異國,還是沒人搞得清她的國籍,娃娃說:「小時候常會被問,甚至會用異樣眼光嘲笑,以前真的會難過,但現在不會了,只是覺得好笑,就一笑置之囉!」

不排斥單飛
娃娃說:「其實我還是最喜歡待在台灣,畢竟是自己的國家。」今年,她自泰國的大學畢業,開始認真思考未來的方向,她不排斥單飛,最希望能回台灣工作,「我還是喜歡唱歌,也想嘗試演戲。」

中國娃娃之娃娃
本名:陳冠樺
年齡:25歲(1979.6.12)
身高:167cm
國籍:中華民國
學歷:台灣幼華幼稚園 台灣復興幼稚園 泰國國中、高中 泰國Abac國際大學
作品: 在台灣發行《單眼皮女生》、《萬歲萬歲萬萬歲》等6張專輯,在泰國發行10張專輯。
--------------
タイでは台湾人と言われ、台湾ではタイ人だと呼ばれ……
娃娃って、苦労しながら育ってきたんだねぇ  でもこの記事、profileに間違いが多いな。

この頃から、マレーシアのファンが騒ぎ始めます。

ついに心は定まった!?

--- 2005 Jan.

1月にHwaHwaの大学で卒業式があり、1月25日付けの「星報」「中國時報」「聯合報」「民生報」の各紙に、今後、娃娃は台湾で演劇をメインに活動すると断言して書かれています。

しかし、実際は娃娃は今年の夏まで進路を決めかねていたのが事実なのです。

--------------
【2005-01-25/星報/C3版/青春探索 記者 賴怡鈴/報導】
以妹妹頭造型在台灣打開知名度的中國娃娃,其中在台灣出生的娃娃陳冠樺,今年初自泰國的國際大學中文系畢業,畢業典禮當天,娃娃備受矚目,不少學生和家屬拉著她簽名、合照,還有長期支持她的日本歌迷現身校園,讓娃娃又驚又喜,這位歌迷以多年蒐集的資料,製作了她的專屬網站,供歌迷交流,聽到歌迷的心意,娃娃當場感動落淚。

結束兼顧學業和事業的生涯,娃娃決定全力在演藝事業上衝刺。她認為台灣市場相當重要,以希望能在台灣發展唱片之外的演藝工作:偶像劇、鄉土劇、主持來者不拒,因她去年10月曾來台先行探路,不過很多人都以為她需要中文翻譯,加上少了另一個夥伴,不少人都以沒有新話題、沒有太多魅力為由拒絕,讓她相當傷心,但也因此讓她下定決心,要從零開始再戰台灣市場。陳冠樺說:「我不放棄任何機會,我中文聽說都沒有問題,所有的演出工作我都會珍惜,當作是全新的挑戰和磨練。」
--------------

他紙の記事も大同小異。
ここにも私のことが書いてありますが、これは大ウソです。だってパスポート持ってないのにどうやってタイへ行けるんだっつーの。
どうやらHwaHwaのサイトにProfileデータを提供したことから、誤解が生じたようです。このテのゴシップ紙って、ウラ取らずに
妄想で記事を書くから困りもの。


--- 2005 Mar.

さて、台湾での仕事に新天地を見出すことを決めた娃娃、と思いきや!?

【2005-03-14/星報/A2版/嗆辣爭議院】 記者 李雨勳/報導に、こんな記事が掲載されました。
以下は、関連部分の抜粋です。

--------------ここから抜粋
今年6月,「中國娃娃」與泰國公司約滿,還不知道會不會續約,娃娃想將工作重心擺在台灣,將台灣經紀簽給「達人」公司,Bell則打算出國繼續唸研究所,娃娃說:「我不確定『中國娃娃』會不會解散,但每個人都有想做的事情,我的媽媽與外婆都在台灣,所以我想留在這邊試試,不管演戲、唱歌、主持都可以。」
--------------ここまで抜粋

6月にGrammyとの契約更新の時期が来るが、娃娃は契約を更新するかどうかまだ決めていない。しかも中國娃娃は解散するかどうかも決めてない。ただし、台湾での仕事をメインにすえる。といったことが書かれています。

うーむ、揺れる女心?

問題の解散報道とGMM否定のウラ話

そして、例の7月4日がやってきます。
Thai Popper's Paradiseでもニュースになった、中國娃娃解散報道です。

この解散記事は「星報」のほか、7月3日付けの「中華日報」にも掲載されていました。
--------------
【2005/07/04 星報】
記者 張雅婷/報導

在台灣出過9張專輯的中國娃娃決定要解散,各奔前程。

已出道快5年的中國娃娃,以「單眼皮女孩」讓台灣觀眾認識了她們,雖然沒有大紅大紫,但是每逢節慶都可以聽到商家在播放中國娃娃的歌,如「發財新年歌」、「賀歲喔喔喔」;在泰國、馬來西亞及新加坡,中國娃娃還得過最佳重唱組合與最佳單曲等2項殊榮。

中國娃娃因為各自目標理念不同,儘管感情再好,兩人還是決定趁年輕時解散。娃娃的中文流利,一向都是由她扮演發言的角色,未來娃娃依舊會朝歌唱事業發展,不排斥與泰國及英國製作人合作,更打算主持節目,甚至前往內地拍戲。

貝兒則是對幕後發展有濃烈的興趣,也計畫出國深造舞蹈,貝兒表示,2人的默契真的很好,娃娃也很照顧她,即使中國娃娃解散,對她來說都是一輩子的回憶。
--------------
Copyright © 2005 GMM, Encore


この記事を、マレーシアの問題児が世界中のChina Dollsファンサイト(ウチにも貼って行きました)に貼りつけて回ったんですわ。
コアなファンは過去の解散騒動を経験していましたから、特に問題視しなかったのですが、これを知らなかったファン(特に台湾と中国ね)が解散報道を悲観して、サイトをクローズするわ、掲示板に泣き言を書き連ねるわで大変な騒ぎに。

そこで、事情通のあるヒト経由でGrammyに事の真相を確認していただきました。
その結果が、Thai Popper's Paradiseに掲載されたあの記事という訳です。

つまりChina Dollsは解散していない、というGrammyの回答には重みがありました。
Thai Popper's の記事は、めざましい効果があり、悲観していたファンが一日で立ち直ったほどです。

そして二人の決心は固まった?

--- 2005 Aug.

事態が急転したのは、8月のこと。BigBelle.comのフォーラムにYokが書き込んだメッセージによると、
8月13日、タイの「TV POOL TONIGHT」という番組にChina Dollsが出演し、解散報道について語ったそうです。

その内容は、最初に引用したBellのメッセージと同等のもの。
つまり二人はそれぞれの目標を追及していこうと。その間、ちょっとChina Dolls事業はお休みにしてもいいよね、ということです。

これに関してファンからBellに質問が数多く寄せられた結果、最初のBellの書き込みとなったのでしょう。

これまでと何も変わらない

唯一の問題は、Bellが「Stop」という言葉を使ってしまったこと。なぜなら、これまでのChina Dollsの仕事の仕方と、なんら変わるところがないからです。

これまで単独の仕事として、HwaHwaは台湾で司会や娯楽番組、歌謡番組への出演をこなしてきました。こういった単独の仕事形態は、既に2002年の5月から始まっているのです。


もちろんBellも、昨年から単独でのTV出演を何度か行っています。

ただ一つ従来と異なっていることは、学業から開放された二人には新しいことを始める時間が豊富にあること。それだけです。

China Dollsに終わりはない

とりあえず今は、BellとHwaHwaがそれぞれの理想を追求すべく別々の方向の道を歩みますが、それはあくまでも自分を磨くため。
決してChina Dollsの仕事をしないというわけではないのです。

極端な話、仕事の依頼さえあれば、来週にでもChina Dollsのコンサートや2005 Tiwa Hula Hulaのライブがどこかで、当たり前のように行われている可能性だってあります。

Bellが語った活動停止という意味は、その程度の軽い意味合いなのです。

ですからそう遠くない将来、また新しいアルバムでこれまでと違ったChina Dollsの魅力をファンに見せてくれることでしょう。

All About China Dollsはこれまで通り、
China Dollsのファンサイトとして継続します。

HwaHwaおよびBellの最新情報が入り次第、このBlogで報告させていただきますので、
よろしくどーぞ。
Posted by alt at 20:11 | Comments [8] | Trackbacks [1]

2005年07月10日

 696. 「風雲」再放送中

台湾の掲示板からのネタ。

毎週月~金、午前10~11時(台湾時間)に「風雲」が再放送されているようです。
まだ、中國娃娃演じるところの「娃娃殺手」は登場していない模様。
台湾の中視(中國電視)が見られるヒトは、要チェックです。

風雲と言えば、現時点では中國娃娃唯一のTVドラマ出演作。
ストーリーなどなどについては、過去のMEMOにアレコレ書いていますので
そちらをご覧ください

これを撮影したのは、かれこれ4年前のこと。放映は2002年1月からでした。
中國娃娃の役柄はなんと、悪の手先の殺し屋!
しかも武器は彼女らが手にしている人形ですよ。こんなカラフルでキュートな殺し屋が
いるのでしょうか?

ただ残念なことに、この娃娃殺手は、敵の目を欺くために子供に化けている
という設定ですので、声はすべて吹き替えです。

吹き替えでも、余裕で中国語のセリフをしゃべっているHwaHwaと、ときおり
適当に口を動かしているだけのBellの様子がよく分かります。

Copyright © 2002 中國電視事業股份有限公司

ところで、タイでも風雲のVCDを販売しているようです。音声はタイ語。
登場人物からして中國娃娃が出演したバージョンのようですが、詳細は不明。
大陸版が44枚組のところ、このBoxは1,2合わせて26枚ですので、短く編集してある
可能性もありますね。

左のジャケットで左上、右のジャケットで下中央の俳優が誰か分かりますか? 
なんと日本が誇る世界の千葉真一氏です。彼はバリバリの悪役を務めており、
これがまた濃いキャラで、存在感ありまくり
Posted by alt at 23:36 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年06月08日

 671. 我猜我猜我猜猜に出演

大陸の掲示板からのネタ。

台湾で5月29日放映された「我猜我猜我猜猜」のキャプチャ画像が
大量にアップロードされています。
たぶん大陸のファン、fellのアルバム数百枚ありますが、かなりダブってます。また、サーバーの速度が遅いので、
全部見るには時間がかかるかも。



この画像はWorld of HwaHwaギャラリーから。2月末から3月初旬の間に
収録したようです。
Copyright © 2005 World of HwaHwa

2005 Tiwaのアルバムを録音していることや、今後は女優や司会者としても
仕事をしてみたいと意欲的に話す娃娃。
「あなたもきれいになりましたよね」と司会者から褒められて、嬉しそうに
「謝謝」と言う娃娃。でも、司会は傍若無人なコメディアンの呉宗憲だけに
褒めるだけで終わるわけもなく……
「今日はセクシーな下着を着てますね」と話題がそれて、隣のアイドル歌手に
チェックさせる始末。ノリについていけない娃娃の呆然とした表情を見よ。
台湾のファンは呉宗憲に対して激怒 してましたねー。
Copyright © 2005 中國電視公司

こんな感じで、時折台湾の仕事もしているようです。
バラエティだけでなく、ドラマ出演も実現することを期待。
Posted by alt at 23:35 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年11月14日

 559. 台湾メディアの中國娃娃評

11月10日の星報から。
------------------------------
長らく消息のなかった中國娃娃が、先日の広西南寧市のコンサートに登場、2年ぶりに中国を訪問。その二人のルックスは娃娃が日本風、Bellはパンク風と驚くほど以前とは違い、その所作振る舞いもずいぶん大人っぽくなっていた。
「中國娃娃」が広西に到着するやいなや、現地のメディアに「おかっぱ頭じゃないんですか?」と訊かれ、彼女らは笑いながら「それはずっと前のスタイルですよ」と答えた。ここ数年の間に「中國娃娃」はそれぞれの目標に向かって進み、大学を卒業した娃娃はキュートでスイートな日本風のファッションを、一方Bellは個性的なパンクファッションを愛用している。
二人のスタイルの変化は南寧のイベントで高い評価を受け、また、少女だった二人が成長しますます魅力的になったことは、メディアやファンから大いに賞賛された。

現在、日本や韓国への進出をうかがっている「中國娃娃」は、先日も日本で行われた「関西旅遊展」に参加し、2万人を超える聴衆の前で「單眼皮女生」など、軽快なタイpopを歌った。日本のDJは「中國娃娃」を評して、「癒し系歌手」と称賛した。
2万人て!? 2000人もいなかったと思うけど

ここしばらく台湾に来ていない「中國娃娃」は台湾のファンを忘れたわけではなく、アイドルドラマを見るのが好きな娃娃は、いつか台湾のドラマに出演したいと語った。

------------------------------

ノリノリダンスポップで一世を風靡したChina Dollsも、ついに「癒し系歌手」と呼ばれる時代になりましたか。
確かに彼女らのキャラには、そういう一面もあるよね
2004年11月14日 15時30分
Posted by alt at 15:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年11月03日

 553. Miracle Mars プレス発表会 3

もう一回、このネタでひっぱりましょ

タイのF4ファンサイトに、Mars発表会の写真が大量にアップロードされています。

入り口はココ。
http://www.f4bo-thailand.com/

写真を貼ってあるページへの直リンクはココ。
http://www.f4bo-thailand.com/forum/viewtopic.php?t=1060
http://www.f4bo-thailand.com/forum/viewtopic.php?t=1048

やはりっつーか当然っつーか、ほとんどVicの写真です(笑)

---追記 12:30---
久しぶりにChina Dolls Clubより。

これはタイのF4ファンサイト。数枚にChina Dollsが。
http://www.f4thailand.com/f4inthailand.asp

Copyright © 2004 M-Web (Thailand) Limited.
こちらはおなじみsanook.com。主役じゃないので扱いは小さいです。
http://star.sanook.com/gallery/gallery_10296.php
2004年11月03日 07時30分
Posted by alt at 07:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年10月25日

 549. F4のVicにインタビュー

10月22日、China DollsはTV3で放映されるドラマ「Mars(戰神)」のプレス発表会の司会を務めました。
元々「Mars」 は台湾のTVドラマのようですが、タイのTV3が放映権を買ったというわけです。
---11月2日追記---
タイでは
「Miracle Mars」として放映されているみたいですね。

これが、そのプレス発表会の模様です。

ちょっと分かりにいですけど、右端のポニーテールがHwaHwa、左端のショートヘアがBellです。
二人のヘアスタイルはガラッと変わりましたね。来日時と比べると、もはや別人


司会のChina Dollsは得意の中国語を活かして、ドラマの主役であるF4のVic(周渝民)らにインタビューを行ったそうです。
ちなみにF4とは台湾のアイドルグループで、タイでも爆発的な人気を誇ります。

メジャーアーティストへの中国語によるインタビューは、先日HwaHwaが行った女子十二楽坊以来、これで2度目となるんじゃないでしょうか。

その女子十二楽坊へのインタビュームービーを、先週SLYさんに見せていただいたのですが、その番組でのHwaHwaはインタビューアーぶりも堂に入ったもので進行も大変スムーズでした。

China Dollsは今後も、自らの音楽活動のほかに、中国語圏のアーティストへのインタビュアーとして活躍するシーンも見られそうですね。

もちろんChina Dolls本人が出演するドラマができれば言うことありません

↓Marsの壁紙。
Copyright © 2004 www.thaitv3.com
バイクもののドラマなんでしょうか。日本でもロケしたみたいです。

↓詳しくはTV3のMarsページで。
http://www.thaitv3.com/film/new%20film/mars/
2004年10月25日 09時30分
Posted by alt at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月06日

 521. GMMのアジア拠点が移転?

ニューロードのメールマガジン「今日のタイねた」によると、GMMのアジア拠点、Global Music and Media(Taiwan)がついに台湾から香港へ移転するようです。

同社は1998年、タイのGMMが中国語圏に進出する足がかりとして設立された企業で、中國娃娃のほか、TaeやDragon 5など、中国系アーティストを台湾・香港市場に送り出してきました。

中國娃娃のミラクルヒットはあったものの、それ以降鳴かず飛ばずの状況が続き、音楽ファンの間ですら経営難がささやかれるほどの状況に陥り、数年前から動向が注目されていました。
調べたところ、台湾のメディアには2年前、タイでは3年前のメディアに経営難と書かれていますね。今までよく持ったものだ……。

さて、同社の経営状態は即ち、China Dollsの中国語版アルバムが出るかどうかという問題に直結しますので、やはりファンには気になるニュースです。
ともあれ、同社が香港に移転することで、タイGMMからの資金上のテコ入れも予想されますので、当面は新アルバムが出しやすい状況に好転したと考えてよさそうです。

特に中国語圏のファンからの期待は大きいハズ
2004年09月06日 10時30分
Posted by alt at 10:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年08月30日

 518. China Dolls衣装大全 No.7

久しぶりに、このシリーズ。
衣装ネタは、まとめるのに恐ろしく時間がかかるんです

この衣装が初めて披露されたのは、2001年台湾の高雄で行われた第12回金曲獎の
星光大道でのこと。
「最佳重唱組合獎」にノミネートされた中國娃娃のこの姿には、取材陣も驚いたようで、
翌日の新聞記事をにぎわせました。
ノミネートされたものの、残念ながら最佳重唱組合獎は逃しています。

なんせ星光大道といえば、フォーマルなスーツや豪華なイブニングドレスに身を包んだ
スター達が赤じゅうたんの上を闊歩する、晴れの舞台。
そこにこの格好ですもん、最初からウケを狙っていたとしか思えません
その日、こんなドレスを着ていたのは中國娃娃だけ。なんでもシロクマを模しているとか。

Copyright © 2001China Times Inc.
Copyright © 2001 GMM Grammy Copyright © 2001 Emily

そのときの衣装に「Pen Khon Thai」のMVでお目にかかれるとは(左下)。

右下の写真は金曲獎の後、中國娃娃が台湾に滞在している間に行われた
サイン会で撮影されたものですが、これって……どう見てもシロクマの中身だよね?(笑)

シロクマの毛皮を取り去れば、あっという間に近未来的コスチュームに変身する、
おトクな衣装でした。

↓まだ金曲獎のオリジナル写真が残ってます。
http://showbiz.chinatimes.com/music/gma2001/frame/pic/st24.jpg

時期:2001年5月~
登場シーン:第12回金曲獎式典(台湾)、サイン会(台湾)、「Pen Khon Thai MV」ほか
2004年08月30日 15時30分
Posted by alt at 15:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月20日

 495. 饅頭夾蛋 その2

No.494の続きです。

さて、そんなわけで中國娃娃のフェイバリットフードになった饅頭夾蛋 ですが、
実は一般の饅頭屋に、饅頭夾蛋というメニューは「存在しない」のだそうです。

そこで中國娃娃が来台している間、GMMの社員は毎日饅頭夾蛋を探して走り回ることになったとか。

スタッフの一人であるメークの女性は、こう証言しています。
毎朝、社員同士が顔を合わせるたびにヒソヒソと
「見つかった?」
「全然ない」
といった会話をしています。
そもそも饅頭は饅頭屋で、タマゴはタマゴ屋で売っているものですから、饅頭夾蛋として売っていることは、まずないんですよ。
う~ん 、スタッフは密かに苦労したんですねぇ。

といった具合に、妙なものを気に入ってしまう中國娃娃。

はたして来日した彼女らは、食い倒れの街-大阪で、どんなジャンクフードを見いだし、そして気に入るのでしょうか?

……たこ焼?
2004年07月20日 12時30分
Posted by alt at 12:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月18日

 494. 饅頭夾蛋 その1

China Dollsの来日も間近。
というわけで 、台湾滞在時の面白エピソードを紹介しましょう。

2001年5月17日付けの新聞(紙名不明)によると、中國娃娃は朝食に饅頭夾蛋を必ず食べるのだそうです。
饅頭夾蛋とは、饅頭(まんとう:ふかしたパンみたいなヤツ)にタマゴをはさんだもの。現物を見たことがないので、いまいちピンときませんが、要するにタマゴサンドでしょう

さて、その饅頭夾蛋ですが、2人はいたくお気に召したようで、タイへ戻ったときも自分で作れるようにと、プロに作り方を習いに行きました。
きっと何かの取材なんでしょうね。

料理に慣れている娃娃は器用に作ったのですが、一方Bellは全然ダメ。最後は饅頭の生地をヘビのように細長くしたうえ、目と口をつけてこう言ったそうです。
「どうして饅頭はみな同じ形をしているの?  ヘビやウサギの形があってもいいじゃない」
それに対するプロの言。
「20年以上饅頭を作り続けてきたけれど、今日初めてそんな形にできることを知ったよ。いやはや、あんたたちには負けた」
と頭をふりふり答えたそうな(笑)。

次に、饅頭の中に入れるタマゴを調理する際、娃娃はキレイにタマゴを割ったが、Bellは黄身が崩れてしまったそうな。
んで、ふるっているのがBellの言。
「大丈夫。娃娃は揚げたタマゴをはさんで食べるのが好きだけど、私はスクランブルエッグサンドの方が好きだから」
んー、転んでもタダでは起きないのがBell(笑)

さて、そんなこんなで初めて作った饅頭を客に売った中國娃娃は、
「タイへ帰ったら、ファーストフード店でも開いて商売してもいいわね」
と、言ったそうな。ちゃっかりしてます

饅頭夾蛋ネタは、まだ続きます。

ところで、ふと気がついたのですが、この記事を書いたのは陸亦華さん。このヒトはBellネタが多いですね。それに対して、林佳宏という記者は圧倒的に娃娃ネタが多いのです。
ふむ、記者にも娃娃派とBell派がいるってことでしょうか
2004年07月18日 05時00分
Posted by alt at 05:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月12日

 490. いまそこにある海賊盤

今回はちょっと毛色の変わったネタをば。

下の画像は、中国語圏で今も売っているかもしれない海賊盤たち。

大陸のファンが言うには、ショップで売っているのは海賊盤ばかりで、
買いたくても正規盤を置いてないんだそうです。
これは、大陸での著作権に対する意識の低さもあるでしょうが、
ディストリビューターにも問題がありそうですね。

海賊盤に共通した特徴は、China Dolls/中國娃娃のものではない曲が収録されていたり、タイトルが間違っているので分かりやすいのですが、オリジナルのアルバムを知らなければ、判別できませんよね

早い話が、下のCD・DVDはすべて海賊盤です。

いずれのジャケットも、雑誌の写真をスキャンしたものやネットでダウンロードできるもの、実物のCDジャケットをスキャンして再編集したもので、画質が粗いことも特徴のヒトツ。

ちなみに、いずれも200円~300円程度らしいです(DVDはもう少し高いかも)が、どうせ買うなら正規版を買いましょう。
海外のネットショップにはなくても、国内のショップさんには旧譜の在庫がある例も多々あります

Don't buy bootleg CD/DVD!
PLEASE buy official release to support China Dolls!!
2004年07月12日 18時30分
Posted by alt at 18:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月08日

 487. GMMの底力

毎度ながらChinaDollsClubからのネタです。
伝聞ですので真偽のほども不明ですが、ちょっと面白いので取り上げちゃいます。

今年、GMMのオーナーは100人の歌手をデビューさせると宣言したそうな。
それがどういう意味なのか、はたまたどういうアイデアがあるのかわかりませんがちょっと楽しみ。
間違っても粗製濫造だけはご勘弁。

また、経営難がささやかれる台湾のGMM8866。この会社についても、もう一度テコ入れすると宣言したそうな。
こっちは多いに期待。中國娃娃の新譜をよろしく
2004年07月08日 20時30分
Posted by alt at 20:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]