2007年03月11日

 823. HwaHwa、OK magazineに登場

久しぶりにナンバーつきエントリー。このネタは手間がかからないので、先に取り上げます。

おなじみWorld of HwaHwaから。

HwaHwa自身がフォーラムに書いたメッセージをそのまま引用させて
もらいましょう。
-----------------------------------------
please check the OK magazine in thailand this month,there is me&my little hermes inside..hope u guys will like it..and also the tv program "RU JING PA" on ch3 thailand on 2Mar..if there is sth new update,i will always let u guys know here..take care,with love biggrin
-----------------------------------------

つまりOK magazineにHwaHwaと彼女の愛犬Hermesの写真が、
続いて3月にRu Jing PaというTV番組に出演しますよ、ということです。
すでに発売済&放送済ですので、我々はすでに目にしているわけですが

以下は彼女のGalleryからの転載。
ok ←2月26日に発売された
OKマガジンの表紙。
ok ok
ok ok
Copyright © 2007 OK magazine

CuteさとSexyさの絶妙なバランスは、HwaHwaならではの持ち味。
それにしても、今年は美脚のHwaHwaで売っていくのでしょうか。
最近、ミニとショートパンツばかりだよね

おとなしくしているHermesが、これまた可愛い。

Hermesといえば、HwaHwaがHermesをテーマとしている(らしい)
ポエムがありますので、いずれ紹介します
Posted by alt at 17:10 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2007年03月07日

 821. RU JING PA記事建設予定地

えー、明けまして。本年もよろしく。といっても、もう3月ですが

つくづく思うのですが、Blogにしてもmixiにしても、いちいちパスワードを入力しなければ
ならない仕組みは、どーも性に合わないようで、以前のHTML形式でのアップロードに
比べて、更新が滞りがちになってしまいます。

3ヶ月も放置しているのは忍びないのですが、じっくりとエントリーを書いているヒマも
ないのが残念無念であります。

取るものも取り合えず、ここに2007 Show Girls、それにサプライズゲストとして
HwaHwaが登場したタイのTV番組"RU JING PA"のエントリーを書く予定の
プレースホルダーとして、この原稿を置いておきます。
Posted by alt at 00:18 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年11月04日

 816. 彼女が契約しなかった理由2

World of HwaHwaのForumにKunggaがラジオEFMの放送データと
その英訳を掲載してくれました。前のエントリーより、詳細な内容が
記載されています。
Thanks, Kungga.

放送データは、ココ。
wmv形式の動画で、約11MBあります。

まず、HwaHwaのインタビュー内容を男性DJが代読します。
以下は、その日本語訳。新幹線に間に合うギリギリまで訳にトライしてみます
---------------------------------------------------
私はShow Girlsのアルバムに参加しませんでした。私は友達たちと問題が
あるわけではなく、いまでもとっても仲良しです。

GMMとの契約終了後、GMMは「プロジェクトに参加するか」と尋ねてきました。
私は「アルバムごとの契約はできますか」と質問したところ、最初GMMは
「出来ません」と回答したので、私はGMMと契約しませんでした。

その後しばらくして、GMMは「契約可能」と回答してきました。でもそれでは
他のアーティストが、GMMは私を優遇していると考えるかもしれないと思ったので、
やはり契約しませんでした。

また、私は弟の仕事の手伝いをするために、頻繁にタイと台湾を行き来しなければ
なりません。私は台湾との仕事をしている弟のためにタイ語と中国語の翻訳をしているんです。

私がタイへ戻ったとき、BellがGMMと契約したことを知りましたが、私は怒りませんでした。
誰でも人それぞれの考え方があると思いますから。

なにより重要だったのは、私がChina Dollsスタイルのアルバムをもっと
作りたかったことです。GMMにはChina Dollsのアルバムを作る計画が
ありませんでしたので、私は契約しませんでした。
---------------------------------------------------


その後、Bellのインタビュー音声が続きます。
---------------------------------------------------
私の回りからピンク色が消えてしまったようです、だってHwaHwaがいれば、
いつも回りにピンクのものがありましたから。

私たちは本当は一緒に仕事をしたかったのです、一緒に楽しみたかったんです。
(それができない)今は、ちょっぴり寂しいですね。

質問:最初ニュースがあったとき、あなたも参加してませんでしたよね?
(ちと意味不明のため適当に訳)

私たちは一緒にChina Dollsを始めましたので、辞めるときも一緒でした。
私はいつもHwaHwaと一緒にいました。

(最初)私もGMMと契約しないつもりでしたが、Kat、JennyそれにYaYa Yingと
話した結果、私はプロジェクトに参加し、彼女たちと一緒に仕事をすることにしました。

HwaHwaとの仲はいいですよ、でも彼女は彼女なりの考え方があって
プロジェクトに参加しませんでした。

質問:あなたのアルバムを作る予定がありますか?
なんとも言えません。いまはShow Girlsのアルバムを完成させるのが先です。
---------------------------------------------------

HwaHwaは、今回のことで説明をするとき、「Reason」という
単語を よく使います。

「契約しなかったのも理由がありますし、
私が存在するのも理由があります」といった具合に、
何度か哲学的な言い回しで使うこともありましたので、
このReasonは「理由」ではなく、 「縁」と訳すべきなのかなと
思う今日この頃。

「契約しなかったのも縁、私が存在するのも縁」
敬虔な仏教徒のHwaHwaならではですね。
Posted by alt at 07:32 | Comments [10] | Trackbacks [0]

 815. 彼女が契約しなかった理由

同じ新聞(dailynews.co.th)の記事を元にしているようですが、
複数のサイトで、HwaHwaがShow Girlsに参加しなかった理由が解説されています。

http://hilight.kapook.com/view.php?id=3796
http://news.sanook.com/entertain/entertain_43524.php

この他にももう一箇所あって、そこにはHwaHwaの巨大な写真が貼られていたのですが、
URLが変わってしまったようですね、残念。


タイ語を表示できないヒト、ごめん。元記事の全文を引用します。
-----------------------------------------------------
เหตุ "หว่าหวา" ไม่ต่อสัญญา "ไชน่าดอลล์" ถูกดองยาว

ปล่อยให้เพื่อน ๆ ออกอัลบั้มชุดใหม่ “โชว์เกิร์ล” แบบไร้เงาสาวหมวย หว่าหวา-สุภัชญา ลัทธิโสภณกุล เลยจุดกระแสแมงเมาท์ลือสนั่นอีกว่า สาวหว่าหวา ไม่ต่อสัญญาแกรมมี่ฯ แถมแอบน้อยใจต้นสังกัดถูกดองงานของไชน่าดอลล์

เกี่ยวกับเรื่องนี้ หว่าหวา เปิดใจว่า “การที่ตัวเองไม่ได้ร่วมงานในอัลบั้ม “โชว์เกิร์ล” ไม่ได้มีปัญหากับเพื่อน ๆ เลยค่ะ ยังสนิทกันเหมือนเดิม ช่วงที่หมดสัญญาพี่ ๆ ที่แกรมมี่ก็มายื่นถามว่าจะต่อสัญญามั้ย หว่าหวาเองก็บอกกับพี่เขาไปตรง ๆ ว่าขอต่อเป็นอัลบั้ม ๆ ไปได้หรือไม่ ก็คุยไปคุยมา มันไม่ได้ ตัวเองเลยไม่ต่อ พอมาตอนหลังพี่เขาก็จะอนุโลม

แต่เมื่อตัวเองกลับมามองว่าเดี๋ยวเพื่อน ๆ จะคิดว่าไม่เหมือนกัน เลยกลับมาคิดว่าไม่เอาดีกว่า ประกอบกับช่วงที่ผ่านมาตัวเองต้องบินไปมาระหว่างไต้หวันเยอะ เนื่องจากไปช่วยเป็นล่ามให้น้องชายที่ไปทำธุรกิจที่นั่นค่ะ เลยคลาดเคลื่อนไม่ได้เซ็นสัญญาต่อ พอมาถึงเมืองไทยก็ได้รู้ว่า เบลล์ เซ็นต่อไปแล้ว ตัวเองก็ไม่ได้โกรธเพื่อนนะคะ ทุกคนมีเหตุผลของตัวเองค่ะ ที่สำคัญหว่าหวาอยากทำอัลบั้มในนามไชน่าดอลล์มากกว่าด้วย ซึ่งแกรมมี่ก็บอกว่ายังไม่มีแพลนจะออก ตัวเองก็เลยไม่เซ็นสัญญาต่อค่ะ”
-----------------------------------------------------

以下に抄訳を掲載します。
----------------------------------------------
HwaHwaがGrammyと契約しなかった理由

HwaHwaは他の4人が参加した今回のShow Girlsプロジェクトに加わらなかった。
ウワサの中には、China Dollsプロジェクトを継続しなかったGMMに対して、HwaHwaが
好感を持っていなかったという説がある。

HwaHwaはインタビューにこう答えている「私は他の4人と今でも親友だし、友人関係に
問題があるわけではありません」

当初、HwaHwaはGMMの各プロジェクト(訳注:2002, 2005, Show Girlsのような特別プロジェクト)毎に
契約しようと考えていたが(訳注:他の仕事もできるように)、そういう契約形態は他の4人に不公平だと
思ったし、弟のビジネスで通訳をするため、しばしば台湾へ行く必要があった。
そのため、彼女はプロジェクトに参加しない道を選んだ。

なによりも一番の理由は、HwaHwaが特別プロジェクトよりもChina Dollsのアルバムを
リリースすることがより重要であると考えたことだ。
----------------------------------------------

エピソード2の件と併せて考えると、GMMがどういうスタンスを取っているのか、
なんとなく想像できますね。

China Dollsというグループを、Bell&HwaHwa以外の誰が演じられるというのでしょうか?

ただ唯一嬉しいことは、上記サイトにファンから数多くの声援が寄せられていることです。
Posted by alt at 00:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年11月02日

 814. HwaHwaの心情

今回、HwaHwaがShow Girlsに参加しなかったことに関して、
彼女自身の声明がWorld of HwaHwaのフォーラムに書き込まれています。
http://www.hwahwaworld.com/forum/viewtopic.php?t=502

例によって、日本語に訳してみました。
はっきりした理由は書いていませんが、HwaHwaとしても苦渋の選択
であったことが読み取れます。

----------------------------------------------------------
i am still here with u guys ^^

i think u guys already know there is sth happening..there is sth changing..but believe me in one thing that everything happened by reason..i used to be weak,i used to be sad,i used to be confused..but i am still standing here & being stronger,just becos of ur love & understanding..i appreciated that u guys always worry bout me concern bout my feeling..i am really ok now..and believe me that i am still trying my best in everything..cos i will never let u down,ok??just like u guys never let me down too
----------------------------------------------------------

皆さんとともに ^^

皆さんは、すでに「何か」が起こったことをご存知だと思います。
(私を取り巻く環境に)とある「変化」が起こりました。

でも、すべての変化は「理由」があって起こったということを信じてください。
(その変化で、一時期)私は落ち込みもしましたし、悲しい思いやとまどいを感じました。
しかし今の私はすっかり立ち直っています、しかも以前より強くなって。

私が立ち直れたのは、すべて皆さんの愛と理解のおかげ……皆さんがいつも
私を気にかけ、私の心情を思いやってくださることに感謝します。

私はもう大丈夫です。そして私はすべてのことにベストを尽くしていることを信じてください。
私が今後皆さんをがっかりさせることは決してありませんから。ok?
皆さんが私をがっかりさせたことがないのと同じように。
----------------------------------------------------------

この子は、決して他人のことを悪く言わない子ですね……。
どういう経緯で、どう振り回されて、こういう結論に至ったのか
全部書いてしまえばいいのに。

HwaHwaが決して安易な気持ちで、Show Girlsに参加しなかった
のではないことだけは、理解してあげてください。

そしてまた、Show Girlsのメンバーからも何度も慰留があったこと、
Bellを始めメンバーとの友情も、いまだ変わりなく続いていることを
明記しておきます。

そしてまた、HwaHwaこそが最もChina Dollsという存在を大切にし、
誇りに思っている女性だということも。

HwaHwaにならって、私もすべては書きませんが、折りを見て書き足します。
HwaHwaの気持ちを思うと心が痛みます。すげーツライ……
Posted by alt at 00:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年06月18日

 807. 充実したHwaHwaの誕生日

このところ、HwaHwaとBellのパーソナルサイトの更新頻度が
高くなっています。ファンサービス満点ですね

World of HwaHwa に、HwaHwaの誕生日を撮影した写真が
掲載されました。

ギャラリーはココ。
国王在位60周年
誕生日パーティ

その中から、気になった写真を抜き出してみました。
HwaHwaが抱えているチワワについては、おいおい紹介するとして、このHwaHwaのケーキを見つめる表情が最高。
弟のSong Songクンからはピンク色のバッグがプレゼントされました。
でもSong Songクン、なんだか口からトランプ出しそうな風貌だな……。
タイ国内は国王慶賀ムード一色だとか。
HwaHwaファミリーも黄色い服に身を包んでいます。
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com
Posted by alt at 00:33 | Comments [9] | Trackbacks [0]

2006年06月16日

 805. On the Moveのムービークリップ公開

World of HwaHwaで、HwaHwaが出演したTV番組「On the Move」の
ムービークリップが公開されています。AME-san, arigato!

このページ

この番組の中で、HwaHwaは日本語を勉強したり、
太巻きを作ったり、浴衣を着たり、さらには剣道まで
習うという、日本文化総当りみたいな内容でした。

最初に出てくる「Hawaii」のTシャツは、
secさんのプレゼント品だそうです。
とてもおいしそうに出来上がりました。
中身がポロッと落ちるところは、ご愛嬌。

写真にはありませんが、この後、浴衣編
があります。
浴衣と同様にファンから人気の高い、
剣道着姿のHwaHwa。
なかなか凛々しい女性剣士ぶり。
Copyright © 2006 UBC, www.hwahwaworld.com  

今回は、wmv形式のみの公開で、Macユーザーは環境によりムービーが
見られないかも知れません。movかmpgでの公開が望まれますね。

なお、来週の日曜日はBellのバージョンが放映されます。
ネットで見られると良いのですが……
Posted by alt at 00:48 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年06月15日

 804. HwaHwaの誕生日パーティ結果報告

6月11日(日)は、HwaHwa主催による誕生日オンラインパーティが開催されました。

この催しには、タイはもとより、日本、シンガポール、マレーシア、アメリカ、ベトナムと
(中国も?)世界中からHwaHwaの誕生日を祝福するために、ファンが続々と集合。
1時間と短い間でしたが、HwaHwaを囲んだ大変楽しい時間となりました。

そのイベントの内容を、簡単にまとめてみます。

今回行われたオンラインパーティは、いわゆるチャット。MSNメッセンジャーを使って、
チャットでワイワイとお話をしましょうという試みでした。

元々このイベントは、ファンへ感謝の気持ちを表現したいというHwaHwaの思いつきで
突如発表されたものでしたし、肝心のHwaHwaがイベントの具体的な内容をはっきり
提示しなかったために、参加を予定していたファンがヤキモキ(笑) 
しかも、MSNメッセンジャーで多人数チャットが可能かどうかすら不明なまま開催されました。

参加者は参加順に(敬称略)、
Lamyay, Godzilla, alt, Rintaro, wendy, AME, Vicky, Roy,
kheh2003, BANGKOKHOTEL, saika, twodolly2003, pumpui@osaka,
HwaHwa, ubusubu, Cheyenne, 清~, Jill, Killer1985

と、HwaHwaを含めて19名の大人数チャットとなりました。

チャットでのHwaHwaは、意外におとなしかったように感じました。
HwaHwaの発言を抜粋すると……、

・みんなとチャットできて嬉しい

・いまタイにいる

・(2時間もHwaHwaを待っていたと知って)
本当? ありがとう。それじゃ、みんなお互いのことを知り合えたでしょ?

・(各国のファンから「私の国へ来て」と言われて)
すべての国へ行きたいです ^^

・(こんなにたくさんのヒトとチャットするのは初めていうファンに)
私もーーー

・(ファンに一言と言われて)
ここにいる皆さんは、みな可愛らしくて素敵でフレンドリーです。

・(チャットから抜けたファンに気づいて)
誰か帰ったの?
(HwaHwaが帰ったと思っているヒトがいると、ファンが返答)
私はまだここにいるよ。あはははははははは

・(今年の予定を聞かれて)
たぶん、いままで挑戦したことのないことをするだろうけど、
何をしようか考えているところです。

・(あなたの誕生日の望みは?と聞かれて)
私の望みは、もう叶いました。私の望みは、誕生日にここでみなさんに会うこと。
だからもう実現しました。みんなと一緒に楽しい時間を過ごすこと、それが私の
幸せです。

・(いつかコンサートで本物のHwaHwaを見たいというファンに)
私も本物のHwaHwaに会ったことがないんです。
(鏡を見れば会えるでしょ、に対し)
そうねー、鏡の中では見られるけど、本物のHwaHwaに会ったことはありません。
以前、すごい鏡を見たことがあります。
その鏡の中では、誰でもモデルみたいに見えるんですよー。あはははははははは
どうしてか分からないけど、その鏡の中では誰でも背が高く、スタイルが良く見えるんです。
(曲面鏡?に対して)
違います。デパートにある普通の鏡で、私と友達はその鏡が大好き
私はそれを「魔法の鏡」と呼んでました。
エンポリウムの映画館フロアのトイレにあります。

・(新アルバムの予定を聞かれて)
新しいアルバムの予定があれば、みなさんにお知らせします。

・(プレゼントをどうやって送ればいいと聞かれて)
みなさんがプレゼントしてくれる気持ちは、すごく嬉しいです。
でも、みなさんがここにいてくれるだけで、私はとっても幸せ。

・(日本語のアルバムを出して欲しいとの声に)
私は日本語や中国語だけでなく、できるだけ多くの言語で
歌ってみたい。

・(再び、プレゼントをどうやって送ればいい?と聞かれて)
もし本当にプレゼントを送りたいなら、GMM宛に送ってください。
でも、GMMの住所は知らない。ゴメンね。

・(アメリカへ来てと言われて)
私もアメリカへ行きたいです。まだ一度も行ったことないし、
友達がたくさんいるから。

・(ハワイでコンサートやるのはどう?と言われて)
ハワイーーーーーー

・なぜ楽しい時間が過ぎ去るのは速いのでしょう。
そろそろサヨナラしなければなりません。みなさんに会えて、とっても幸せでした。
また時間を決めて、こんな感じでチャットをしませんか。
私もサヨナラしたくありませんが、またサイトでチャットの日時を決めましょう。
今日のチャットは、素敵な誕生日プレゼントになりました。
サイトで連絡を取り合いましょうね。また次回のパーティを計画しましょう。
次のチャットは、もっと長い時間お話したいですね。
みなさんありがとう、さようなら。u guys have a nice day or night
また会うときまで、お元気で。love u guys always

どうですか? 実にHwaHwaらしい言葉がアチコチにあるでしょ?

こうして楽しい1時間は、あっという間に過ぎてしまいましたが、
まとめて見ると、意外にHwaHwaはたくさん発言していたんですね。

酔っ払いwendyがこの10倍ぐらいしゃべっていたので、少なく感じたのかも
知れません。

チャット中も、Bellが来てくれたらというファンからの発言がありましたが、
当日、Bellはパソコンが壊れていて、残念ながらオンラインパーティに
参加できなかったそうです。

おまけ。
HwaHwaはタイ語のタイピングが苦手。
タイ語よりも日本語のタイピングの方が、ずっと得意なんだとか

その理由は大学は英語ベースだったので、タイ語のタイピングを習う
機会は全くなかったから。それだけに英語のタイピングは、かなり速いですよ。
Posted by alt at 00:37 | Comments [12] | Trackbacks [0]

2006年06月07日

 802. HwaHwaの誕生日ミーティングに参加しませんか?

World of HwaHwa からのネタ。

来る6月12日は、言わずと知れたHwaHwaの誕生日。
彼女のサイトのフォーラムで、HwaHwaが誕生日ファンミーティングの
開催を呼びかけています。

開催日時は11日(日)の12時(日本時間14時)予定
しかも、そのミーティングはなんとオンラインで行われます

つまりHwaHwaの書き込みによると、MSNメッセンジャーを使って
チャットによるファンミーティングをやりましょうとのことです。

本人も「うまくいくかどうか分からないけど……」と言っているように、
MSNで多人数のチャットは難しいかも?

はてさて、どうなりますことやら。


参加希望のヒトで、まだMSNメッセンジャーをインストールしていないヒトは
hotmailのアカウントを用意して、メッセンジャーをインストールしましょう。
詳しくはコチラ
Posted by alt at 14:25 | Comments [12] | Trackbacks [0]

 801. Bell, On the Moveに出演

Permanent Bell.com から。

Bellによると、来る6月18日(日)朝9時(日本では11時)から放映される
UBCのテレビ番組「ON THE MOVE」に出演したそうです。

「ON THE MOVE」は、若者向けの情報番組。さまざまな流行りモノの
紹介から、アーティストが紹介する文化やグッズのコーナーまである
30分間のプログラムです。

ところで、この番組はどうやって見ればいいんでしょうか?(笑)


ちなみにHwahwaの分は、残念ながら4月16日に放映済みです。
聞くところによると、日本の文化をHwahwaが体験する内容だったとか。
それは見てみたかったなぁ……
Posted by alt at 13:56 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月31日

 800. 光り輝くHwaHwaのフォーラム

World of HwaHwaのフォーラムが、デザインを一新!

いや、もーなんちゅうか。
どこもかしこも、チカチカ・キラキラしていてまぶしいです
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

コンテンツに変化はないようですね。

これと似たデザインが、hi5のHwaHwaのページにあります。
つまり、フォーラムのデザインをhi5のものに合わせたのでは
ないでしょうか。

まさに、これがHwaHwa の世界なんでしょうなぁ。

同じデザインが続くことを好まないHwaHwaのことだから、
そのうちきっと、またデザインが変わるよ。

Posted by alt at 23:01 | Comments [13] | Trackbacks [0]

2006年05月21日

 798. HwaHwaの休暇

World of HwaHwaによると、HwaHwaは4月下旬から休暇を取って、
台湾の実家で過ごしていたそうです。


どーですか、この表情。
リラックスしまくってます

どーですか、この表情 その2。
HwaHwaは自他ともに認めるアイスクリーム好き。
HwaHwaサイトのギャラリーには、このほかにも
アイスを持ってご満悦のショットが あります。
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

今回の台湾帰郷では、まったく仕事を入れず、大学時代の友人と
動物園へ行ったり、実家でのんびりしたみたい。

先日休みを終えて、バンコクで戻って仕事の準備を始めたようです。
台湾で英気を充分に養ったHwaHwaは、きっといい仕事をしてくれることでしょう。
Posted by alt at 00:02 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2006年04月06日

 793. タトゥフェスのその後

1st World Tattoo Festivalの写真がオフィシャルサイトに掲載されています。

写真の数は250点以上、会場の様子がほぼ把握できるような数です。
China Dollsが写っている例をここに掲載しましょう。
Bellの写真はこれ以外にも多数ありますよ。
Copyright 2006 www.worldtattoofestival.com

また、このイベントの模様は日本のタトゥ専門誌にも取り上げられています。
Ikkyu-san, Arigato.

雑誌の名はTATTOO BURST5月号、サンプルページに
いくつか写真が掲載されていますが、オフィシャルサイトの写真の方が
出来がいいみたい


May 2006 Vol.31 1500yen
3月16日に発売されていますので、まだ書店にあるかどうか……。
上のページから通販でも購入できます。

Bellは1月来日時、この編集部にも遊びに行ったんですね。
Posted by alt at 23:36 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年04月02日

 790. A-LIVEコンサートの写真

World of HwaHwaPhoto GalleryNo.789で取り上げた
A-LIVEコンサートの写真が掲載されました。

前のBlogの写真より、ずっとクリアです。隣の女性は誰だろう?
  これ、歌ってるよね? 歌う司会者なんでしょうか。
しかも、隣の台湾人歌手はスッピンに見えるんだけど……練習風景?
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

このコンサートには、BellとBell母も見に行ったとか。
HwaHwaとBellの仲は大変良好のようですね。
Posted by alt at 00:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年03月31日

 789. テレサテンA-LIVEコンサートで司会

World of HwaHwa のBlogから。

HwaHwaは、3月25および26日の二日間、サイアムパラゴンで行われた
Deng Li Jun "A-Live" in Bangkok コンサートの司会を務めたそうです。

Deng Li Junとは即ち鄧麗君、日本人にもおなじみのテレサ・テンのこと。
このコンサートは、今は亡きテレサ・テンの歌を中国から来たダンサーの
演舞とともに歌うといった趣向のもの。
テレサテンは私の好きな歌手の一人、このコンサートはVCDがあるなら、ぜひとも見てみたいものです。

オフィシャルサイトを見ると、チケットは1000~3000バーツとなかなか高額。
こういう大きなコンサートの司会をすることは、HwaHwaにとって良い経験に
なったことでしょう。

コンサートのオフィシャルサイトはココ。

Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

HwaHwaのBlogによると、まだこれから写真が追加されるようです。
できることなら、もっとクリアな写真を所望。

歌手は台湾出身のLi Tong Yao。在りし日のテレサにソックリ
バックには総勢30名のダンサーが 中央にはテレサの肖像が映し出されています。
Copyright © 2006 Major Cineplex

China Dollsとして、もしくはHwaHwa個人として、彼女はこれまでにも司会を
担当してきました。 今後は、こういった仕事が増えてくるのかも知れませんね。

やはり知名度がそれなりにあって、タイ語と中国語、それに英語ができることは、
HwaHwaにとってメリットが大きいようです。
Posted by alt at 00:16 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2006年03月22日

 786. HwaHwaの心からの声

World of HwaHwaフォーラムにファンからの応援メッセージが多数書き込まれました。

以下は、それに応えて掲載されたHwaHwaからのメッセージです。
いつも通り勝手に日本語訳……と言いたいところですが、今回ばかりは許可を得ています。

以下はWorld of HwaHwaより転載。

hwahwa wrote:
i love all the messeges that u guys show me how much love u gave me..believe me that me&bell love china dolls as much as u do as well..china dolls is all everything for u&me..its what made us get to know each other..thats all about LOVE,POWER,FRIENDSHIP,HAPPINESS.....and every other thing that we share together..we have no idea about what GMM try to do,and we can do nothing about that..but believe me for one thing that how much u got pain,i got more..how much u feel sad,i feel more..how much u got hurt,i got more..and whatever u feel now,i feel the same..LOVE U GUYS ALWAYS&FOREVER thats the only one thing i can do now..dont be afraid about what is going to be happen,cos our heart will always be together,with love
日本語訳: (かなり意訳)
私は皆さんからのメッセージが大好きです。なぜならメッセージから皆さんの愛が伝わってくるからです。私を信じてください、私とBellは皆さんと同様にChina Dolls(という存在)を愛しています。

China Dollsは私と皆さんの全てです……China Dollsは私たちが知り合うきっかけを作ってくれました。China Dollsは愛と活力と友情そして幸福、その全てを意味します。そしてChina Dollsは、私たちの間にそれ以上の何かを共有させてくれました。

GMMがこれからどうしようとしているのか、私たちには分かりませんし、何の対応もできません。

でも、これだけは分かってください。皆さんが心の痛みを感じている以上に私は心が痛みます、皆さんが悲しむ以上に私も悲しんでいます、皆さんが傷ついている以上に傷ついています……そしていま皆さんが思うこと全てを、私も同様に感じています。

皆さんをずっと愛し続けること、それが今の私が出来るたった一つのことです。

何が起ころうとも恐れないでください、私たちの心はいつだって一緒です。
愛をこめて

この文章からは、想像以上にHwaHwaの心情は傷ついていることがわかります。
しかし、今日バンコクでHwaHwaと会ったプンプイ@オーサカさんのお話では、
元気だったとのことですので、すでに立ち直りつつあるようですね。

この強さはHwaHwaならでは。
Posted by alt at 22:42 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2006年03月11日

 780. Hip Hop Party 他

予定していたネタを急遽サシカエて、このニュース。 Vicky-san, Arigato.

先日行われたイベントにChina Dollsが参加、インタビューを受けています。

詳細はKapookのページをどーぞ。内容はよく分かりませんが、
Hip Hop Party とか Concert The Get Rich or Die Tryin’ World Tour 2006
書いてあります。

すっかりカッコ良くなったChina Dollsが、健在ぶりをアピール。
他の参加者に比べると、貫禄すら感じさせます。
Copyright © 2006 Kapook.com

上のページで、動画も見られます。動画ファイルに直リンクすると、
コレと (HwahwaとBell)
http://broadband.bunditcenter.com/hiphop/6_vdo_hiphop.wmv


コレ。(Bell単独)
http://broadband.bunditcenter.com/thegetrichordietryin/2_vdo_50_cent.wmv

上に置いた写真のオリジナルは、ココと
http://www.kapook.com/promote/hiphopparty/hiphopparty5.php

ココにあります。
http://www.kapook.com/promote/thegetrichordietryin/cent.php
Posted by alt at 02:28 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2006年03月03日

 776. HwaHwaの恋愛感

World of HwaHwaから。

Forum でGODZAクンが、タイの雑誌記事を紹介してくれました。
Thank you, GODZA.

彼によると雑誌はゴシップ系のもので、誌名は立ち読みだったので
忘れたとのこと。

記事は、HwaHwaへの恋愛感と恋人についてのインタビュー。
衣装からみて、Tattoo Festivalの時かな?
Copyright © 2006 Unknown

HwaHwaの回答は次の通りだったそうです。
GODZAが教えてくれました。

「今、付き合っている彼はいません。もし付き合うなら
おなべではなく、ホンモノの男性が良いですね~。
私は台湾で育ったので、そういうところは気にします。
でも、友達の中にはおなべやおかまの人もたくさんいるし、
そういう人も嫌いじゃありませんよ。良い人ばかりです


このインタビュアーの質問は、相当偏向した内容と推測されますが、
HwaHwaの回答は実に配慮が行き届いています。彼女のバランス感覚は日本人に
近いものがありますね。
Posted by alt at 20:22 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2006年03月02日

 775. Bellサイト復活

ここ1~2週間、アクセスできなくなっていたBellのサイトですが、
ようやく復活しました。今は何の問題もなくアクセスできます。

トップページはBigbigBell.com
フォーラムはココ

アクセス出来なかった原因は不明ですが、症状からしてサーバー
もしくはホスティングサービス側のトラブルのように思われます。

ほぼ同時期に、HwaHwaのサイトでもフォーラムが不調となりましたが、
こちらも復旧。理由はソフトウェアのバージョンアップと、ログインしっぱなし
のユーザーの事情らしいです。
ログアウトしろよ Godzilla
Posted by alt at 22:21

2006年02月18日

 772. ケータイの形態

World of HwaHwaから。

Photo GalleryにHwaHwaのケータイの写真が掲載されています。

昨年購入した902SHですが、今は、こんなにラブリーな装飾が
施されています。
Copyright © 2005-2006 www.hwahwaworld.com

このデザインはHwaHwaが考案し、自分で貼り付けたのだとか。
かなり器用です。
Posted by alt at 00:31 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2006年02月17日

 771. Tattoo Fesでファッションショー

多忙になるとパタリと更新が止まるBlogへ、ようこそ

そんなペースで、かれこれ5年やってますので、これからもたぶん停滞するでしょう。
よろしくです

さて。
毎度おなじみのWorld of HwaHwaPhoto Galleryに、この日曜日に行われた
Tattoo Festivalの注目コーナー、ファッションショーにHwaHwaとBell、
それにYaYa Ying、Jenniferが登場しました。

自然の精霊のようなHwaHwa。
このヘアスタイルは、自分の髪を
使ったそうです。 なんとびっくり
HwaHwaの前を行くのはBellだと
思うのですが、自信なし(笑)
写真を撮影したwendyにでも尋
ねてみます。
カメラを持つと、なぜか変顔を
撮りたがる不思議な三人娘
Copryright © 2006 www.hwahwaworld.com

みな極彩色の絵が描かれた肌色の襦袢みたいのを着ていますが、
これはTattooをイメージしているものと思われます。

各人のいでたちはもちろん、メイクも非常に斬新で、イベントの最終日を
飾るショーとして、かなり見ごたえがあったそうです。
VCD化を希望したいところ

HwaHwa、YaYa Yingとも自毛で、チリチリボンバーな頭を作っていますが、
こんなことして髪の毛は痛まないんですかね。
Posted by alt at 17:34 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2006年02月03日

 766. ありがとうメッセージを読んでみた

World of HwaHwaのフォーラムに、HwaHwaから
コンサートに来てくれたファン・来られなかったファンへの
メッセージが書き込まれています。

とても素敵なことを言ってくれてますので、ご紹介。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
thank u all of u guys for the concert live in tokyo....thanks for everyone who was there & also thanks for everyone who couldn't come but still gimme the power to make it perfect.....i am very happy that u guys enjoy the concert...so impressed for the whole show & especially when everyone dance with me for my special song...the song's name [TOMORROW] i really love this song since i was young & that make me like OKAMOTO SAN as well....thats a nice song & good meaning..[i hope all of u guys will never give up,even the good or bad day.....we will always cheer up each other like this.....even we can't always be together,but we still can always feel each other in our heart]..i hope everyone love this song too,i practiced so hard before the show & very very excited when i was singing.....but spirit from all of u guys made it to be great,i wish all of u guys from wherever in the world could be with me at that moment too...maybe one day thank u again for all the power & spirit,with love
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 みなさん、ライブin東京ではお世話になりました。
コンサートへ来てくれたみなさん、そして来られなかったけれどもコンサートを成功に導くパワーをくれた皆さん、ありがとうございます。
私はみなさんがコンサートを楽しんでくれてとても幸せです。コンサート全体を通じて、また特に私のソロでみなさんが私と一緒に踊ってくれたときは感動しました。

  あの「TOMORROW」という歌は私がデビューする前からとっても好きな歌で、あのステージで私は岡本さんになりきることができました。
この歌は素敵な曲で、しかも歌詞も良い意味なんですよ。「みんな決して諦めないで、楽しいときも辛いときも……私たちはお互いをいつも励ましあえるから……そばにいないときも、心で互いを感じあえる」、そんな歌詞です。

 みなさんもこの歌を好きになってほしいです。私はコンサートの前、一生懸命練習しましたし、ステージで歌っているときとっても感激しました……
それにみなさんからの応援がステージを最高のものにしてくれました。その瞬間、世界中のみなさんがここに一緒にいてくれたなら(どんなに素敵だろうか)とも思いました……いつかそんな日が来ることを願っています

 最後にもう一度、応援してくれてありがとうと言わせてください。
愛をこめて


来てくれたファンに感謝するのは当たり前でも、来なかったファンの心情まで
思いやる余裕があるってーのは、実にHwaHwaらしいじゃないですか。

と、これだけじゃツマらないので……。
音声合成ソフトにテキストを突っ込んでみました

HwaHwaのメッセージを読み上げてみた

「r」が微妙だけど、意外に違和感ないですね。
あ、liveをリブって読んでる
Posted by alt at 10:40 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年02月01日

 765. またもやゴシップ記事

World of HwaHwaのBlogより。No.763の続報です。

前のエントリーにも書いてありますが、「Backstreet Boys」コンサート
での出来事。

今度は新聞が、HwaHwaとSongSongの写真を撮ってスクープとして
掲載したそうです。

新聞自ら、写真に「PAPARAZZI」の文字をカブせるなど、
やることは正に「」並みの下世話さ。
Copyright  © 2006 unknown

一緒に行っていたのは、弟のSongSongクンな訳ですが。
二人の照れたような、呆れたような笑顔を見よ。
Copyright  © 2006 unknown

タイのメディアは以前から、このようなゴシップ記事を掲載していましたが、
昨年あたりから、芸能誌が相次いで創刊されるなど、にわか芸能人ブームに
なっているみたい。
それで、こんな記事が次々と掲載されるようになったのでしょうか。

タイの芸能人も、これまでのようにプライベートをのんびり過ごすことが
できなくなってきているのかも知れません。良くない風潮だね
Posted by alt at 20:40 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年01月30日

 763. HwaHwa親密交際報道の真相

World of HwaHwaのBlogより。

なんとHwaHwaがタイのゴシップ誌、その名も「Gossip」に
激写された模様。

記事タイトルも「HwaHwa 若い中国系男性と親密交際中」 と
そのものズバリ。
どうでもいいけど、このフォントは本当に読みにくいねぇ
Copyright  © 2006 Gossip

写真でご覧の通り、HwaHwaを含む数人の男女が楽しげに
ショッピング中のところを盗撮したもの。

前のエントリーの写真を見ると、5年前はかなり幼かった
じゃないですか。HwaHwaもすっかり大人になったという
わけですね。

ただ、HwaHwaサイトのBlogJILLさんのBlogを見れば
事の真相はお分かりでしょう。

というかChina Dollsファンなら、きっとこの男性を知ってますよね
Copyright © 2005 HwaHwa

HwaHwaの弟、SongSongクンです。
正面から見ると、結構似てる

ともあれ、ウラも取らずに記事を書いた記者は編集長あたりに
怒りのパイルドライバーでも食らってもらうこととして
こういう形でメディアに登場するということは、まだまだChina Dollsの
知名度は低くない(高いと言い切りたいところですが、控えめに表現)と言えそうですね。

ちなみに、この二人が行った「Back Street Boys」は、
昔からHwaHwaが大ファンなんです。
バンコクでコンサートを行ったんですね。
Posted by alt at 01:17 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年01月11日

 754. コンサートへ絶対来てね

World of HwaHwa のBlogに2005 Tiwa Hula Hulaコンサートに
向けたファンへのメッセージが掲載されています。

これまた、英語、タイ語、中国語、日本語と4ヶ国語による
豪華バージョン。

感心したのが、↓コレ。 実にHwaHwaは表情が多彩ではないですか。
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

企業名を羅列しただけのシンプルな背景(どこかのショップでしょうか?)
陽気に語るHwaHwaの表情が映えます。

前回はスーパーマーケットの売り場だったし、わざわざ
面白い撮影場所を探しているのかも知れませんね。

日本語では 「1月15日、みなさん絶対行きま~す」と
しゃべっていますが、他の言語を聴くと、これはたぶん
「みなさん絶対来てくださいね」と言いたいんじゃないかな?

ところでHwaHwaサイトのBlogには、 wmvフォーマットのムービー
以外にも、mpegフォーマットのムービーが置いてあるのですが、
Dolly がコメントしていたように、私も表示できないのですが……。
ファイルが壊れてるのかな?
Posted by alt at 23:11 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年01月07日

 748. HwaHwaの新春メッセージビデオ

時事ネタは旬が過ぎないうちに。

World of HwaHwaのBlogに、あけましておめでとうムービーが
掲載されています。

冒頭がいきなり「あけましておめでとう」と日本語で始まり、
続いてタイ語で新年の挨拶をしています。
Copyright © 2006 www.hwahwaworld.com

それはともかく、ご覧の通りなんとスーパーの店内で
ゲリラ的に撮影しています。

しかも背景ノイズバリバリで何と言っているのか
(タイ語だからというだけでなく)分かりません。

もう少し場所を選べばいいのにと思うと同時に、 周囲の
買い物客が全然気にしていないのはタイならではの
大らかさでしょうか。
最後のYeah!というのが、たまたま放映していた「オースチン・パワーズ」
と妙にカブるのが可笑しかったり。

ところで、昨日には直接HwaHwaからのファンにHNYメッセージが
送られてきましたし(なぜ今ごろ?と思いつつも、それはそれで嬉しかったり
サービス精神たっぷりです。

今年もファンを驚かせ、喜ばせてくれるサプライズを期待しています。
Posted by alt at 01:34 | Comments [3] | Trackbacks [1]

2006年01月04日

 745. HwaHwaの新春メッセージ

World of HwaHwaの日本語フォーラムにも書きましたが、
HwaHwaからファンに向けたメッセージが、冬の寒風を吹き飛ばすような
心暖まる内容なので、勝手に和訳すると共にこちらでもご紹介。

オリジナルはココにあります。
http://www.hwahwaworld.com/forum/viewtopic.php?t=361

-------------------------------------------------------------- from World of HwaHwa
thank u everyone for being here with me for a year..and start 2006 together..i still remember the 1st day of the website..and everyone here for cheeering me....giving me the best suggestion,drawing me a lot of beautiful picture,being with me in whatever special day,always love me as a family's member...and many many other thing that i didnt mention bout... i hope this gonna be another wonderful year for all of us...and let me say "I LOVE U" in this special day...all best wish for u guys,with love
--------------------------------------------------------------
みなさんがここで私と一緒に1年を過ごし、そして一緒に2006年を
迎えてくれたことに感謝します。

私は今でもこのサイトのオープン初日のことを覚えています、それに
みなさんがこのサイトで私を応援してくれたこと、最高の助言をして
くれたこと、たくさんの綺麗な絵を描いてくれたこと、特別な日はいつも
私と一緒にいてくれたこと、私を家族の一員と同様に愛してくれたこと、
そして書ききれないほどたくさんのことを。

私たち全員にとって今年が新たな素晴らしい年となることを願っています、
そしてまたこの特別な日に「I LOVE U」と言わせてください。
みなさんに感謝と愛をこめて

--------------------------------------------------------------

何度も書いたことですが、こんなメッセージを書いてくれるアーティストって
そういないでしょ? 心の中ではそう思っているヒトはいるのだろうけど、
自分の個人サイトを持って、そこで自分の思いを披露してくれるというのは……
嬉しい限りではないですか。
Posted by alt at 20:22 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月26日

 741. HwaHwaからのメッセージ

Thai Popper's Paradiseの2005 Tiwa Hula Hula来日記念特集
ムービークリップにHwaHwaバージョンが登場しています。
(今週はYaYa Yingだと思って、油断してました

もちろんというか当然と言いますか、HwaHwaは上手な日本語で
メッセージを聞かせてくれます。

HwaHwaからのメッセージ
他のメンバーより
大きいサイズで
キャプチャして
みました
Copyright © 2005 Thai Popper's Paradise

んー、また髪型変わった?
Posted by alt at 19:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月13日

 733. Armaniファッションショー

今日もおなじみ World of HwaHwa から。

9月30日に、タイで Armani Fasion Show が行われ、
HwaHwaとBellはファッションモデルとして参加したそうです。

見よ、この堂々たるモデルぶり。ホンモノのモデル(背が高い!)に混じっても
ひけを取りませんね。ゴージャスです
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

ステージ度胸があるんでしょうか。リハーサルのときはやや堅さがありますが、当日の
ランウェイ上のChina Dollsは毅然としています。

この体験がうれしかったようで、HwaHwaは彼女のフォーラムに英語中国語
日本語でメッセージを残しました。

------------------------------------------------------

its the 1st fashion show for me..very very excited and very nervours too..ahahaha!!
just feel so shy when i was on the catwalk but its the good experience for me..i love it..
hope u everyone will love it too miss u guys!!

(これが初めてのファッションショー体験でした。とってもワクワクしたし緊張もしましたよ あははは!!
キャットウォーク(ランウェイ)の上を歩いたときとっても恥ずかしかったけど、よい経験です。
私はファッションショーが気に入りました。みなさんも気に入ってくれると嬉しいです みなさんに会えなくて寂しい)

------------------------------------------------------
這是我第1次走服裝秀!非常的緊張..尤其走出來的時候..希望大家會喜歡..幫我加油哦!!
(これが私の初めてのファッションショーでした!すごく緊張しましたよ、特にランウェイに登場するときね。
みなさんが(写真を見て)楽しんでいただけることを願っています。応援してね!!)

------------------------------------------------------
fashion showは はじめまして。とっても緊張する 。
みんなさん 好きですか?よろうしく おねがいします
------------------------------------------------------

HwaHwa語が可愛いです
Posted by alt at 11:56 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月12日

 732. HwaHwaの悲鳴

他のエントリーに書かれた某氏のコメントからのネタ。(名前伏せときましたよ、ババさん

聞いてみたいですか? 娃娃の悲鳴。すごいよ。ビックラしました。

キャー

声域広いね~ さすがは歌手です

これは丁度このシーンです。World of HwaHwaギャラリーから
悲鳴をあげながら助走してきた娃娃 その勢いでジャンプ!と思いきや
ただそのまま…… プールに自由落下。
でも気持ちだけはゴールを目指していて とりあえず手を乗せてみましたの図
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

手前の赤い背中は5566の王仁甫。なすすべもなく呆然と立ち尽くす姿がいいねぇ

娃娃は水恐怖症で有名なんです。よくこんなゲームに参加したもんだ
Posted by alt at 08:21 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年09月15日

 728. China Dollsの愛犬たち

HwaHwaのサイトとBellのサイトで、彼女たちの愛犬の写真が見られます。

MEMO No.375で一度取り上げたことがありますが、写真つきで紹介するのは
今回が初めてとなります。
HwaHwaのペット Gucci
Bellのペット Wonton

Copryright © 2005 www.hwahwaworld.com

Copryright © 2005 unknown (from BigBelle.com)
シーズー ゴールデンレトリーバ
1歳6ヶ月、メス 1歳9ヶ月ぐらい、?

HwaHwaのGucciは、World of HwaHwaのフォーラムにおけるGucci自身の回答によると、
1歳半だそうですが、2代目のGucciでなければ、もう数ヶ月トシを取っているハズ。

Gucciという名前の由来は、もちろんブランド名からですが、HwaHwaのおばあさんが
呼びやすい名前ということで選ばれたそうです(Gucci談

GucciやHwaHwaのことについて知りたいことがあればGucci's House で、どーぞ。
Gucci本人(本犬か が答えてくれます。まぁ、誰が答えてるか考えるまでもないですが、
この毛玉のような犬と話しているような錯覚すら覚えます。
いや~、ホント好きだわ、こういう遊び。Gucciも可愛いし

BellのWontonの名前の由来は不明。ただ、意味はいわゆる中華料理のワンタンです。
今回初めて写真を見ましたが、キレイな犬ですね。それに賢そうです
Posted by alt at 17:32 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年09月06日

 722. China Dollsよ永遠なれ

さて。
このサイト始まって以来、最も重いテーマを語るべき時が来ました。

7月5日、Thai Popper's Paradiseでも取り上げられた「チャイナドールズ解散報道」の一件は、いまでも記憶に新しいところ。
それに関わるバックグラウンドで、私が知っている限りのところを全てお話ししましょう。

最初に確認しておきますが、
China Dollsは解散しません
ちょっと考えればわかることですが、解散するメリットがないからです。

Bellの活動休止宣言

9月4日にBellの個人サイトであるBigBelle.comフォーラムに、Bellが「about disband」と題して次の書き込みをしました。ついでに訳を付記しておきます。
---------------
I want u guys know about this becos so many fans ask about it. I want all of u know that we r not
disband. I and hwahwa always b good friend and we always b chinadolls. but just want stop it for
now. We'll do it for sure if we have a chance in the future. and I hope u guys still always support
us forever. Can u promise me? I love u all. Chinadolls love u guys forever.

---------------
たくさんのファンから問い合わせをいただきましたので、解散の件についてお話しておきたいと思います。
まず「China Dollsは解散するのではない」ことをご理解下さい。
私とHwaHwaはずっと親友同士ですし、私たちはこれからもChina Dollsのメンバーです。
でも、今だけChina Dollsであることを休んでみたいと思います。
私たちは将来チャンスがあれば必ずChina Dollsとして復活します。ですから、みなさんには これまでどおり
ずっとChina Dollsを応援していただきたいのです。約束してくれますか?
私はみなさんが大好きです。China Dollsはみなさんを永遠に愛しています。
---------------

この書き込み以来、ウチのサイトのカウンターの回り方が速くなりました。
HwaHwaサイトをのぞいてみると、これまた日に400前後と異常な速さで回っています。

この件は、China Dollsファンの最大の関心事ですからムリはないかと思います。
でも、多くのファンは全然驚いてないんですよ。なぜなら、Bellの活動停止宣言に至るまでの経緯には、とても長い歴史があるからです。

始まりは……

--- 2004. May

最初に解散という言葉が表に表れたのは、いまは亡きChina Dolls Clubでのこと。
タイのファンが2004年の5月に、Thairath紙に掲載された解散の可能性をほのめかす記事に言及しています。
(このとき数日分のタイラット紙を探してみましたが、タイ語が読めない哀しさで結局見つからず)

もちろん、BWがリリースされた直後のことですから、信憑性の低い情報ですし、Grammy側だってそれを認めるわけはありません。
しかし、BellとHwaHwaの契約更新が6月に迫っていたことを考えると、彼女らの頭には、それぞれが思い描く目標を追求してみたいという考えが芽生えていたのかも知れません。

真相はともあれ、このとき「解散」という言葉に対する免疫がファンの間に形成されたのは間違いないでしょう。

なぜ台湾紙が?

--- 2004 Oct.

その解散騒動が収まった10月、今度は台湾の新聞「中時電子報」に「中國娃娃長大 造型單飛」と題した記事が掲載され、娃娃がドラマに興味を示していることが書かれています。
このときは、まだスタイル(衣装)の方向性が異なってきたと書かれるのみで、特に解散については触れられていません。
台湾のファンも、特にこの記事を重要視していませんでした。

以下に引用します。
---------------
【中時電子報 】 趙雅芬/台北報導
還記得裝扮可愛,跳舞曲的中國娃娃嗎?2年不見,團員娃娃和貝兒不僅都大學畢業了,也都從小女生轉為小女人的裝扮,變得更亮麗成熟。在泰國工作不斷的她們,前陣子受邀到日本演出,再開拓了新的市場,對於暌違許久的台灣,娃娃說:「我很想來演偶像劇。」

中國娃娃17、18歲就出道,當初泰國把她們塑造成可愛的娃娃形象,她們劉海短髮的髮型,和帶著搞怪的裝扮,吸引不少人的注意,不過,她們穿著打扮太過一致,搯_來有如一對雙胞胎姊妹,讓人分辨不出來。

去年她們分別從泰國的大學畢業後,不再為學業分心,也更突顯自己的造型。拿掉牙套的貝兒,喜歡走搖滾龐克路線,下了舞台,她是性格十足的女生,娃娃看起來像姊姊,但卻是標準的粉紅一族,任何粉紅色東西她都熱愛,裝扮也偏向裙裝的淑女造型。

前陣子她們應邀赴日本演出,推廣泰國的觀光旅遊,一到關西機場,有日本歌迷舉牌歡迎她們,讓她們大吃一驚,她們連續好幾場演出,也都有不少歌迷來要簽名;娃娃說,最讓她們驚訝的是,日本歌迷為她們設立的網站,比台灣、泰國歌迷設的網站還多,也更加詳細,連她們自己都忍不住上日本的網站查看自己的近況呢。

由於娃娃的媽媽在台灣,娃娃偶爾會回台灣探望媽媽,看到台灣偶像劇紅遍各地,女大十八變的她,也有興趣單飛演戲,她說,她大學念中文系、輔修日文,中日文的台詞對她來說,都沒問題啦。
---------------
大阪へ来たとき関西空港へ出迎えに行ったファンって、JILLさんでしたよね? そのことが書いてありますよ
んー、ウチのサイトのことも書いてある

--- 2004 Nov. Dec.

11月と12月、自由時報に中國娃娃不仲説が掲載されます。内容はゴシップめいた中傷記事のため、どこまでが事実なのか……。
そういう訳で元記事は掲載しません。

ところが12月31日付の「蘋果日報」に、中國娃娃が解散する可能性があると明記した記事が掲載されました。

以下の記事で、娃娃は台湾での仕事に関心を示していることが分かります。
---------------
【張哲鳴╱台北報導】
六年前,泰國女子團體「中國娃娃」以《單眼皮女生》打響名號,但很多人不知道,團員之一的娃娃(陳冠樺)其實是個台灣女孩,八歲時才隨父親到泰國念書。別說求學時,同學常搞混她的國籍,直到現在,走唱亞洲各國,仍常被弄混。雖然自覺沒歸屬感,不過面對誤解、嘲笑,她早懂得一笑置之!

星大十八變
娃娃的媽媽是台灣人,爸爸是廣東人,她在台灣出生,曾念過台灣的幼華和復興幼稚園,八歲那年,爸爸赴泰國做生意,她和奶奶便到泰國和爸爸同住,媽媽則留在台灣。國小、國中、一直到大學,她都在泰國念書,這段時期,「妳到底是哪裡人?」「妳不是泰國人!」這類疑問便一直充斥她的生活。

被誤當泰妞
十九歲那年,她被星探發掘,與另一個泰國女生「貝兒」合組團體「中國娃娃」,先在泰國推出唱片,隔年再到台灣高唱:「大錯特錯不要來,污辱我的美!」不過到了台灣,原以為回到自己的故鄉,卻還是被人質疑:「她應該是泰國人吧!」
近兩年,她暫別台灣市場,仍在泰國發展,甚至常到日本、新加坡演唱宣傳,到了異國,還是沒人搞得清她的國籍,娃娃說:「小時候常會被問,甚至會用異樣眼光嘲笑,以前真的會難過,但現在不會了,只是覺得好笑,就一笑置之囉!」

不排斥單飛
娃娃說:「其實我還是最喜歡待在台灣,畢竟是自己的國家。」今年,她自泰國的大學畢業,開始認真思考未來的方向,她不排斥單飛,最希望能回台灣工作,「我還是喜歡唱歌,也想嘗試演戲。」

中國娃娃之娃娃
本名:陳冠樺
年齡:25歲(1979.6.12)
身高:167cm
國籍:中華民國
學歷:台灣幼華幼稚園 台灣復興幼稚園 泰國國中、高中 泰國Abac國際大學
作品: 在台灣發行《單眼皮女生》、《萬歲萬歲萬萬歲》等6張專輯,在泰國發行10張專輯。
--------------
タイでは台湾人と言われ、台湾ではタイ人だと呼ばれ……
娃娃って、苦労しながら育ってきたんだねぇ  でもこの記事、profileに間違いが多いな。

この頃から、マレーシアのファンが騒ぎ始めます。

ついに心は定まった!?

--- 2005 Jan.

1月にHwaHwaの大学で卒業式があり、1月25日付けの「星報」「中國時報」「聯合報」「民生報」の各紙に、今後、娃娃は台湾で演劇をメインに活動すると断言して書かれています。

しかし、実際は娃娃は今年の夏まで進路を決めかねていたのが事実なのです。

--------------
【2005-01-25/星報/C3版/青春探索 記者 賴怡鈴/報導】
以妹妹頭造型在台灣打開知名度的中國娃娃,其中在台灣出生的娃娃陳冠樺,今年初自泰國的國際大學中文系畢業,畢業典禮當天,娃娃備受矚目,不少學生和家屬拉著她簽名、合照,還有長期支持她的日本歌迷現身校園,讓娃娃又驚又喜,這位歌迷以多年蒐集的資料,製作了她的專屬網站,供歌迷交流,聽到歌迷的心意,娃娃當場感動落淚。

結束兼顧學業和事業的生涯,娃娃決定全力在演藝事業上衝刺。她認為台灣市場相當重要,以希望能在台灣發展唱片之外的演藝工作:偶像劇、鄉土劇、主持來者不拒,因她去年10月曾來台先行探路,不過很多人都以為她需要中文翻譯,加上少了另一個夥伴,不少人都以沒有新話題、沒有太多魅力為由拒絕,讓她相當傷心,但也因此讓她下定決心,要從零開始再戰台灣市場。陳冠樺說:「我不放棄任何機會,我中文聽說都沒有問題,所有的演出工作我都會珍惜,當作是全新的挑戰和磨練。」
--------------

他紙の記事も大同小異。
ここにも私のことが書いてありますが、これは大ウソです。だってパスポート持ってないのにどうやってタイへ行けるんだっつーの。
どうやらHwaHwaのサイトにProfileデータを提供したことから、誤解が生じたようです。このテのゴシップ紙って、ウラ取らずに
妄想で記事を書くから困りもの。


--- 2005 Mar.

さて、台湾での仕事に新天地を見出すことを決めた娃娃、と思いきや!?

【2005-03-14/星報/A2版/嗆辣爭議院】 記者 李雨勳/報導に、こんな記事が掲載されました。
以下は、関連部分の抜粋です。

--------------ここから抜粋
今年6月,「中國娃娃」與泰國公司約滿,還不知道會不會續約,娃娃想將工作重心擺在台灣,將台灣經紀簽給「達人」公司,Bell則打算出國繼續唸研究所,娃娃說:「我不確定『中國娃娃』會不會解散,但每個人都有想做的事情,我的媽媽與外婆都在台灣,所以我想留在這邊試試,不管演戲、唱歌、主持都可以。」
--------------ここまで抜粋

6月にGrammyとの契約更新の時期が来るが、娃娃は契約を更新するかどうかまだ決めていない。しかも中國娃娃は解散するかどうかも決めてない。ただし、台湾での仕事をメインにすえる。といったことが書かれています。

うーむ、揺れる女心?

問題の解散報道とGMM否定のウラ話

そして、例の7月4日がやってきます。
Thai Popper's Paradiseでもニュースになった、中國娃娃解散報道です。

この解散記事は「星報」のほか、7月3日付けの「中華日報」にも掲載されていました。
--------------
【2005/07/04 星報】
記者 張雅婷/報導

在台灣出過9張專輯的中國娃娃決定要解散,各奔前程。

已出道快5年的中國娃娃,以「單眼皮女孩」讓台灣觀眾認識了她們,雖然沒有大紅大紫,但是每逢節慶都可以聽到商家在播放中國娃娃的歌,如「發財新年歌」、「賀歲喔喔喔」;在泰國、馬來西亞及新加坡,中國娃娃還得過最佳重唱組合與最佳單曲等2項殊榮。

中國娃娃因為各自目標理念不同,儘管感情再好,兩人還是決定趁年輕時解散。娃娃的中文流利,一向都是由她扮演發言的角色,未來娃娃依舊會朝歌唱事業發展,不排斥與泰國及英國製作人合作,更打算主持節目,甚至前往內地拍戲。

貝兒則是對幕後發展有濃烈的興趣,也計畫出國深造舞蹈,貝兒表示,2人的默契真的很好,娃娃也很照顧她,即使中國娃娃解散,對她來說都是一輩子的回憶。
--------------
Copyright © 2005 GMM, Encore


この記事を、マレーシアの問題児が世界中のChina Dollsファンサイト(ウチにも貼って行きました)に貼りつけて回ったんですわ。
コアなファンは過去の解散騒動を経験していましたから、特に問題視しなかったのですが、これを知らなかったファン(特に台湾と中国ね)が解散報道を悲観して、サイトをクローズするわ、掲示板に泣き言を書き連ねるわで大変な騒ぎに。

そこで、事情通のあるヒト経由でGrammyに事の真相を確認していただきました。
その結果が、Thai Popper's Paradiseに掲載されたあの記事という訳です。

つまりChina Dollsは解散していない、というGrammyの回答には重みがありました。
Thai Popper's の記事は、めざましい効果があり、悲観していたファンが一日で立ち直ったほどです。

そして二人の決心は固まった?

--- 2005 Aug.

事態が急転したのは、8月のこと。BigBelle.comのフォーラムにYokが書き込んだメッセージによると、
8月13日、タイの「TV POOL TONIGHT」という番組にChina Dollsが出演し、解散報道について語ったそうです。

その内容は、最初に引用したBellのメッセージと同等のもの。
つまり二人はそれぞれの目標を追及していこうと。その間、ちょっとChina Dolls事業はお休みにしてもいいよね、ということです。

これに関してファンからBellに質問が数多く寄せられた結果、最初のBellの書き込みとなったのでしょう。

これまでと何も変わらない

唯一の問題は、Bellが「Stop」という言葉を使ってしまったこと。なぜなら、これまでのChina Dollsの仕事の仕方と、なんら変わるところがないからです。

これまで単独の仕事として、HwaHwaは台湾で司会や娯楽番組、歌謡番組への出演をこなしてきました。こういった単独の仕事形態は、既に2002年の5月から始まっているのです。


もちろんBellも、昨年から単独でのTV出演を何度か行っています。

ただ一つ従来と異なっていることは、学業から開放された二人には新しいことを始める時間が豊富にあること。それだけです。

China Dollsに終わりはない

とりあえず今は、BellとHwaHwaがそれぞれの理想を追求すべく別々の方向の道を歩みますが、それはあくまでも自分を磨くため。
決してChina Dollsの仕事をしないというわけではないのです。

極端な話、仕事の依頼さえあれば、来週にでもChina Dollsのコンサートや2005 Tiwa Hula Hulaのライブがどこかで、当たり前のように行われている可能性だってあります。

Bellが語った活動停止という意味は、その程度の軽い意味合いなのです。

ですからそう遠くない将来、また新しいアルバムでこれまでと違ったChina Dollsの魅力をファンに見せてくれることでしょう。

All About China Dollsはこれまで通り、
China Dollsのファンサイトとして継続します。

HwaHwaおよびBellの最新情報が入り次第、このBlogで報告させていただきますので、
よろしくどーぞ。
Posted by alt at 20:11 | Comments [8] | Trackbacks [1]

2005年08月03日

 713. HwaHwa似のアノ女性

近頃、coco-chanelさんのBlogと、nakaさんのBlogで話題になっている例の件。

なんとTVコマーシャルに、HwaHwaのソックリさんが登場しているのだそうです
先日偶然、そのコマーシャルを目撃!(ヒマラヤで雪男を見た!みたいなノリだな
な~るほど。確かにHwaHwaに似た雰囲気がありますね。

んで、そのHwaHwaに似ているというヒトは、酒井若菜。

あえて画像は貼りません、というか貼れませんが、酒井若菜ってオデコは広いし
口は大きいわで、広東系中国人みたいな顔立ちなんですよね。

オデコの広さと口の大きさはHwaHwaの特徴ですから、ソックリに見えるのも
ムリはないかも。
唯一、酒井若菜は小顔なところがHwaHwaと違いますか。

それでも信じられないというヒトは、アサヒビールのここでCMをチェックしてみてください。
まー、異論はあるかと思いますが

ムービーに直リンクすれば、コレですわ。
(要 Windows Media Player)

ダンスや歌は、HwaHwaの方が段違いに上手ですね。

そういえば、知り合いの一人に酒井若菜の大ファンがおりました。Jさん元気?(笑)
Posted by alt at 18:19 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月20日

 703. ついに明かされたGucciの謎

ナゾってほど、大げさなものじゃありませんが

HwaHwaの愛犬Gucciの写真が、彼女のサイトのGalleryBlogに登場しました。

台湾の家にGucciという名のシーズー犬がいることは、以前からさまざまなメディアに
掲載されていました。でも、Bellの愛犬は画像が公開されたことがありましたが、
HwaHwaのGucciに関しては、まったくのナゾだったのです。

そのGucciの写真がコレだそうです。予想以上に可愛い犬じゃないですか

どこまで毛玉で、どこからがGucciなのか……
Copyright © 2005 World of HwaHwa

まるでヌイグルミのように可愛いGucciですが、HwaHwaのBlogによると、こんな特徴があるそうです。

以下、全文引用。
--------------------------------------
  • Gucciは女の子です.
  • いつも、遊んでもらいたい人のところへお気に入りのオモチャを持って行きます、
    誰も遊んでくれないときは寂しがります.
  • Gucciは彼女を連れずに外出しようとする人の
    足を噛むことが大好きです.
  • 彼女は誰かと一緒にいることが大好きです.
  • 彼女は家を訪ねて来た人の世話をするのが好きです.
--------------------------------------

なんか、随分甘えん坊ですね。でも、この顔で甘えられたら、ねぇ


実は、ウチにもGucciがいますよ
フルネームでは、Gucci Wontonといい、日本語を話します。

機嫌がいいと川柳だって読みます。ほら。
「水浸し 関連したり 土俵入り」
……!?!?

んーー、なんだこの犬は!(笑)
Posted by alt at 19:18 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年07月08日

 694. 今天的失焦寫真 大喜利バージョン2

吉例! 大吉利コーナー

あの大吉利コーナーが、No.342以来、なんと1年と5ヶ月ぶりに帰ってきました。
今回のお題は、なんと4月東京コンサートから。

コンサートの最中、曲の合間には、BellとHwaHwaのMCがあります。
普通のバンドならたわいもない話題のシャベリになるのでしょうが、
息のあった二人のそれは、まるで「かけあい漫才」みたいになってしまいます。

そんなわけで、お題はコレ。
HwaHwaが指さしながら何やら言っている様子。
それに対するBellのひきつった笑顔がポイントですね。

画面の二人に合いそうな、それぞれのセリフを考えてください。
セリフの順番はどちらが先でもOKです。
Copyright © 2005 Thai Poppoer's Paradise

早速、いくつか当てはまりそうなセリフを考えてみました。
-------------------------------------------------
H:トイレ? トイレならアッチ
B:そうじゃなくて!
-------------------------------------------------
H:あんたの○、いつもより大きくない?
B:ダメ!それ言ったらダメ!
-------------------------------------------------
H:あんた性格悪いよ。
B:そんなことないない!
-------------------------------------------------
H:アッチ向いてホイ!
B:いまは遊んでるときじゃなーいっ!
-------------------------------------------------
上の中に、China Dollsが上のシーンでホントに言ったセリフがあります。覚えてますか?
ちなみに、2番目の回答の○には「声」という文字が入りますよ~。
違う文字を入れて読んでしまったヒトは自己批判するよろし

当てはまるセリフを思いついたら、コメント欄へゼヒ。

ちなみに、前回の大吉利にいただいた回答のひとつをご紹介しましょう。
りんたろうさん作のコレです。
Copyright © 2002 wendy

シンガポールのコンサートでのMCで、ついうっかりと関西弁がでてしまうBell。
彼女をたしなめるHwaHwaもなぜか関西弁。ありがちな光景ですな ないない

それにしてもたった3年前の写真なのに、当時の二人は少しポッチャリしてましたね。
Posted by alt at 13:53 | Comments [10] | Trackbacks [0]

2005年07月07日

 693. 娃娃、大陸のドラマに出演!?

4日付けの台湾の新聞より。

中国の国営テレビ局「中央電視台」が連続ドラマ「誰在你身邊(あなたのそばに誰がいる)」の製作を予定しており、
そのドラマへ娃娃が出演要請されているのだとか。

ちなみに「誰在你身邊」は、自動車事故を発端に始まる愛憎倫理劇だそうです。事故の結果、子供の血液型から自分の子でないことがわかるとかなんとか、なんかドロドロした人間関係を描いたストーリーになりそう。
ま、大陸製だからね。

いまだ配役は主役を除いて決定していませんが、7月中旬には全て決定し、ドラマの放映は年末になる見込み。


さらに、もうひとつ。
こちらは内容が不明ですが、なんでも中国のトラベル情報番組の司会者に娃娃が予定されているそうです。

どちらのチャンスもうまく掴んで、大陸での人気が上昇するといいですね。
Posted by alt at 14:08 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年06月29日

 686. HwaHwaの百面相

World of HwaHwaGalleryから。

HwaHwaのケータイで撮影された写真が掲載されています。
その中にあったのが、この2枚の組写真。
オリジナルを拡大して見やすくしてみました。
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

へー、最近のケータイには便利な機能があるんですね、感心感心……って、そうじゃなくて。

このHwaHwaの多彩な表情を見よ!

おそらくプライベートな時間に撮影したものと思われますが、真面目でクールなものから、
おどけたヒョウキンな顔まで、次々と移り変わる豊富な表情がHwaHwaの魅力のひとつです。
この2枚の組写真だけで、それが充分に表現されているではありませんか。

また、それぞれの写真にセリフを入れてみると面白いかもしれません。
ただ、この表情からは、このセリフしか思い浮かびませんでした

好きだな~、この顔
Posted by alt at 10:20 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2005年06月27日

 684. 好みのカラオケ曲は?

今月12日のHwaHwaの誕生パーティで撮られた写真に、
カラオケを興じるBellとHwaHwaが写っています。

一体、彼女たちはどんな歌を歌っているんだろう? 
という疑問から始まったネタです。

Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

HwaHwaとBellがカラオケで好んで歌う曲は、
HwaHwaのBlogとBellへのインタビューによると、次の通りでした。

  Bell HwaHwa



スローな曲が好きです。カラオケでは、PAN Ta na pornの歌を良く歌いますよ。彼女はGMMじゃなくてRSの歌手なんですけど。そう、それにChina Dollsの歌もよく歌います。私はいつも自分の歌を宣伝しているんです、あはは 特に歌う曲を決めていません。最新の歌か一緒に行った友達の好みによります。


回答なし ブリトニー・スピアーズやバックストリート・ボーイズ、それにアヴリル・ラヴィーンなどの曲をよく歌います。



1曲だけ歌えますよ、ほら日本のコンサートで歌った「恋のバカンス」です。私はあの曲が大好き。 宇多田ヒカルの「First Love」やSMAPの「世界にひとつだけの花」です。彼女はSMAPの歌が好きです。


「答えるのが難しい質問ですね」としながらBellは丁寧に答えてくれました。彼女が歌う英語曲にも興味があったのですが、カラオケで歌うのはタイ語曲が好みのようです。
それにしてもカラオケで自分の歌を歌うという、予想外の回答にはビックリ。まさに歌手の鑑ですね
HwaHwaは高校時代から日本のCDを聴いていますし、彼女の日本好きは有名ですね。
特にSMAP好きは高校時代からと年季が入っています。
ちなみに、彼女の作詞による「晩安」(中国語版の「Mai sung」)の中に「おやすみなさい」という日本語フレーズがありますが、これは「福山雅治の曲にあった歌詞を気に入って、いつか使ってみようと思っていました」と、HwaHwa本人が語っています。

Bellが「恋のバカンス」を気に入ってくれたことは、嬉しいことですね。
ただ、今でも歌えるかどうかとなると……はてさて
Posted by alt at 19:56 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年06月19日

 680. やっぱり乗れない!?

またしても、あの疑惑が浮上してきました。
疑惑と言えばアレですよ、HwaHwaのアレ(笑)

まずは、2005 Tiwa Hula HulaのVCDに収録されているMV「Ta lan tan tan」の
シーンをご覧ください。
あるヒトは上手に、またあるヒトは
フラフラと自転車に乗っているシーン。

でも、メンバーは5人いるはずなのに
画面の自転車はなぜか4台。
と、Jenniferの後ろから手を振る
お茶目なヒト発見!
顔はしかとは写りませんが、この
広いおデコは、間違いなくHwaHwa
実はこの「HwaHwa自転車に乗れない
疑惑(笑)」は、 2003年4月に書いた
MEMO No.259でも、一度ネタに して
います。
左の写真は、中国語版「少来了」のMVから。

HwaHwaって、ホントに自転車に乗れ
なかったんだ。
意外というか、可愛いというか。
おまけ。同MVで弾けまくっているHwaHwaとBell。
Copyright © 2001, 2005 GMM Encore, 8866
Posted by alt at 16:58 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年06月13日

 676. HwaHwaの誕生日 2

HwaHwaの誕生日は足掛け2日でお祝いするのが、
去年から恒例行事となりつつあります。

んで、深夜に完成するはずだった今年バージョンのFlashムービーが
ようやく完成しました。

<< Click this!!

予告どおり、手を抜こうと文字ベースでいくつもりが、かえって
昨年より面倒なことになってしまいました。

しかも、手間がかかったわりにはバランスが取れてないという
情けない結果に。

それもこれも、昨年のFlashを作って以降、手をつけてなかったものだから
Flashの使い方をですね。すっかり忘れていたわけですよ

これには、まいりました。 1年前のトラブル回避と同じことを
同じ経緯で試行錯誤して、ようやく完成です。

あまり適当でない写真もありますが、まぁ、そこはそれ。
ご愛嬌ということで、ひとつ。

ちなみに、毎年HwaHwaの誕生日には、力の入ったFlashを
作って、Bellの誕生日は画像でお茶を濁しているのは、特にヒイキしている
わけではなく、単にBellの誕生月である4月は、新年度ということでメチャクチャ
忙しいからです。はい。

エンドロールのハープバージョンは、World of HwaHwaにあった
ハープレッスンの写真を見ての思いつきです。
元々は、ギターパートだったものをハープで弾いています。
ハープの奏法は全く知らんし。音が似てるからいいじゃんみたいな。
そんなもんです(笑)

それとなるべく最近の画像がよかろうと、大量にWorld of HwaHwa
ギャラリーの写真を使用させていただきましたが、事前に了承を得ています。
Posted by alt at 15:32 | Comments [14] | Trackbacks [1]

2005年06月12日

 675. HwaHwaさん誕生日おめでとう

今日、6月12日はHwaHwaの誕生日です。
Happy Birthday, HwaHwa!!

というわけで去年に引き続き、今年もFlashを作っているわけですが、
諸般の事情により、今日中に完成する見込みが立っておりません(笑)

ならば。去年のFlash ムービーを間に合わせに見ておいてください。
なお予告しておきますが、今年のFlashは、これを超えるものは作れそうに
ないので、安易なところでお茶を濁します。

<- Click this!!

This Flash movie was made for HwaHwa's birthday in 2004.
Now, I'm creating new version hardly, but it will be completed at mid night.
So, please enjoy 2004 version. It's about 2.6MB Flash movie,
it may take long time to download!
Posted by alt at 17:32 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年06月08日

 671. 我猜我猜我猜猜に出演

大陸の掲示板からのネタ。

台湾で5月29日放映された「我猜我猜我猜猜」のキャプチャ画像が
大量にアップロードされています。
たぶん大陸のファン、fellのアルバム数百枚ありますが、かなりダブってます。また、サーバーの速度が遅いので、
全部見るには時間がかかるかも。



この画像はWorld of HwaHwaギャラリーから。2月末から3月初旬の間に
収録したようです。
Copyright © 2005 World of HwaHwa

2005 Tiwaのアルバムを録音していることや、今後は女優や司会者としても
仕事をしてみたいと意欲的に話す娃娃。
「あなたもきれいになりましたよね」と司会者から褒められて、嬉しそうに
「謝謝」と言う娃娃。でも、司会は傍若無人なコメディアンの呉宗憲だけに
褒めるだけで終わるわけもなく……
「今日はセクシーな下着を着てますね」と話題がそれて、隣のアイドル歌手に
チェックさせる始末。ノリについていけない娃娃の呆然とした表情を見よ。
台湾のファンは呉宗憲に対して激怒 してましたねー。
Copyright © 2005 中國電視公司

こんな感じで、時折台湾の仕事もしているようです。
バラエティだけでなく、ドラマ出演も実現することを期待。
Posted by alt at 23:35 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月16日

 657. China Dollsのアクセサリー

No.656と関連して、HwaHwaとBellのアクセサリーの使い方には
大きな違いがありますので、それをまとめてみます。

まず、Bellの場合。
たとえば、この左腕の時計。3900バーツの
swatchだそうですが、今でも愛用中。
(これは2年前、マレーシアの雑誌に掲載された写真)
Copyright © 2003 Teens Magazine
あと、右手のシルバーリング。
(ケーキを持った手のアップで申し訳ない

同じものかどうか不明ですが、やはり2年
ぐらい前から、このようなリングをつけて
います。
昨年末に撮られたこの写真にも上と同じ
腕時計が。
Copyright © 2004 HONG

といった具合に、気に入ったアクセサリーを長年に渡って使い続ける傾向がある
ようです。どちらかというと男性っぽい感じ?

一方、HwaHwaの場合。
写真を用意するのをあきらめたほど、たくさんのアクセサリーを持っています。
しかもそれを短期間・集中的に使っては違うものに変えるというパターンの
繰り返し。HwaHwaはデザインの好みも使い方も女の子っぽいです。

また、日本のファッション雑誌をチェックしているためか、日本風のアクセサリ
(特にネイルアート)が多いことも特徴ですね。
Posted by alt at 07:28 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年04月28日

 638. HwaHwaから嬉しいプレゼント

今日、T-pop関連サイトの各所にHwaHwaの書き込みがありました。
いずれの書き込みも日本語という気合の入れようです。
微妙に間違っているところが可愛い

時間系列で追っていくと、まずウチの掲示板に書き込み(2005-04-28 09:05)
http://all.aboutchinadolls.com/cgi/cbu/bbs.cgi

SLYさんのBlogに飛んで(2005-04-28 09:08:54)
http://blog.goo.ne.jp/sly2548/e/17bd7257021bd85f9c979c79423e1360

nakaさんのBlogへ(2005-04-28 09:15:24)
http://blog.goo.ne.jp/t-pop_room/e/b52455a84a9684a4a7094a74c20be9ec

遡ること6日前の22日には、プンプイ@オーサカさんのBlogに英語で書き込みがありました。
http://blog.goo.ne.jp/pumpui-pumpui/e/1a56ec871aac591c13312d5816521d3d

これからもファンサイトを回って、足跡を残していってくれると嬉しいですね。

ウチにも書き込みがあったよという方、ご報告をお待ちしています!
2005年04月28日 14時30分
Posted by alt at 14:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年04月21日

 632. HwaHwaが涙を流した理由

17日のコンサートでは、多くのファンが驚く出来事があったのです。
それが起きたのは3回目のステージ、「恋のバカンス」を歌い終えたときでした。
突然、ステージの上のHwaHwaが涙をポロポロとこぼし始めたのです。

HwaHwaのこの行動は、コンサート後のファンの間で意見が分かれました。
大まかに言って、次の3説が有力だったと思います。

- 感動して泣いてしまった説
- 「恋のバカンス」の歌詞を忘れて悔し涙説
- 体調不良説

その理由を、HwaHwa自身が彼女のサイトWorld of HwaHwaのフォーラムで語っていますので、それを引用しておきます。
----------------------
Posted: Tue Apr 19, 2005 02:43 am Post subject: thank u everyone!
thanks for everyone who came to the concert in TOKYO,i was very very happy..i cant find any word to explain all of my feeling,u guys were just so CUTE its very very IMPRESS!!i am so SORRY for the last concert,i just couldnt STOP my TEARS..i tried to keep it inside,but i couldnt..cos all of u were very very CUTE,and i just couldnt STOP it when i was looking at u guys..i saw u guys sing & dance,i was just really really HAPPY..also some FANS who been with us for 3shows,u still had a lot of energy & very very cheerful..UNTIL NOW i still feel like to cry sometime when i am thinking bout the concerts..THANK U SO SO MUCH for giving me the good memory i dunno how to explain all of the feeling,i just hope u guys gonna love our shows & happy as me..anyway THANK U AGAIN,WITH LOVE..
----------------------
んで、それを勝手に、しかもかなり意訳。
----------------------
東京コンサートへ来てくださった皆さん、ありがとうございます。私はとっても嬉しかったです。自分の気持ちをうまく表現する言葉は見つからないけど、みなさんはとても素敵だったし、コンサートは感動的でした!

最後のステージでは泣いてしまって、ごめんなさい。泣かないようがんばってみたのですが、どうしてもあふれる涙を止めることができなかったんです……だって、それほど皆さんがとても素敵だったし、一緒に歌い踊りながら応援してくれる皆さんを見たら、本当に幸せな気持ちになって涙があふれてしまいました。

また、3公演を通じて参加してくれたファンもいましたね。彼らは最後まで元気で陽気でした……私は今でさえ、コンサートのことを振り返ると感傷的な気持ちになってしまいます……素敵な思い出をありがとうございました

私の気持ちをどう表現したらいいか分かりません、ただ皆さんが私たちのショーを気に入ってくれて、私同様幸せな気持ちになってくれればいいなと願っています。
本当にありがとうございました with Love...
----------------------

この一文から、彼女がコンサートで観客を楽しませるために、どれほどの努力をしているか、またそれに観客が応えればどれほど嬉しく思うのかが伝わってきます。

またHwaHwaは「日ごろ、人前で涙を見せることはない」と自分を評しているように、とても芯の強い女性として知られています。ですから、コアな海外のファンは皆、HwaHwaが泣いたということにショックを覚え、また信じられなかったようですね。

会場では、彼女の涙に感動して泣いてしまった女性ファンもいましたし、多くのファンがそのときのHwaHwaに感情移入していたことでしょう。

これほど応援しがいのあるアーティストは、そう多くはないと思いますよ。マジで。

2005年04月21日 09時30分
Posted by alt at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年04月07日

 619. またスリムになったHwaHwa

予定通りWorld of HwaHwaからのネタです。

デビュー当時のプロファイルによると、HwaHwaの体重は52kgありました。
この数字はデビュー以降、ちょっとポッチャリした2002年ごろも変わることはありませんでした。
まぁ、よくある公称値なんでしょう

ところがBWをリリースする頃になると、目に見えてスリムになっています。
この写真のHwaHwaはやせ過ぎじゃないか、彼女はダイエットのし過ぎでは?
と、物議を醸したものです。
copyright © 2004 GMM, Encore

しかし、wendyによるとHwaHwaはとてもよく食べるから大丈夫。
その分、運動をしているからやせているのだということでした。

実際、昨年末にオープンしたHwaHwaのパーソナルサイト「World of HwaHwa」の
プロファイルには、体重50kgと記載されていましたし、今回、最新情報を確認するために
改めてプロファイルのページを見てみると、なんと48kgに減っているではあーりませんか(笑)。
167cmで48kgといったら、ファッションモデルなみのスペックですわな。

この数値からも、HwaHwaの仕事にかける情熱がヒシヒシと伝わってくるようではないですか。
来日コンサートはもちろん、今後の活躍を大いに期待しています。
2005年04月07日 23時00分
Posted by alt at 23:00 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年04月05日

 618. 陳柏霖にインタビュー

またもやWorld of HwaHwaから。たぶん次回もHwaHwaネタ

台湾の俳優・陳柏霖(チェン・ボーリン)が訪タイした際、TV番組でHwaHwaがその案内役を勤めました。
その番組はとうの昔に放送済ですが、HwaHwaサイトのアルバムでその雰囲気がわかります。
http://www.hwahwaworld.com/gallery/view_album.php?set_albumName=album20

二人の陳さん
誰かが書いていたけど、ホントの姉弟のようなくつろいだ雰囲気です
上の2枚とは打って変わって、ミステリアスな表情のHwaHwa。随分と大人に、またキレイになったもんですね
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

陳柏霖クンに関しては、こちらが詳しいです。へー、おととし来日していたんだ。
http://chstar.hp.infoseek.co.jp/bolin/index_01.html
2005年04月05日 23時00分
Posted by alt at 23:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年02月14日

 599. China Dollsはレコーディング中

大きなニュースはありませんが、China DollsはRatreeのレコーディングに集中しているそうです。
つい先日はHwaHwaがテレビ(ゲーム番組?)に出演したとか。

なんだか、分かったような分からないような情報ですが、タイのヒトはあんまりエーゴが得意じゃないし、私はタイ語がよくわからん、と。
するてぇっと、こんな身のないネタになってしまうのです。

異文化コミュニケーションは難しいですなぁ
2005年02月14日 17時00分
Posted by alt at 17:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年02月08日

 596. 浴衣のHwaHwa

毎度おなじみのWorld of HwaHwaより。

2月7日、HwaHwaが卒業したAssumption大学で「日本フェスティバル」なるイベントがあったそうです。

そこでは、浴衣で写真撮影をしてくれるサービスがあったそうで、そこでHwaHwaはこんな写真を撮りました。

なんだか浴衣がめちゃくちゃ似合ってます。
この写真だけなら、日本人といっても通りそう。
写真の一部を拡大。
HwaHwaの指関節が後ろに曲がるのは知っていたけど、横から見るとこんなに曲がるのね スゴイ
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

後ろに飾られた凧やら提灯やらの日本グッズが、かなりムリヤリな感じもしますが、
Tii-sangのアレよりは数段マシですわな。

上の写真には写ってませんが、「本日終了」の札が泣かせます
2005年02月08日 14時00分
Posted by alt at 14:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年02月07日

 595. HwaHwaサイトの画像

World of HwaHwaより、画像について2題。

まず、1つめ。
掲示板で教えてもらったのですが、これまでHwaHwaサイトには、ユーザーの
環境によって画像が表示できないというトラブルがあったようです。

これは個人情報保護ツールやブラウザの仕様(プラグイン?)が原因と思われ
ますので、ユーザー側でも回避できるのですが、設定が面倒な場合もあります。

うまい具合に、HwaHwaサイトの設定を変えてもらうことに成功しましたので、
今後は個人情報保護ツールを利用している方でも、問題なく画像が表示されるハズ。
これはサーバー管理をしていると、たいてい行き当たるアタマの痛い問題ですわな

次に、2つめ。
Forumへのマネージャーさんの書き込みによると、HwaHwaサイトの画像は
すべてオフィシャルなものではなく、HwaHwaからの提供なのだそうです。

ということは、今年に入ってからダウンロードできるようになった壁紙、
これもいわゆるEncore/Grammy オフィシャルの写真ではないということでしょうか?
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

↓壁紙ページはココ
http://www.hwahwaworld.com/download/index.php

この写真は、てっきりスタジオ撮りだろうと思っていたのですが、
そう言われてみれば、瞳にストロボのソフトボックスもレフ板も写りこんでませんね。

今後も自然で魅力的なHwaHwaの画像を提供してくれることを期待しています
2005年02月07日 14時00分
Posted by alt at 02:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月26日

 588. 家族の肖像 2

昨日の台湾での報道以降、堰を切ったようにHwaHwaの卒業式の写真や逸話がネットに掲載されるようになりました。

まずは、卒業式当日のHwaHwaファミリー。
左から順にHwaHwaのお父さん、お母さん、HwaHwa、弟さんです。

HwaHwa父はこれが初のお目見えとなるわけですが、たいへん威厳のありそうな方ですね

Bell母もそうでしたが、HwaHwa母もこれまた若い。一時期台湾メディアで体調がすぐれない旨、報道されていましたが、すっかり本復した様子。

弟さんの愛称はSong Song。CDのThanksに毎回名前が登場するのでご存知の方も多いハズ。
Copyright © 2005 kaya  

台湾の哈泰家族での小黒くんの書き込みによると、No.587に記載した星報以外にも、昨日は聯合報、民生報、中國時報といったメジャーな新聞にも大きく取り上げられ、HwaHwaファミリーの幸せそうな写真が紙面を飾ったそうです。

また、台湾での仕事獲得に積極的であることが、各紙で報道され、HwaHwaの今後の動向に注目が集まっています。

さらに書くなら、長年China Dollsを応援している日本人ファン(明らかに私のこと(爆))が
卒業式に参加して、ビックリしたHwaHwaは感動の涙を流したそうです。
まぁ、話としては面白いけど、それは明らかに記者がウケ狙いで作ったデマですわ。
私はずっと日本で仕事に追いまくられて、ゼーゼー言っとるっちゅーに。知らんちゅーの。
台湾のヒトに聞いたら、アチラの芸能記事はそういう作り話も多いようです。新聞だからといって、ウカツに信用しちゃいけないってことですね。

今週はアッチコッチでデマを飛ばされまくり……困ったもんだ
2005年01月26日 19時30分
Posted by alt at 19:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月25日

 587. 卒業式でモテモテのHwaHwa

22日、HwaHwaは大学の卒業式に参加しました。

その模様は、タイのメディアにも彼女のパーソナルサイトにさえ、まだ掲載されていません。
報道の先陣を切ったのは、なーんと台湾の新聞である星報。
台湾でも注目されているんですね

卒業式でのHwaHwaはたいへん人気があり、多くの学生やその家族がサインを求めたり、一緒に写真を撮ったりしたそうです。
やっぱり芸能人は華がありますから、ムリないかも。

Copyright © 2005 星報

この新聞記事には、台湾での仕事に意欲を燃やすHwaHwaについても書かれています。

タイと台湾の国籍を併せ持つHwaHwaは当然中国語が堪能なのですが、いまだに中国語の通訳が必要などと誤解されることもあり、台湾で仕事を得るには乗り越えなければならない壁があるようです。

そんな障壁にも関わらず、彼女は「どんなチャンスも逃さずチャレンジします」と、前向きに意欲を新たにしたとのこと。

娃娃、加油!
2005年01月25日 16時00分
Posted by alt at 16:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月18日

 582. China Dolls in 大阪のムービー 3

Grammy公認の動画配信サイトT-POP STYLEから。
この記事はT-POP STYLEさんの許諾を得た上で、私が勝手に応援しているものです。利害関係は一切ありません(笑)

今回のChina Dollsムービーは、「Osaka King」でのリハーサルシーンと、なんらかのメディアの取材風景。なにやら持ち物チェックを受けてます。
現在掲載しているムービーは、12月28日~1月31日まで視聴可。

■チャイナ in 大阪
http://www.t-pop.jp/specialedition/index.html

Copyright © 2004 GMM Grammy, T-POP STYLE

下の2枚についてちょいと補足。この写真は、HwaHwaがバッグの中から私物を取り出して、ひとつひとつ説明しているところです。
で、呆れたことに、出てくるものは全部ピンク色のものばかり(笑)

まぁ、ピンク色は女性の好きな色の一つですし、そう珍しいことでもないと思います。
唯一可笑しいのは、以前HwaHwaは色としてのピンク色は好きじゃないと明言していたことです。

でも、彼女のパーソナルサイトWorld of HwaHwaはピンク一色だし、持ち物はなにからなにまでピンク色。
いったいどうなっているんでしょうか?

T-POP STYLEに詳しい説明が書かれている通り、ムービーを再生するには専用ソフトが必要(ソフトは残念ながらWindows版のみ)。
そのソフトを使ってムービーをダウンロード・再生できるという仕組みです。
(In order to play these movies, a special software and Japanese Windows OS are required.)
2005年01月18日 13時30分
Posted by alt at 13:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月14日

 580. 来週はHwaHwaの卒業式

またもや、World of HwaHwaから。 
つーかこれまでのニュースソースだったChina Dolls Clubが、まともに機能していません(汗)

来週末の22日午後、HwaHwaの卒業式が行われるそうです。
場所はシリキット・コンベンションセンター 、誰でも自由に参加できるとのこと。
当日、タイにいるヒトは参加されてみてはいかがでしょう?

ところで卒業式のリハーサルでの記念写真として、こんな写真が アップロードされていました。
一応許可を得た上で掲載。オリジナルはアチラのGalleryで。
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

リハーサル後の食事風景だと思うのですが、気になるのはHwaHwaのスカートの短さ。
タイの大学の制服ってこんなにスカートが短いんでしょうか? それともHwaHwaだけ特注?

卒業式当日は、HwaHwaのガウン姿が見られることでしょう
2005年01月14日 20時00分
Posted by alt at 20:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月05日

 577. New hair style

またもやWorld of HwaHwaからのネタ。
いやもうなんつーか、お世話になりっぱなしです

昨年末、HwaHwaはヘアスタイルを変えました。
これまでの厚めの前髪をバッサリとカットして、すっきりと。
Copyright © 2005 www.hwahwaworld.com

こうして自由にヘアスタイルが変えられるのは、BW以降のChina Dollsが
それぞれの個性を強調したグループになったからなんでしょうね。
これからもいろいろなスタイルにチャレンジして、さまざまなHwaHwaを表現してもらいたいものです。

などと書きつつ、やはりこのMEMOも早急にBlog化して、トラックバックすべきだなぁ、と
2005年01月05日 20時00分
Posted by alt at 20:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月31日

 574. HwaHwaからクリスマスメッセージ

今年のネタは今年のうちに(その3)。

12月24日、サンタクロースならぬHwaHwaから嬉しいサプライズが!

なんとHwaHwaは彼女のパーソナルサイト「World of HwaHwa」のフォーラムメンバー全員に、クリスマスメッセージを送ったのです。

予想だにしていなかった出来事だけに、それ以上に送信者の名前がHwaHwaの友人のものだったために、メールに気がつかなかったヒトも多かったようです

後日、HwaHwaがBlogに書いたことによると、どうやら友達から借りたパソコンを使ってメールしたため、友達のアカウントから送ってしまったとのこと。

粋なサプライズを思いつく機転と、ちょっぴりドジなところが、まさにHwaHwaの持ち 味
2004年12月31日 15時00分
Posted by alt at 15:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月30日

 573. HwaHwaに質問

数日前、World of HwaHwaのフォーラムに、りんたろうさんがHwaHwa宛の質問を書き込みました。この質問は、以前、ウチの掲示板でりんたろうさんが提案した「Let's ask HwaHwa」企画に、私altと、老爺さん、それにgorow-changさんが乗ってまとめた、それはそれは実に長い質問集がベース。
元々、昨年6月のHwaHwaの誕生日に向けた企画ですから、かれこれ1年半前のことです。

んで、質問をHwaHwaにメールしたのはいいのですが、結局回答はありませんでした
その後知ったことですが、HwaHwaは長いメールに返事を書くのが好きじゃないらしいんです。なにしろ、たくさんのファンからメールが来るわけですから、長い返事を書いていたら、キリがないですからね。そんなわけで、例の質問への回答はあきらめていました。

ところが、その1年半後。不屈のヒトりんたろうさんは、上記フォーラムに質問を書き込んだんです。
するとどうでしょう、HwaHwaがそれに回答してくれたじゃないですか。

これほどの長い質問にHwaHwaが答えたのは雑誌などのインタビューを除けば、初めてのことです。
あまりにもレア、そして回答内容も面白いので、ここに日本語に訳した上で転載させていただきます。
(転載および翻訳を快諾してくださった、りんたろうさん、ならびにHwaHwaのマネージャーさんありがとうございます

※いくつかの質問は、1年半前の状況で書かれています。

Q1. 好きな日本のミュージシャンは?
あなたが言っているのは歌手のこと?それとも(楽器を演奏するだけの)ミュージシャンでしょうか? もし歌手だとしたら、日本には好きな歌手がたくさんいますよ。例えば、平井堅や浜崎あゆみ、安室奈美恵、ミーシャなどなどです!

Q2. あなたは楽器を演奏しますか? ピアノを演奏するとは聞きましたが……。
私はハープを習っています。子供の頃ピアノを習ったけど、そんなに上手じゃありません。時間があれば、もっと練習したいと思ってます。

Q3. 我々はChatchai Chabamnej氏の音楽が好きです。彼はChina Dolls以外の曲を作曲していますか? 彼はChina Dollsが大ヒットする以前から、タイでは有名な作曲家なんでしょうか?
彼はP'Bird(トンチャイ)のアルバム「RUB KAK」をプロデュースしました。他にも何か作っていると思うけど、よく分かりません……。

Q4. あなたはお酒を飲みますか? 二日酔いしたこととかあります?
あははは!まさか……私はアルコールが好きじゃないんです、飲むとしても特別なときだけですねぇ、それに私は二日酔いしたことはありませんよ。あなたはどうですか?
(ひどく酔っ払ったヒトって、すごく面白いですよね)

Q5. あなたがショッピング大好き、しかも買い物上手ですよね? 時間があるときはたいていショッピングをしているのですか? 音楽以外のことで取り組んでいることがありますか?
そうなんですよ! 私はショッピングが大好きです、最近はたくさん映画を見てますね……。(それ以外では)私は中国語を子供達に教えています、子供達はホントに可愛いんですよ!  私は(これまでに得た)自分の知識を他の人に伝えたいと思っているんです。それが彼らの日常生活や将来に役立つといいなと願っています。

Q6. コンサートやレコーディング中に面白いハプニングに遭遇したことが、きっとあると思うのですが、面白いエピソードがあったら私たちにも教えてくれませんか。
あはは!! たっくさんありますよー、でも具体的なエピソードは思い出せません。たぶんBellやバックダンサーの方がよく覚えていると思います。

Q7. 歌手になりたいと思ったのいつ頃ですか? また、いつ頃から歌詞を書くようになったのですか?
歌手になることは女の子なら誰でも思い描く夢だと思います、私の場合はラッキーなことにその夢を実現できました……。私は自分の大好きな仕事ができてとても幸せです。それは神様からの贈り物、だから私は歌手という仕事にベストを尽くしています。歌手という仕事を愛していますし。歌詞を書く機会はプロデューサーが与えてくれました、大錯特錯(Muay nee khaのこと)が想像以上に大ヒットしてからは、みんなが私にもっと歌詞を書くように言うようになりました。 :)

Q8. あなたは「China Daeng」で歌詞担当副プロデューサーを務めたと聞きました。アルバムごとに役割は違うと思いますが、あなたはいずれアルバム全体のプロデュースをしてみたいと思いますか?  それとも部分的なプロデュースの方がいいですか?
そうです、私はかつてプロデューサーになりたいと思ったことがあります。でも、もっと音楽のことを学ばないとなりません……。いつか、もっと経験をつんだらプロデューサーになるかもね :p

Q9. あなたは普通の学生として大学に通っていると聞きました。あなたの周りの大学生があなたを特別扱いすることなく接するのはとても素敵なことだと思います。
ところで、China Dollsが大ヒットしてから、あなたの生活において何が大きく変わりましたか?
大学の学生は、あえて私に話しかけないようにしているみたいですよ。他人からアイツは歌手とか有名人と知り合いになりたいんだ、と思われたくないのかも……よく分かりませんけど。
私のほとんどの友達は高校時代からの友達です……、でも私は新しい友達を作りたいと思ってますから、私のそばの席に座った人には出来るだけ話しかけるようにしました……友達になってしまえば、みんな素敵な人で、私の大学生活をあれこれと助けてくれました。


Q10. アルバムを作る際、明確なターゲットはありますか? たとえば年齢層とか男の子向き、女の子向きとか。
ありません。私たちの歌を全ての人が気に入ってくれることを願っています。だから少しでも良いアルバムができるよう心がけています。

Q11. 振り付けを考案しているのは誰ですか? 自分でやっているのですか?
私(りんたろうさん)はアルバム「Ting Nong」が大好きで、その中でも「Tom Yum」や「Soy4」「So sad」のMVがとても気に入っています。私はあのMVのダンスはキチンと振り付けがなされているのだろうかと不思議に思っています。それとも、基本的なイメージだけが決まっていて、あとはあなたたちが撮影中、好き勝手に踊っているのでしょうか?

ファーストアルバムの時からP'Au(Auさん)が私たちの振り付け師です。彼女はとても賢い人で、すごくカッコイイんですよ! 私はいつも彼女が踊っている姿に見とれてしまうぐらい、それはもうとても魅力的なんです。
Bellはすごくダンスが上手で、Auさんにいろんなアイデアを提案しています。私は、とにかく一生懸命ダンスするだけです、だって私にとってダンスはホントに難しいんですから……。


Q12. Chatchai Chabamnej氏とまた仕事をしたいですか?
わかりません、彼次第ですね……。実際、以前彼に新しい曲を作ってくれないと冗談半分に言ったことはありますが、まぁ言ってみただけです。

一部、りんたろうさんの訳を採用させていただきました。
2004年12月30日 00時30分
Posted by alt at 00:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月21日

 571. 祝開設! World of HwaHwa

トップページにも記載しましたが、HwaHwaのパーソナルサイト「World of HwaHwa」が登場しました。
http://www.hwahwaworld.com/

このサイトにはBlogやフォトギャラリーといったHwaHwaおよびChina Dollsの情報が得られるコーナーと、それにファン同士の交流が可能なフォーラムが設置されているほか、 HwaHwaからの4ヶ国語によるメッセージビデオと、本人からの日本語での書き込みもあります。

Copyright © 2004 www.hwahwaworld.com
ノーブルな表情のHwaHwaが印象的。

メッセージビデオを見て思ったんですが、タイ語の女性の語尾「~naka!」って、とても響きがいいですね。

あと、日本語フォーラムにはHwaHwa本人の書き込みがありますが、
やっぱりというか当然と言いますか、実に外国人ならではの日本語。
「みんなさん」じゃなくて「みなさん」だってば

上のサイトはHwaHwaは確実に読んでいますし、書き込めばひょっとすると
レスが返ってくるかもしれません。

また、情報ソースも本人ですから、確実かつ迅速です。
このMEMOも放置したままのBlogにデータを移して、HwaHwaのサイトから
トラックバックすれば、楽できるかも(笑)

ついでながら、China Dollsに関する資料を提供しました。HwaHwa本人も忘れてしまったことが多いそうで
2004年12月21日 14時00分
Posted by alt at 14:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月13日

 570. 娃娃「訪台」中

消化していない今年ネタが残っていますが ホットな話題を優先しましょう。

台湾の掲示板からのネタです。
今月6日から台湾滞在中の娃娃が、早速台湾のテレビに出演しました。

それは華視は10日の「天才向前衝」というクイズ番組。画像はqox提供的。
台湾の芸能人に混じっても全然違和感がありませんね。
そもそも2つの国籍を持つ娃娃はタイ人でもあり、
台湾人でもあります。
設問は「どっちの衣装が100万元でしょう?」
A:真珠ビキニウェディングドレス
B:黄金下着
となるのかな? 
ありがちかつ、アホらしい問題ですねぇ
「そっちの方が高級そうに見えるし、美しいから」と娃娃。
はて、どちらを選んだのでしょうか。
Copyright © 2004 中華電視股份有限公司

こうして各国のテレビに出演できるのは、アジア全体でヒットした中國娃娃・China Dollsならでは。
しかも、娃娃はタイ語・中国語・日本語・英語とマルチリンガルであることも大きなメリットでしょう。

ちなみにBellはタイにいます。
2004年12月13日 09時30分
Posted by alt at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月08日

 568. HwaHwa運転免許更新

タイの方からのネタ。

今年大学を卒業したHwaHwaが、自動車免許の取得にチャレンジ。
この秋めでたくライセンスをゲットしたそうです。
----12月12日 追記 ----
wendyによると、HwaHwaは以前から免許を持っているそうです。
ということは免許を更新ということに訂正させていただきます。


思えば、Kow mai rakのMVでクルマを運転しているBellの姿(実際は運転したかどうか不明)と、後部座席のHwaHwaの姿が対照的に思い出されます。

今頃は、もうクルマを乗り回すHwaHwaの姿がバンコク市内で見られるのでしょうか

ただしタイでは、芸能人の重大な自動車事故が毎年のように起こっていますし、ひとつ安全運転でよろしくお願いします。
2004年12月08日 21時30分
Posted by alt at 21:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年10月22日

 546. 新聞記事中の日本ファンサイト

先日発行された「中時電子報」の中で、娃娃は日本のファンサイトについて語っています。

その記事から関連部分を抜粋して翻訳してみました。
(元記事は「中時電子報 」 趙雅芬/台北報導)

先般、中國娃娃はタイの観光旅行を宣伝するために、日本へ行きました。彼女らが関西空港に到着すると、日本のファンはプラカードを掲げて歓迎し、彼女らを驚かせました。中國娃娃は数々のステージをこなし、また数多くのファンにサインを行いました。
娃娃によると、最も彼女らを驚かせたことは、日本のファンがサイトを作っていることです。台湾やタイのファンが作ったサイトよりも数が多く、詳しい情報が記載されているので、自分の近況を日本のサイトで調べているほどです。

確かに大阪でのライブ以降、China Dollsの情報が記載されたサイトの数は世界でも例を見ませんし、情報密度もかなり充実しています
また来日してくれれば、常にこの情報密度を保てますぜ(笑)
2004年10月22日 00時00分
Posted by alt at 00:00 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年09月06日

 522. MarshaのコンサートにHwaHwa

Thai Popper's Paradiseより。
9月4日に行われた、MarshaのコンサートにHwaHwaほか、Grammyの歌手の姿が。

↓詳細とオリジナル写真はコチラで。
http://www.thaipoppers.com/20040904marsha/index.htm

HwaHwaが写っている写真をピックアップ。
(左上)コンサート会場の最前列でノリノリのGrammyアーティストたち。こうなると、もはや一般客と区別がつきません。
(右上)こちらはややスター然とした写り方。でも、みな口が半開きなのは、歌っているから? HwaHwaはサングラスをかけてない写真の方が写りがいいですね。
(左)Ya Ya Yingと2ショット。
Copyright © 2004 Thai Popper's Paradise

HwaHwaは髪を黒っぽい色に染め直し、スタイルもストレートに変えてますね。
2004年09月06日 11時00分
Posted by alt at 11:00 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年07月13日

 491. 女子十二楽坊にインタビュー

SLYさんご提供のネタです。arigato, SLY-san.

掲示板でのSLYさんの書き込みより引用。
---------------------------------
日曜の"Wake Club"でHwahwaがタイでコンサートをやった女子十二楽坊にインタビューしたのがありました。さすがHwahwa、中国語を流暢に話してましたよ。
---------------------------------
どなたか、内容を録音したり録画された方いらっしゃいませんか?

日本で大ヒットを飛ばした後、シンガポールを経由してタイにコマを進めた女子十二楽坊を迎え撃ったのは、タイ華僑が誇るスーパースターChina DollsのHwaHwaだったというわけですね。女子十二楽坊の面々も、よもやタイにChinaがいようとは思ってもみなかったのでは!?
よくわからん文章ですか? んー、今日暑いし頭ボーっとしてるし

ともあれ、HwaHwaはタイ人でもあり台湾人でもありますので、当然中国語はペラペラです。Grammyも粋な計らいをしますね。

でも。以前、台湾のテレビでこんなことがありました。
以下は、HwaHwaとBellの中国語での会話。

H:「お母さんの姉妹のことを何て言ったっけ?」
B:「おばさんでしょ」
H:「そうそう、おばさん!(笑)」

こんな具合に普段タイ語で話しているためか、たまに中国語を度忘れするようです。果たしてインタビューは無事に進行したのでしょうか?

それにしても中国語をBellに教えてもらうようでは「負うた子になんとやら」……。
2004年07月13日 10時30分
Posted by alt at 10:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月01日

 481. 誕生日パーティ

ChinaDollsClubGalleryにHwaHwaの誕生日パーティの写真がアップロードされました。

詳細は不明ですが、プライベートなパーティっぽいですね。
右奥に写っている女性は、Bellの母親だよね? HwaHwaとBellの間には、ファンクラブで作ったTシャツを着ているタイのファンが。ちと珍しい組み合わせです。
Bellから熱いキスを受け、固まるHwaHwa(笑)
Source :  ChinaDollsClub

以下はHwaHwaの感謝レス。スレッドに埋もれていたので、ここにペーストして保存しておきましょう。

ChinaDollsClubから引用。
--------------------------------------------
thanks for every msg,so happy that people all around the world wish me at the same time ^^ i am really happy and appreciate..wish everyone will be happy happy everyday too..love
--------------------------------------------
2004年07月01日 08時30分
Posted by alt at 08:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月26日

 477. 自然が一番

今回のタイトルを何にするか、ちと悩みました。整形○惑じゃワイドショーみたいだしね。
ともあれ、No.474の続きです。

B/Wが出てからというもの、いろんな方からHwaHwaは整形したでしょ、と言われます。
「なんでそれを私に言うかな~?」と思うと同時に、彼女は整形していないと思うんですよ。
別にムキになってるわけじゃなくて(笑)

例えば4月時点の写真。
昔の写真は高解像度のものがないので、比較対照を掲示できないのが残念。
鼻梁から目頭までの距離はデビュー当時から変わっていません。また、上まぶたのカーブも同じ(少しやせただけ)。
その一方で、目尻側の塗りでかなり眼が大きく見えることが分かります。 さらに、ブラウンのカラーコンタクトが瞳を大きく見せるのに一役買っていますね。
Original photo by Thai Popper's Paradise

要するにHwaHwaが内雙(奥二重)であることを利用して、かなり塗りこんだ化粧法に変わったと。んで、それが今までと違った印象を与えていると。そんなトコロじゃないですかね。
といいつつ、化粧のことはよくわからんのですけど

さて、整形の話題ついでにコレいっときましょう。
2002年、韓国進出が決まったときの記者会見から。
記者:「韓国と言えば美容整形が盛んなことで有名ですが、お二人は韓国でどこか整形したいところはありますか?」
Bell:「胸を大きくしたいです」
二人:大爆笑
HwaHwa:「少し?」
Bell:「そう少し。だって私はブリトニーのファンだから」
HwaHwa:「なるほど、彼女のように胸を大きくしたいと、そうかそうか。私はー、どうしようかな。えーと整形したいところは特にないです」
Copyright © 2002 東風電視台

Bellが事前に用意してきた答えを述べているように見えるのに対し、HwaHwaは記者に「韓国って整形が流行ってるの?」みたいなことを聞き返しているわで、インタービュアーの段取りがよくないのか、はたまた二人の整形に対する関心度が違うのか。

まー、ともあれ自然なのが一番。だってChina Dollsは整形したからといって人気度が上下するようなタイプのアーティストじゃないでしょ?
2004年06月26日 16時30分
Posted by alt at 16:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年06月23日

 475. 最新プロファイル

Sanook.comにChina DollsのProfileが掲載されました。Thanks, Vicky.

http://music.sanook.com/profile/profile_10170.php

要点だけ表にすると、こんな感じ? 明らかに間違っていると思われる箇所は修正しておきました。
Bell
สุภัชญา
Suphatchaya
ลัทธิโสภณกุล
Lattisophonkul
愛称 Bell
年齢 23
生年月日 17 April 1981
住所 GMM Grammy 内
E-MAIL bellchinadolls@hotmail.com
Webサイト www.chinadollsclub.net
ペット Wonton(ワンタン)という名の犬
好きな色 空色(濃い青?)、白
モットー いつでも大きな夢を、そして落ち込んだときも諦めない。
ファンへ一言 Thanks a lot for everything
HwaHwa
ไพลิน
Pailin
รัตนแสงเสถียร
Rattanasangsatian
愛称 Hwa Hwa
年齢 25
生年月日 12 June 1979
住所 GMM Grammy 内
E-MAIL hwahwachan@yahoo.co.jp
Webサイト www.chinadollsclub.net
ペット Gucciという名のシーズー犬
好きな色 黒、茶、白
モットー 後悔するようなことは、(初めから)してはいけない
ファンへ一言 Love Always, Thanks for always being with china dolls.
いつもChina Dollsとともに歩んでくださってありがとうございます。

従来のProfileから、変わったところがチラホラ。
特にHwaHwaの好みの色。これまでは「好きな色は全部」と答えていた彼女ですが、シックな色に落ち着きましたね。

それにBellの「空色」ですが、私は空色と聞くと水色など明るい青を連想するのですが、彼女の好みは確か藍色だったはず。きっと、日本とタイの空の色は違うのでしょう。

ところで面白いのは、HwaHwaのメールアドレス。この「chan」が日本語の「ちゃん」なのか、「陳」を広東語読みした「チャン」なのか。たぶん前者じゃないですかねぇ。なんせyahoo.co.jpだし(笑)
---- Nov.13 追記 ---
本人から聞いたわけではありませんが、どうやら広東語読みのチャンを意味している模様。
--------------------

補足トリビア その1
HwaHwaの本名 ไพลิน とはサファイアのことである。

補足トリビア その2
Bellの飼い犬Wontonはゴールデンリトリーバで、まだ生後半年程度の子犬である。

補足トリビア その3
タイ語で「สีน้ำตาล 砂糖色」は茶色のこと。色を意味することが明白な場合は、単に「น้ำตาล 砂糖」と略されることも。三温糖みたいな色なんでしょうか。
2004年06月23日 09時30分
Posted by alt at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月17日

 471. Laew ja bookの中国語RAP

Thanks wendy, Vicky, Antin, toy and kaya!

私を含め6人がかりで聞き取ったHwaHwaの高速中国語RAPの歌詞。
シンガポール、マレーシア、中国、日本のコラボレーションです。
それでも、きっとこうじゃないかな? というレベル

1回目
shuo1 ni3 zhen1 de xi3 huan1 wo3, kan4 ni3 na4 me4 jing3 zhang1 nu3 li4 de, zai4 shuo1 ming2 dui4 wo3 jie3 shi4 ni3 de ai4,
ni3 kan4 wo3 de yan3 shen2 jiu4 shi4 na4 me4 ke3 ai4, kan4 ni3 hen3 wu2 nai4 de, zhen1 qing2 jiu4 shi4 ying1 gai1 ren2 nai4,
wo3 bu4 xu1 yao4 mei3 tian1 ting1 dao4 ni3 de ai4, zi3 xi1 wang4 neng2 gou4 man4 man4 lai2, pei4 he2 zhe4 fen4 ai4.


2回目
shuo1 ni3 zhen1 de xi3 huan1 wo3, kan4 ni3 na4 me4 jing3 zhang1 nu3 li4 de, zai4 shuo1 ming2 dui4 wo3 jie3 shi4 ni3 de ai4,
ni3 kan4 wo3 de yan3 shen2 jiu4 shi4 na4 me4 ke3 ai4, kan4 ni3 hen3 wu2 nai4 de, zhen1 qing2 jiu4 shi4 ying1 gai1 ren2 nai4,
wo3 bu4 xu1 yao4 mei3 tian1 ting1 dao4 ni3 de ai4, xi1 wang4 wo3 men2 neng2 gou4 man4 man4 lai2, fen1 xiang3 zhen1 de ai4.


(Jul,01 一部歌詞修正 Thanks wendy!)

どれほど愛しているか躍起になって説明する少々不器用な彼と、あせらずゆっくり愛を育てましょうよという彼女の歌ですな。

赤字・青字のように1回目と2回目では微妙に歌詞が違いますが、私には区別がつけられませんでした(笑)。

また、中国語を読めるヒトは試しに一緒に歌ってみてください、HwaHwaのRAPがいかに速いか呆然としますよ
2004年06月17日 23時00分
Posted by alt at 23:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月12日

 466. 誕生日おめでとう

まだタイ時間では12日
今日はHwaHwaの誕生日です。


Original photo by SLY.

というわけで、Flashムービーを作ってみました。

これまでFlashを使って静止画モノを作ったことはあるのですが、なにを隠そう今回がFlash動画初体験(笑)。

昨日から必死にマニュアルをにらめっこしてみたものの、どうにもこうにも使いなれているムービー編集ソフトとの思想のギャップにノーミソが煮えたぎり……

しかも、今回は先に行き当たりばったりな音楽を作ってしまい、あとで苦労するハメに。
やっぱり、まずは絵コンテありき。計画的に作らないと、とんでもないことになりますね。
正直言ってFlashをナメてました私。はい。

最後はExcelを引っ張りだしてきて、コマ割りをする事態となりました。
ムービーも無計画性が後になるほどあらわになり、最後はドタバタしてます。
使っている写真もなぜコレ?っつーのもある(笑)。

当初予定のショートバージョンのファイルサイズが、予想以上に大きくなった(もちろんサウンドを高音質に設定しているせいです)ため、半ばヤケになってエンドロールつきのエクステンドバージョンを公開しています。

エンドロールのBGMは、Happy BirthdayのCaribbean Arrange。カリビアンっつーたら、きっとこうだろうよ、というアレンジです。
ホントはナニがカリビアンなのか、よくわかんないんだけど。
コードも間違ってるし
それもひとつの味と思いましたが、やっぱり耳障りなので修正しました

2.6MBと巨大なFlashでダウンロードにちと時間がかかりますが、よろしければどーぞ。
http://all.aboutchinadolls.com/hbd/HBDhwa.php
(Warning: This is a huge Flash movie file. It may take a long time to download for narrow-band users.)

来年の誕生日には、もう少し良いものをお届けできればと思ってます。
ご指導ご鞭撻は掲示板の方へ、どうぞよろしくお願いします。

------(6/13追記)
早速wendyから「萬事如意じゃまるで正月だよ」との突っ込みが入りましたので、文言を修正しました
arigato, wendy and Vicky.
「祝福娃娃」 なら文句あるまいて、ほっほ
2004年06月12日 24時00分
Posted by alt at 12:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年05月25日

 450. HwaHwa献血

ChinaDollsClubから。

23日にHwaHwaが献血に行ったとか、China Dollsが水上マーケットに遊びに行ったことが書かれています。

献血がニュースになるのは、寄付が重要な意味を持つ仏教国タイならではですね。

とまぁ、ネタ的にはそこそこではありますが、今回のMEMOの主旨はどちらかというと情報ソースについて。

これまでタイのファンが、こういう情報をどこから入手しているのか不思議に思っていました。
ところが、上に紹介したネタの書き込みで、ようやくソースが判明。

kom chad luekというメディア(新聞?)がソースらしいです。
kom chad luekはサイトもありますが、検索してみたところ該当する記事は見つかりませんでした。残念。
2004年05月25日 09時00分
Posted by alt at 09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年05月17日

 443. 海岸でのスナップ

ほかのアーティストのファンクラブに直リンクするというオキテ破りなネタ。

今月初めにHotwaveのイベントがらみで海に行ったときのスナップ。
↓な~んとココはNina のfan club
http://www.yimsiam.com/club/board/topicRead.asp?wbID=ninathecat&id=000804

「HwaHwaといっぱい写真撮ったの」と嬉しそうなNina。スナップだとHwaHwaの表情が全然違いますね。なんつーかアットホームな感じです。おお、Modern Dogのボーカルも写ってます。
さすがに写真をパクってくるわけにいかないので  リンク先のページでご覧ください。

なお、このときBellは体調不良のため、残念ながら不参加でした。
2004年05月17日 09時00分
Posted by alt at 09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2001年06月25日

 27.タイ語

直リンクばかりでしたので、ちと視点を変えてタイ語のお勉強でもいかがすか?

China Dolls 中國娃娃
HwaHwa 娃娃
Bell 貝兒

これがなんの役に立つかというと……なんだろ? タイのサイト見たりするときに便利かも。
そんだけです。間違ってたらゴメンなさい
2001年06月25日 21時30分
Posted by alt at 21:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2001年06月17日

 20. 日本語

梁婆婆さんからの情報。arigato~~~ / > 梁婆婆小姐

今期、娃娃は大学で日本語を履修しているそうです。

いつの日か、日本語RAPが聴けるのでしょうか。期待してます
2001年06月17日 17時30分
Posted by alt at 17:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2001年06月12日

 15. Sook San Wan Gerd!!

今日は、娃娃の誕生日。

22歳ですね。
わたしタイ語がわからないのでアレなんですが(笑)、タイトルはタイ語で 「誕生日おめでとう」だそうです。娃娃本人は以前「Suk Sun One Gert」と表記してましたケド。まぁ、発音の表記はいろいろあるみたいだし。

China Dollsのさらなる成功と、学業順利、身体健康、万事如意を願ってます。
あと、できれば日本デビューもよろしくね
2001年06月12日 09時00分
Posted by alt at 09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2001年06月10日

 13. どちらも母親似 !?

毎回とりとめもない話題で、どーもすいません

China Dollsがいずれもタイと中国系のハーフというのは周知の事実。 しかしながら、父母のうちどちらがタイ人なのか、はたまた中国系なのかという情報は公開されてません。
でも、Bellのほうは明らかなんですわ。一家の写真がありますから。Bellは母親にソックリ。彼女の母親は、Bellをちょっと恰幅よくした上品そうなおばさまなんです
んで秘密調査網(笑)を駆使して調べたところ、ようやく娃娃の母親が台湾人だってわかりました。写真こそないんですが、娃娃はどっから見ても台湾人でしょ。つーことは、母親似ってことですよ。んー、三段論法もどき(笑)。
2001年06月10日 12時30分
Posted by alt at 00:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2001年06月01日

 4. 娃娃、過労でダウン

さらに珍しくホットな情報。

5月から台湾→タイ→(大陸?)→シンガポールとハードなスケジュールをこなしていたChina Dollsですが。娃娃は過労でダウンしてしまったようです。下のシンガポールコンサートのときは、フラフラだった模様。
しかし写真では笑顔を見せてますねぇ。恐るべしプロ根性
2001年06月01日 03時05分
Posted by alt at 03:05 | Comments [0] | Trackbacks [0]