2005年09月04日

 ちょっと考えてみた

さて、重いネタです。China DollsだけではなくT-pop全般関連のネタになります。

ナゾの文書から見えること

先日、SLYさんのBlog「何となくタイPOPS」とある警告文が問題となりました。その文章は読めば読むほど、さまざまな面が見えてきて面白いのですが、面白がっているだけではなく、ちょっと考えてみようと思いました。


ファンサイトやBlogが、T-popやアーティストに関する情報や画像が見られる便利なメディアであることは、誰もが認めることだと思います。

こういった草の根レベルのメディアは雑誌やTV、新聞といったマスメディアではフォローできない、もしくは見向きされない細やかな情報をネットを通じて多くのファンが自由に検索・閲覧できるからです。

しかしその一方で、例の文章はこんな事柄を示唆しています。
つまり、レーベルやアーティストが触れて欲しくない情報や画像も当然あるのではないか、ということです。

ここで明記しておきますが、このエントリーは具体的な人物や事件に言及しているのではなく、あくまでも今後起こり得るかもしれない(起こらないかもしれない)事柄について書いています。

万が一、レーベルやアーティストが望んでいない情報がネットで流布された場合、レーベルはどのような行動を取るでしょう?
何もしないかも知れません。しかし、レーベルも営利企業です。彼らのビジネスに障害があると彼らが判断した場合どうでしょう? 彼らは障害となるサイトやBlogを排除する権利を持っているのです。

もし今後、有用なサイトや楽しいBlogが、そのような理由で閉鎖に追い込まれることがあるならば、それはT-popファンにとって大きなマイナスと言えましょう。

そういう不幸を招かないためには、どうしたら良いのか。ちょっと考えてみたいと思います。

今日は時間切れになりました。いまは問題提起をするのみにとどめます。
先に結論を書きますが、私はこの問題に関して決定的な策を持っていません。
中途半端なエントリーで申し訳ないのですが、後ほど、もしくは後日続きを書きます。

---------------- 
続きです。

結局はモラルに帰結するのか

クダンのエントリーに多数コメントが寄せられていますが、その中でも私の考えは匠さんの意見に近いところにあります。

それはつまり、今後フォロワーがでてくる可能性です。今はまだ問題がないにしろ、日本においてT-popがよりポピュラーなものになれば、海外で起こっているようなストーキングに代表されるトラブルが発生する可能性は充分にあります。

私はSLYさんたちのレポートを楽しく読ませていただいていますし、興が乗ればコメントの一つや二つを書かせていただいて、それで終わりです。

しかし中には、レポートを読んで自分も追っかけをしてみたいというファンが出てきても不思議ではありません。なぜならそれがファン心理というものだからでしょう。

私は他のファンがどのような楽しみ方をするのも、それぞれのファンの自由ですし勝手だと思います。しかし、商売の性質上ファンの前ではニコニコしているアーティストでも、限度を超えて無礼なファンに対して、はらわたが煮えくり返っているというケースもあるでしょうし、実際目撃もしています。

ファンがアーティストに対して、どこまで接近して良いのか、何をしてはいけないのかといったことは、T-popに関する限り明確な線引きはされていませんよね?

私はこれを「歩きタバコ」と似ているなぁ、と常々思っています。

つまり、ほんの数年前までは「歩きタバコ」は一部のスモーカーの間では、ごく普通に行われていた行為ですが、街は吸殻で汚れますし、火の点いたタバコを持って歩くことは他の歩行者にとって危険なものでもあります。一言で言ってしまえば、マナー違反です。

この「歩きタバコ」も、必ず最初に始めたパイオニアがいたわけですよ。それを見て、一部のスモーカーが真似をしたと。
マナーは悪いけど、それはそのヒトの自由です。誰にとがめられるような性質のものでもないし、「歩きタバコ」しているヒトもさして罪悪感があるわけでもない。なにしろ誰でもやっていることですから。

ところが。2002年11月に千代田区で通称「歩きタバコ禁止条例」なる条例ができてからというものどうでしょう。当初は反発していたスモーカーも、今では禁止地区以外でも「歩きタバコ」が激減していませんか? ようやく「歩きタバコ=悪」という認識が浸透し始めたことの証ではないでしょうか。

これは禁止条例が効を奏したんだなと思うと同時に、スモーカーに対しては、自分自身のモラルに照らして、それが良いか悪いか判断できないのかと残念に思います。
(正直に告白すれば、私も歩きタバコをしたことがあります。しかし携帯用灰皿を常に持ち歩いてはいましたよ)

例えが長くなりましたが、結局、誰かに禁じられないと良いことと悪いことの区別がつかないファンが増えるようなことがあれば、それはレーベルからの締め付けとして返ってくるのではないでしょうか。

締め付けの厳しいケースとしては日本の芸能界がいい例です。国内のJ-popファンサイトとT-popファンサイトを見比べれば、ファンサイトとしてどちらが恵まれた環境にあるか、一目瞭然ですよね?

私もファンサイトオーナーの一人として、できるだけ制限のない環境でコンテンツを作りたいという欲求があります。

今ある自由な環境を失いたくはないのです。もしそれが、今後起こるかも知れないトラブルによって制限が課せられることがあれば、非常に不条理なことと感じるでしょう。

とまあ、少々考えてみたことを書いてみましたが、これをどう捉えるかは皆さんの自由です。

くだくだ書くよりも、実際に私はどうしているか、実例としてサイトポリシーを紹介してみます。

All About China Dollsのサイトポリシー

今を遡ること4年と3ヶ月前、日本にChina Dollsの魅力を紹介すべく作成したこのサイトですが、設立当初にサイトポリシーを決めています。

それはサイトの方向性を決めるためでもあり、発生するかもしれないトラブルを未然に防ぐためでもあります。それにケースごとに毎回対応方針を考えるのは面倒でしょ? トラブルを防ぐという目的では、特に著作権について重点的に配慮しています。

・画像の著作権を可能な限り明記する。
  分かるものは全て記載しています。

・ニュースソースを可能な限り明記する。
  同上。

・他サイトからの画像転載は、それが個人サイトの場合は相手の承諾を得る。

  たとえば、このサイトでThai Popper's ParadiseやWorld of HwaHwaからの画像をふんだんに利用させてもらっていますが、すべて転載許可を得てます。

・歌詞を掲載しない。
  歌詞を掲載することは著作権に抵触します。

・他人に著作権がある音源を掲載しない。
  同上。一度だけコラージュを掲載してますが。

・China Dollsおよびファンのプライベートな情報を記載しない。
  アーティストだってヒトの子。プライベートな時間は尊重すべきだと、私は考えています。
  このため、ステージ以外の情報(例えば空港での出来事など)は一切記載していません(多少緩めてもいいかなと考えてはいます)。

・China Dollsの不利になる情報を記載しない。
  China Dollsを宣伝するために作ったサイトですから当然です。
  ただし、大手メディアに掲載された情報を評論するために掲載する場合はこの限りではありません。

・事実と推測を峻別する。
  ウソを書かないことは当然ですが、結果的にウソになったことは、随時訂正を入れています。また、ジョークとそうでない文章は明確に
区別がつくようにしています。

・レーベルやアーティストから、改善要請があれば即座に対応する。
  幸いこれまでそのような連絡はいただいていません。

肖像権に関しては、HwaHwa、Bell本人から許可を得ていますし、彼女らから画像をもらうことさえありますので問題ないでしょう。

とまぁ、これくらいの線引きをしていれば、突然トラブルが発生することはないかなと考えています。
以上、これまでのサイト作りの総決算として記載してみました。みなさんの参考になる点があれば幸いです。

最後に

アチラ立てればコチラ立たずで(大人の世界ってやーね(笑))、奥歯にモノのはさまったような表現ばかりになってしまいましたが、私の意図を汲み取ってやって下されば幸いです。

分かりにくい点に関してはご質問ください、回答できる範囲内でお答えいたします。
Posted by alt at 09:37 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年05月14日

 654. タイフェスティバル 2005 (1)

朝の仕事をやっつけて、昼のアレコレを片付け「タイフェスティバル 2005」に行ってきました。


今年のタイフェスの目玉は、やはりコレ。
(1) (2)
(3) (4)
(5)

会場に到着したのは3時過ぎ、カラバオのステージは4時からですので、まだまだ
充分時間があると思いきや、既にこの野外ステージの周囲は異常な人口密集地帯
となっていました。

私がこのバンドについて語るには、余りにも知らなすぎるわけですが。
知らないからこそ言えることも、きっとあるはず。

(1)-(3) ボーカルのヒトは、なんというか何をしても「絵」になるおっさんでした。
カリスマという形容はこのヒトのためにあるんだろうな、と。周期の緩いビブラートが
かかった歌声も心地よかったです。

(4)このギターは上手でした。これだけ上手に弾ければ気持ちいいでしょう。また、
青いシャツ着たにこやかなベースのおっさんも上手でしたねー。

(5)画面右のキーボードとボーカルの「かけあい漫才」は会場を大いに沸かせていました。
何言ってるかわからないのが残念。
ステージ上のバンドよりも、会場のファンがかなりヒートアップしていました。
今日のイベントではステージのトリになるようですし、昨日よりさらに盛り上がることは必至でしょう。

久しぶりに良い生演奏を聴かせてもらって大満足。ただ、このバンドは歌詞の意味が
分からないと、その価値は何分の一も分からないのだろうな、とも。
Posted by alt at 23:03 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2004年11月05日

 554. 注目されるT-pop

たまには日本のネタでも。
今年のT-pop旋風はテレビや雑誌・新聞のみならず、ネットの世界を
情報が駆け巡っています。

ただし話題となるのは、もっぱらPalmyとTata young、それに加えて
その他のアーティストという扱いですので、China Dollsファンとしては
ちと物足りないものがあります(笑)

まー、それはそれとして。T-popがチマタの話題に上がることは
勝手にT-pop応援団としてはウレシイことには変わりありません。
ネットサーフィンの途中でT-popの話題を発見すると、思わず文章を
読みふけったりして。

たとえば、このサイト。ここは「女子十二楽坊」のファンサイトですが、
キッチリT-popの動向を押さえていますし、もちろんChina Dollsにも言及。

↓入り口はココ
「女子十二楽坊資料館」
http://www.twelve-girls-band.info/

↓ブログの該当記事はココ。
タイ・ポップスに注目!
http://weblog.twelve-girls-band.info/2004/09/26thailand-pops.html

2ヶ月前のものですが、Palmyのファンサイトができたことなど、
内容もup to dateなものに更新されています。
ウチへのリンクも張ってくれていますね。ありがとうございます

サイトオーナーの名前に見覚えがあると思ったら、海外の「女子十二楽坊」
サイトによく来ているヒトでした。なるほど世界は狭い
2004年11月05日 16時30分
Posted by alt at 16:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月21日

 535. 国内にT-popサイトが続々登場

ネット上には、数多くのT-pop関連サイトが存在します。しかしそのサイトの大多数は、ファンが運営する非公式なものでした。
ところが今年に入ってからというもの、状況は一変。

この春、ユニバーサルがT-popに参入してからというもの、T-popアーティストの公式サイト、公認サイト、さらには非公式ながらレーベルのバックアップを得ているサイトが次々と開設されるようになりました。

ちょうどPalmyのファンサイトが設立されたこともあり、良い機会ですので、国内のサイトの一覧をまとめてみましょう。
サイト名 アーティスト名 備考
We Love Palmy.net
http://www.welovepalmy.net/index.htm
Palmy 非公式
GMM Grammyの協力あり
Welcome To T-POP World!
http://www.universalmusicworld.jp/t-pop/
V.A. 公式
ユニバーサルミュージック
T-POP STYLE
http://www.t-pop.jp/
V.A. GMM Grammy公認
GMM GRAMMY SHOP
http://www.sonymusicshop.jp/thai/index.html
V.A. 公式
Sony Music Shop
Tata Youngオフィシャル・サイト
http://www.platia-ent.co.jp/artists/tata/index.html
Tata Young 公式
プラティア・エンタテインメント

こうして見ると、やはりGrammyが強いですね。
というか、Tata YoungのサイトができるまではGrammyの独壇場でした。

今回はちょっとChina Dollsネタとは離れました。しかし、国内におけるT-popの動向はChina Dollsの今後の行く末に関わってきますので、あながち無関係とは言えません。
2004年09月21日 15時30分
Posted by alt at 15:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月11日

 527. カラオケ本とインタビュー

営業を再開したクルクルクルンテープにChina Dollsのインタビュー記事が掲載されています。

元々フリー情報誌の「MOVE」という雑誌に掲載された記事のようです。
なかなか日本語でのインタビューは読む機会がありませんので、必見かと。
http://www.kru2krungthep.com/china.htm

また、T-popのカラオケ本がリリースされました。
こちらにもChina Dollsのインタビューが掲載されています。


さらにOh Oh Ohの日本語歌詞(訳詩ではなくオリジナル?)も掲載されて
いるなど、China Dollsの扱いがとても良いのが特徴です。

このカラオケ本は

で購入できます。
2004年09月11日 06時30分
Posted by alt at 06:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年09月06日

 522. MarshaのコンサートにHwaHwa

Thai Popper's Paradiseより。
9月4日に行われた、MarshaのコンサートにHwaHwaほか、Grammyの歌手の姿が。

↓詳細とオリジナル写真はコチラで。
http://www.thaipoppers.com/20040904marsha/index.htm

HwaHwaが写っている写真をピックアップ。
(左上)コンサート会場の最前列でノリノリのGrammyアーティストたち。こうなると、もはや一般客と区別がつきません。
(右上)こちらはややスター然とした写り方。でも、みな口が半開きなのは、歌っているから? HwaHwaはサングラスをかけてない写真の方が写りがいいですね。
(左)Ya Ya Yingと2ショット。
Copyright © 2004 Thai Popper's Paradise

HwaHwaは髪を黒っぽい色に染め直し、スタイルもストレートに変えてますね。
2004年09月06日 11時00分
Posted by alt at 11:00 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年09月03日

 520. gmmstarのプロファイル

さばさんのサイトをパク……もとい参考にしてデザインしたと、もっぱらの評判のgmmstarに、China Dollsの比較的新しめの写真が掲載されています。
とはいえ既存のFlashから抜き出した写真と、Cover GirlとB/Wの広報写真ですケド。

Copyright © 2004 GMM GRAMMY PLC.

HwaHwa
http://www.gmmstar.com/html/star/personal.asp?stars_id=EC01001&pic=1
Bell
http://www.gmmstar.com/html/star/personal.asp?stars_id=EC01002&pic=1

また、「commercials」にT191のポスターが。
Copyright © 2004 GMM GRAMMY PLC.

さらには「song album」に、これまでのアルバム履歴が。
でも、なぜこんなに不完全なのでしょう? ……なるほど、GMM名で出した中国語版だけ掲載しているんですね。
8866グループからリリースしたCDは載せない方針か?

それにしても、このサイトって、ホントに日本語ページができるんでしょうか?
クリックしたら、さばさんちに飛んだりして(笑)
2004年09月03日 08時30分
Posted by alt at 08:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月23日

 496. アンチエイズキャンペーン

GMM Grammyの歌手がエイズ防止キャンペーンArt Wall “Caring for HIV / AIDS”を行い、China Dollsもその舞台に立ちました。他にもYa Ya Ying、Ninaなどの名前もあります。

↓詳しくはコチラ
http://www.eotoday.com/cgi/news_music/show.php?id=4750

Copyright © 2004 GMM Grammy Public Company Limited.

この記事の中でChina Dollsは、"Bell+HwaHwa China Dolls"と表記されています。従来、eotodayの記事では「二人の中国娘 China Dolls」というキャッチが多用されていましたが、より大人っぽい表現になっていますね。
2004年07月23日 1時30分
Posted by alt at 01:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月08日

 487. GMMの底力

毎度ながらChinaDollsClubからのネタです。
伝聞ですので真偽のほども不明ですが、ちょっと面白いので取り上げちゃいます。

今年、GMMのオーナーは100人の歌手をデビューさせると宣言したそうな。
それがどういう意味なのか、はたまたどういうアイデアがあるのかわかりませんがちょっと楽しみ。
間違っても粗製濫造だけはご勘弁。

また、経営難がささやかれる台湾のGMM8866。この会社についても、もう一度テコ入れすると宣言したそうな。
こっちは多いに期待。中國娃娃の新譜をよろしく
2004年07月08日 20時30分
Posted by alt at 20:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年06月18日

 472. Encoreレーベルのアーティスト

さばさんからのメールで思いついたネタ。

ご存知のとおり、China Dollsの所属レーベルはEncore、タイ最大の音楽企業GMM Grammyの一部門です。

Encoreの名はChina Dollsファンの間で有名でも、Encoreのアーティストについてはどうでしょうか?

例えばChina Dollsの師ともいえるJ Jetatinや、中国系のDragon 5、Ratree 2002で共演したJennifer、Ya Ya Ying、それにCover GirlsのAnnitaは有名どころ。

でも、その他にもこんなにいたんです。知らなかった……

Name

Music
Label
 Annita  Pop  Encore
 China Dolls  Pop Dance  Encore
 Dragon 5  Pop Dance  Encore
 J : Jetarin  Pop Rap  Encore
 Jennifer  Pop  Encore
 Kai  Pop  Encore
 Nisitar  Pop  Encore
 Sompol  Pop  Encore
 Taka  Pop  Encore
 U H T  Pop  Encore
 Veerawan  Pop Dance  Encore
 Ya Ya Ying  Pop Dance  Encore
参考:
http://thaipoppers.com/database/index.shtml
http://www.gmmstar.com/html/star/artist.asp

この顔ぶれを見ると、Encoreの稼ぎ頭はやはりChina Dollsと言えそう。

補足トリビア その1
Encore(アンコール)をタイ語では อังกอร์ とつづり、アンコーと発音します。
実際encoreを英語読みするならアンコーの方が近いやね。フランス語ではどうなんでしょ?

補足トリビア その2
GMM Grammyは จีเอ็มเอ็มแกรมมี่ で、ジーエムエムグランミー。

補足トリビア その3
上の表内にあるリンク先のフォーマットがソックリなのは、GMMがThai Popper's Paradiseのページをパクっ……もとい参考にして作ったためらしい(笑)
2004年06月18日 13時30分
Posted by alt at 13:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月11日

 465. ランキングあれこれ 4

まだまだあるランキング。

昨日、eotodayにも新たなランキングが登場しました。
しかし「あなたの忍ぶ恋に一番近いタイプはどの歌?」という設問であって、これはいわゆる人気投票ではありません(笑)。
http://www.eotoday.com/music/index.html
まー、気に入ったら投票してみてもいいかも。

一方いわゆる人気投票を、国内のショップが、タイや港台のショップより熱心に(?)実施していることをご存知でしょうか?

No.456で紹介したファイブスターミュージックさんもそうですし、タイCDショップの大御所サワディーミュージックさんでも歌手の人気投票を行っています。
http://www.sawadee-shop.com/music/vote/index.html
おー、China Dollsが1位じゃないですか!

もう一回ファイブスターのURLを書いておこう。
早くも1000点突破してますねー。年始から知っていれば上位に食い込めたかもしれません。
http://www.5star-music.com/cgi-bin/group/enq.cgi

こちらの投票は今月末まです。
1日3票まで投票できますので、みなさんどうぞよろしくお願いします。
2004年06月11日 13時30分
Posted by alt at 13:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年06月07日

 461. ランキングあれこれ 2

時期遅れにならないうちに、ランキングネタを365jukeboxから。

週間ランキングは、こんな状況です。
http://365jukebox.com/script/topweek1.shtml

  TW LW Peak WC
เขาไม่รัก
Kow mai ruk
24
19
8
11
ผู้หญิงคนนั้น...ที่ฉันไม่เคยได้เป็น
Puuying kon nan...(略)
38
80
38
2
TW: This Week, LW: Last Week, WC: Week on Chart

「kow mai ruk」はこんなもんでしょう、後追いの「Puuying(略)」の急成長ぶりに期待。

一方、月間ランキングでは、
http://365jukebox.com/script/topmonth1.shtml

  TM WC
เขาไม่รัก
Kow mai ruk
16
11
TM: This Month, WC: Week on Chart

引き続き365jukeboxで投票をお願いします。
投票といっても、試聴すればランダムな確率で点数が入るみたい。
やはりsmsから投票するのが確実のようですねぇ……。
2004年06月07日 09時00分
Posted by alt at 09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月05日

 459. Remix大攻勢

リミックスついでに、China Dollsの曲が収められたその他のアルバムをご紹介します。

まずは、昨年11月に発売されたGRAMMY no.1 Dance Hits。
http://www.thailandcd.com/detail.asp?txt_id=AUD0404

ここにはCover Girlsの「Dae kon kon nun」が収録されていて、リミックスは、おお、あのPornstar氏ではないですか。

また、Get FitシリーズとしてエアロビBGMアレンジのヒット曲集が5月30日に発売されています。
Thanks Vicky

試聴してみた感じでは、これでもかというぐらいにユーロサウンドてんこ盛りのノリノリリミックス集です。
近頃のGrammyはただのベスト集としてリリースするのではなく、ひとひねりしてきますね。

Get Fit Beginner
http://www.thailandcd.com/detail.asp?txt_id=aud0696

には、Ratree 2002として「Ginie ja Remix」とCheerとして「Boom Remix」が。

Get Fit Advance
http://www.thailandcd.com/detail.asp?txt_id=aud0698

には「Oh Oh Oh」が収録されています。

Get Fitシリーズで夏に向けてシェイプアップするも良し、椅子に座ってリミックスアレンジだけを楽しむも良し
2004年06月05日 22時00分
Posted by alt at 22:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月04日

 458. Caribbean Hot Dance試視聴可

ThailandCDで、「Caribbean Hot Dance」VCDの試視聴ができます。
http://www.thailandcd.com/detail.asp?txt_id=OKE0633

いずれも30秒弱と短いものですが、それぞれのMVが持つおおまかな雰囲気をつかめるハズです。

話は変わって「Caribbean Hot Dance」CDのコンテンツについて。
以下はCDに収録された曲目リストですが、まずはStyleに注目。
No. Song Name Artist Remixed by Style
01 เขาไม่รัก
Kow mai ruk
China dolls Pornstar Bossa Mix
02 เธอคิดเหมือนฉันหรือเปล่า
Ther kid muen chun rue plow
เต็น ธีรภัค มณีโชค
Ten Teerapak Maneechoke
DJ Monster etc. R&B Mix
03 คนเจียมตัว
Kon jiem tua
So Cool DJ H2O Kool Mix
04 อย่าทำให้ฉันรักเธอ
Yah tum hai chun ruk ther
บัวชมพู ฟอร์ด
Bua Champoo Ford
DJ R.E.M Klub Mix
05 เรื่องมหัศจรรย์
Rueng mahassajun
Sofa DJ Freestyle Miracle Mix
06 จำฉันได้หรือเปล่า
Jum chun dai rue plow
Chocolate Kit DJ Voice Chocolate Mix
07 วัยรุ่นเซ็ง
Wai roon seng
Big 3 Pornstar Jump Mix
08 คนน่ารัก
Khon narukl
I-Zax DJ Freestyle Cute Mix
09 จากคนเลวที่รักเธอ
Jark kon lew tee ruk ther
Taxi DJ H2O Rock Mix
10 ถ้าเธอพร้อม ฉันก็พร้อม
Tah ter plom chun kor plom
โบ สุนิตา
Beau Sunita
DJ Monster Happy Mix
11 จนกว่าฟ้าจะมีเวลา
Jon kwa fah ja mee wela
Peacemaker DJ Voice Lozo Mix
12 ลืมตาในน้ำ
Luem ta nai nam
Potato DJ Mike Rock Mix
13 Non Stop Caribbean Mix V.A. DJ Mike Caribbean Mix

アルバムのタイトルはCaribbeanですが、China DollsのBossaとラストのNon stop Remix以外はラテンとは何ら関係ないMixになっています。
しかもNon stop Remixを聴いてみて絶句、これの一体どのヘンがCaribbeanなんでしょうか?(笑)

ラテンを期待していると冒頭のChina Dollsを除いてズッコケます。でもまぁ、リミックスアルバムとしての出来は良い方ですね。

次に注目していただきたいのは、Kow mai rukのremixerの名前。
な~んとPornstarですぜ、ポルノスター!

どうしちゃったんでしょうか、この名前は。
もしかしたらアレかな……何かの罰ゲームで付けられたとか?
こんな恥ずかしい名前を目にしたのはDANCE☆MAN以来。

名前はともかく、このヒトはセンスがいいです。このアルバムの中でKow mai rukの次に惹かれたWai roon sengも彼(だよね?)の手によるもの。

他のリミックスアルバムに収録された彼(だよね(泣))の作品も、なかなかの仕上がりですし、ちと全作聴いてみようかなーと(笑)。

それ以外のDJなんたらは「まーそんなもんだよねー」程度の出来でした。

そもそも自分の名前にDJとつけるヤツのセンスは、どうしたことかたいてい「そんなもんだよね」レベルなんです。
名前からして没個性なんでしょうね。

少なくとも私が世界にゴマンといる「DJなんたら」の中で、コイツはスゴイと思ったのはDJ BoBoだけです。

このヒトはスゴイですよ。DJとしてもアレンジャーとしてもパフォーマーとしても最高。
関東人の私にはよく分かりませんが、某方言では名前もスゴイことになるらしい。

スイス人のようですが、顔がJoey Boyにちと似てる(笑)
↓ココがオフィシャルサイト(ドイツ語&英語)
http://www.djbobo.ch/
2004年06月04日 23時00分
Posted by alt at 23:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年06月03日

 457. Caribbean Hot Dance

うへ、嬉しくも手間のかかるネタが到着しました。
「Caribbean Hot Dance」のCDとVCDです。

CDの方は試聴できるとおりですのでパスして、VCDをご紹介。

「Caribbean Hot Dance」のVCDはいわゆるKaraoke VCDではありません。これまでもリミックスものがそうであったように、ステレオの音声にオリジナルMVを切り貼りして再編集したものとなっています。
ジャマな字幕がありませんので、ファンにはかえってありがたいかも。

VCDに収録されたKow mai ruk Remixのムービーは次のような内容です。

いきなり謎のカリビアンダンサーズが登場、音楽に合わせて踊りだします。
ああ、また「スカ」を引いてしまったかと思いきや!

なんと、オリジナルMVではカットされていたシーンが盛りだくさん(嬉)。
しかも複数台のカメラで録画された、ダイナミックなダンスのシークエンスが堪能できるじゃないですか。

ちなみに、このリミックスのBPMは90。オリジナルの85より約6%速くなっています。その速度に合わせるため、ムービーを一部コマ落とししてうまく調整してあります。しかしそのために、ときおり忍者のような俊敏な動きを見せるChina Dollsはクールです(笑)。
China Dollsの見せ場は全て入っています。 もちろんあの不評だった女性のシーンはカット、カット、全カット(喜)。
その代わり、カリビアンダンサーズがジャマをします(笑)。
←左は色調調整してみた図。黄ばんだ映像より、コッチの方がよくないですか?
最後の方に一瞬写る、このHwaHwaの所作はゾクッとするほど妖艶。
やはり字幕なしのMVは良いです。シメもChina Dollsのスタンディングポーズで決まり。
Copyright © 2004 GMM Grammy

他の歌手の作品の大半は、アヤしげなダンサーズに占拠されていてファンが見たらガッカリするかも。出来の良いMVはChina Dollsのほか3,4作でした。

ともあれ「Caribbean Hot Dance」は、China DollsファンにはVCDだけでもかなり楽しめます。余裕のあるヒトはより音質の良いCDも併せて買うとよろしいかと。
Caribbean Hot Danceネタはもう1回やるかも
2004年06月03日 19時30分
Posted by alt at 19:30 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年05月29日

 454. Kow mai ruk Remix

大馬的歌迷Vicky提供的 Vicky-san, arigato. xiexie ni

25日に発売されたリミックスアルバム「Danze Planet - Grammy Caribbean Hot Dance」に、China Dollsの「kow mai ruk」Remixが収録されています。

ジャケットはコレ。

同時発売されたVCDにも「Kow mai ruk Remix」が収録されていますが、どのような内容なのか不明です。

一応、前のソースもリンクを外してURLを記載しておきます。
ThailandCDで試聴できます。
http://www.thailandcd.com/movie/aud/aud0675/1.wma
また、eThaiCDでも1分半程度ですが、より高音質で試聴可能。
pnm://www.ethaicd.com/ra/13638-1.rm

eotodayにもありました。これが一番高音質で1曲まるごと試聴可能。
rtsp://real.eotoday.com/audio/album/mixnew/china_song.rm
Copyright © 2004 Grammy, Source:eotoday

聴いていただければお分かりの通り、しょっぱなからラテンリズムが雰囲気を盛り上げつつ、アグレッシブなベースとギターが炸裂。原曲が持つアンニュイなイメージを保ちながらも、よりダンサブルな曲へと変身を遂げています。

これは、よく出来たRemixですねー。あのチープなスクラッチがないだけオリジナルより聴きやすいかも(笑)
2004年05月29日 00時00分
Posted by alt at 00:00 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年05月26日

 451. 「Sabai! Clips」のコンテンツ

21日に発売された「サバーイ!クリップス」について。

下記のとおり、No.439に書いたコンテンツから2曲減って、実際の収録曲は14曲となっています。
いまでも16曲収録と書いてあるショップもありますね。
No. 原曲名 曲名(日本語) アーティスト
1 Yahk-Raung-Dung-Dung 大声で歌いたい Palmy
2 Tun-Pen-Mai-Tuk 知らん顔 Palmy
3 Pee-Surah(Feat. Nartoi Sembe) 虎の兄「タイガーマスクのテーマ」 MAF
4 Tur-Wun-Nee-Mee-Num-Tah その日、あなたの涙 MAF
5 Close up Close up Briohny
6 Yah-Glub-Pai 会いに行かないで Briohny
7 Rain Rain Bua Chompoo
8 Sunshine Day Sunshine Day Bua Chompoo
9 OK Na-Ka OKでしょ? Kat
10 Miow-Miow わたしは猫ちゃん! Kat
11 Glub-Mah 戻ってきてね Nat Myria
12 Gem-Kaung-Poo-Pae 敗者のゲーム Nat Myria
13 Boot-Sa-Bah 私の名前はブッサバー Nicole
14 Oh Oh Oh Oh Oh Oh China Dolls

コンテンツを間違えて流すなんて、基本的な間違いをしちゃーダメでしょ。
まるでタイの会社みたいじゃないですか。広報から流通の経路のどこかに、タイに感化されたヒトがいるに違いない

さて。
肝心の中身ですが、No.439で「たぶんVCDからの伸張だろうけど」と書いてしまったことを激しく後悔しております。

このDVDに収録されたMVは、ソースから新規に起こしなおしたムービーでした。
VCDではノイズだらけだった、Oh Oh OhのMVが
これほどキレイな映像だったとは……(ため息)
いったい誰が想像しえたでしょうや? ありがとうユニバーサル(T_T)
画像はDVDを買って見てください。絶対後悔しないって

ここまで画質が向上するのなら、これまでのMVを全部DVD化していただきたいところ。

また「サバーイ!クリップス」はベスト盤だけに、China Dolls以外のMVも秀作揃い。
Nicoleの名作「ブッサバー」はもちろん、Katの「OK naka」や迷作「ブ|アションプ|」が高画質で見られることも特筆すべきポイントです。
2004年05月26日 11時00分
Posted by alt at 11:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年05月18日

 444. 365JUKEBOXで投票を

ChinaDollsClubでのBellの書き込みから。

「今年のMTV ASIA AWARDでChina Dollsを見たいヒトは投票してね」ということですが、いったいどこに投票すればいいんだろ?

↓365JUKEBOXはココ
http://www.365jukebox.com/

もちろん2004年のMTV ASIA AWARDは終了していますから、2005年つまり今年度のMTV ASIA AWARDにノミネートされる条件として、ランキングの上位に位置することが必要なんでしょうか……。

ともあれ、票を入れられそうなのが「Active Weekly Chart」と「Active Album Chart」 で、China Dollsの曲をクリックすると、別ウインドウが開いて、「おめでとう1ポイント追加されました」と英語で表示されます。

曲名はタイ語ですが、グループ名がChina Dollsと英語表記なので、すぐに分かると思います。投票よろしくお願いしますねー。

アレコレ試してみましたが、ポイントは1点しか入らないようです

ついでにeotodayの投票もご紹介。こちらも動作していますので、投票をゼヒ。
http://www.eotoday.com/cgi/newrelease_music/show.php?id=182
2004年05月18日 09時00分
Posted by alt at 09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]